第二新卒の転職で失敗する5つの理由と成功する7つのコツを徹底解説!

「今の会社を2年目で辞めたいけど、第二新卒での転職は失敗しやすいの?」と悩んでいませんか?

「入社したら3年は頑張るべき」という考えもありますが、合わない会社で無理して働き続けるよりも「第二新卒」として転職して新たな会社で働くのもいい選択です。

 

この記事では、第二新卒の転職で失敗する理由や失敗しないコツをご紹介していきます。

 

第二新卒の転職状況やメリットとデメリット、第二新卒で失敗しない転職理由も説明しますので、第二新卒での転職を考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

 

第二新卒の転職を成功させたい方へ

※ なお、「できるだけ年収をあげたい」「第二新卒の転職で失敗したくない」なら、ハイクラス求人 ビズリーチ【最速転職】第二新卒エージェントneo や憧れの戦略コンサルキャリアへ転職したい方はSTRATEGY:BOOTCAMPなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチ年収600万円以上の案件のみを扱っています。

 

2【最速転職】第二新卒エージェントneoなら優秀なエージェントが最速で第二新卒の転職を成功させます。

 

3STRATEGY:BOOTCAMPなら戦略コンサルティングファームへの転職が可能です!

スポンサードサーチ

目次

第二新卒の転職で失敗する5つの理由

第二新卒の転職で失敗する5つの理由

第二新卒は「若い」、「社風になじみやすい」という理由から多くの企業が積極的に採用しています。

求人数も多いので「第二新卒は転職しやすい」傾向にありますが、失敗することもあるのです。

 

では、第二新卒の転職は、どのような理由で失敗してしまうのでしょうか?

失敗する7つの理由をご紹介するので、転職前に自分が当てはまってしないかチェックしてみましょう。

第二新卒の転職で失敗する理由①志望理由があいまい

転職活動をするときには履歴書に志望動機を記入する必要があり、面接でも必ずと言っていいほど志望動機を聞かれます。

 

これは新卒での就職活動や第二新卒以外の転職でも同じですが、 志望動機があいまいな場合は転職で失敗する可能性があります。 

 

志望動機が適当だと「働く意欲が見られない」、「やりたいことがないのではないか」と思われてしまえば、売り手市場の第二新卒であっても転職は難しいでしょう。

 

企業は仕事への意欲がある人や企業が求める人材を把握できている人を採用したいと思うものです。

 自分のアピールポイントは何なのか、企業が求める人材と一致しているのかを確認して選考書類を作成し、面接に挑みましょう。 

第二新卒の転職で失敗する理由②急いで転職して後悔する

「早く会社を辞めたい」という気持ちが高まると「急いで転職したい」と思うものですが、焦って転職すると転職後に後悔することもあります。

 

体調が非常に悪くて会社に行くのがつらい、精神的につらくて会社に行くことが難しいという場合であれば、早めに会社を辞めて転職先を探すのがおすすめです。

 

ですが、心身の不調などの原因がないのであれば、 じっくりと求人をチェックして転職先で自分がやりたいことができるのか、自分が希望する条件で働けるのかを見極めて転職しましょう。 

 

転職するときには、今より良い条件、良い環境の会社に転職するのが理想です。

急いで転職先を決めてしまうと転職後に「思っていた会社と違う」となり、再度転職するということにもなりかねません。

 

転職自体は悪いことではないですし、業界によってはスキルアップのためにどんどん転職するということもあります。

 

ですが、一般的には転職回数が多いほど「問題があるのではないか」、「採用してもまたすぐやめてしまうのではないか」と思われ転職しにくくなります。

 

転職するときには急がす、納得できる求人を探して希望通りの転職ができるようにしましょう。

第二新卒の転職で失敗する理由③退職してから転職活動をする

「会社に行きたくないから転職する前に辞める」という考えはとても危険です。

 転職する前に退職してしまうと収入がなくなり、余裕を持って転職活動ができなくなってしまいます。 

 

いつ内定が出るか分からない中、無収入で貯金を切り崩す生活では、焦って希望通りでない企業に転職してしまうかもしれません。

仕事を続けながらの転職活動であれば、お金と気持ちの余裕を持つことができます。

 

必ず転職先の内定が出てから退職するようにしましょう。

第二新卒の転職で失敗する理由④不相応の企業ばかり応募する

「大手の企業がいい」、「知名度が高い企業がいい」とこだわって転職活動をすると失敗する可能性が高くなります。

 「有名な企業がいい」ということよりも「自分のやりたいことができる企業がいい」ということを考えるようにしましょう。 

 

一度新卒で就職したことで「こういった仕事がしたい」、「こんな風に仕事がしたい」ということが見えてきたはずです。

企業名にこだわりすぎず、自分のやりたいことが実現できるような企業を探すと転職した後に後悔しにくくなります。

第二新卒の転職で失敗する理由⑤辞めたい気持ちだけで転職する

「会社を早く辞めたい」、「もう会社に行きたくない」という思いだけで転職をすると転職活動をスムーズに進めることができません。

 

「どんな仕事ができれば満足なのか」、「どんな待遇で働ければいいのか」ということが分かっていないと転職先を探す基準が分からず途方に暮れてしまいます。

 

 「自分はどうして辞めたいと思っているのか」ということを掘り下げ、「もっと休みが多い会社で働きたい」、「他の業界・業種で働きたい」、「やりたい仕事が見つかった」など具体的な理由を見つけましょう。 

 

辞めたい理由が具体的であるほど、希望条件に合った求人を見つけて転職することができます。

転職したい理由があいまいなまま転職活動をして、「今の会社を辞めたいから、とりあえず転職する」ということでは、転職を繰り返してしまうかもしれません。

 

転職回数が多くなると「我慢ができない人」、「何か問題を抱えている人」という印象になり、どんどん転職が難しくなっていきます。

転職を成功させ転職回数を増やさないためにも、しっかりと転職先に求める希望条件を考えましょう。

第二新卒の転職で失敗しない7つのコツ

第二新卒の転職で失敗しない7つのコツ

せっかく転職するからには、「今よりいい条件の企業に転職したい」、「転職してやりたい仕事がしたい」と思いますよね。

では、第二新卒の転職で失敗しないためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

こちらでは、第二新卒の転職で失敗しない7つのコツをご紹介します。

第二新卒についてはこちらの記事もあわせてご覧ください。

第二新卒でも大手へ転職可能!転職方法と注意点

第二新卒と呼ばれるのはいつまで?入社の難易度や注意点は?

第二新卒の就活は厳しいのか?理由やメリット・成功への道を解説

第二新卒の転職で失敗しないコツ①自己分析と企業研究をする

新卒で一度就職した第二新卒は、働く中で「自分にはどんな仕事が向いていそうか」、「どんな仕事をやりたいか」、「どんな仕事が向いていないか」が何となく分かったはずです。

 

その「何となくわかった」やりたい仕事や向き不向きをじっくりと自己分析しましょう。

 しっかりと自己分析できていないと、自分の希望とは違う企業に転職してしまい、「こんなはずではなかった」と思ってしまう可能性が高くなります。 

 

応募する企業でも、しっかりと自分の強みをアピールできないと採用してもらうこともできないため、求人を探す前にまずは自己分析をしっかりと行ってくださいね。

第二新卒の転職で失敗しないコツ②退職理由をポジティブに伝える

第二新卒に限らず、転職をするときには面接で必ず退職理由を聞かれます。

退職理由を聞かれた時には、「人間関係がうまくいかなかった」、「給料が低かった」、「仕事内容が嫌だった」などネガティブに感じる理由は伝えないようにしましょう。

 

ネガティブな退職理由を伝えてしまうと、採用しても「他の社員とうまくやっていけないのではないか」、「嫌いな業務はやらないのではないか」と思われて良い印象を持ってもらえません。

 

 退職理由は本当のことを伝えるのではなく、できるだけポジティブに伝えるようにしましょう。 

第二新卒の転職で失敗しないコツ③内定が出てから退職する

転職活動を始めたからといってすぐに内定が出るとは限りません。

内定が出ていないのに退職してしまうと給料がもらえず金銭面で余裕がなくなり、慌てて転職先を決めて失敗してしまうことになります。

 

 焦って決めた転職先だと、「やめる前より待遇が悪い」、「転職したらブラック企業だった」となる可能性もあります。 

よりよい企業で働くために転職するはずが、転職前よりも働きにくかったり、やりたい仕事ができていない状態では本末転倒です。

第二新卒の転職で失敗しないコツ④業界・企業研究をしっかりする

転職を考えている業界や企業研究をせずに「この業界・企業はこんな仕事内容だろう」という想像だけで転職してしまうと転職後に後悔してしまうかもしれません。

 

 転職後に「思っていた仕事内容と違った」、「やりたい仕事ができない」とならないためにも、業界・企業研究はとても大事です。 

 

特に未経験の業界や業種への転職を考える人は、本当に自分に向いている業界・業種なのか、転職を考えている業界・業種はどんな仕事内容なのかをしっかり研究しましょう。

 

社会人経験が少なく柔軟性のある第二新卒は未経験の業界・業種へ転職しやすいのですが、未経験だからこそ転職で失敗しないために業界・業種研究は徹底しましょう。

第二新卒の転職で失敗しないコツ⑤他人のせいにしない

「上司が仕事を教えてくれないから成長できない」など普段からうまくいかないことを他人のせいにする人は、転職してもうまくいかずに辞めたくなる可能性があります

 就職した会社を最終的に選んだのは自分です。 

 

今いる会社で自分ができることをできる限り頑張って、それでもだめなら転職を考えるのはいいでしょう。

ですが、自分は何も頑張らずに上司や同僚、会社のせいにしているばかりでは成長もなく、転職しても同じように不満ばかりになってしまいます。

第二新卒の転職で失敗しないコツ⑥希望条件をはっきりさせる

「土日は休みがいい」、「残業が少ない会社がいい」、「年収は上がらなくてもいいからプライベートが充実できる会社がいい」など転職先に求める条件は人それぞれです。

 

希望条件は人と比べるものではないので、自分がどうしても譲れない条件、妥協できる条件をはっきり決めておきましょう。

年収が高い求人を見るとついつい気になってしまうものですが、年収が高い仕事はハードワークである傾向にあります。

 

「ハードワークでも年収が高い方がいいのか」、「年収よりもプライベートの時間が取れるほうがいいのか」をはっきりしておかないと、仕事探しの基準がぶれて本当の希望とは違う求人に応募してしまうで注意しましょう。

 

また、決まった業界・業種の求人ばかりをチェックしていると、自分の希望条件に合う仕事はなかなか見つからない可能性があります。

 転職先を探すときには、様々な業界・業種の求人をチェックすると希望条件に合った求人を見つけられますよ。 

第二新卒の転職で失敗しないコツ⑦転職エージェント利用する

「内定が出てから退職する」ことが重要なため、転職活動は仕事を続けながらになります。

仕事を続けながら自己分析、企業研究、求人探し、選考書類作成、面接日の調整などをするのは大変です。

 

そのため、転職活動をサポートしてくれる転職エージェントを利用するのがおすすめです。

 転職エージェントでは担当のアドバイザーが仕事の悩みを相談でき、希望条件にぴったりの求人を紹介や書類添削、面接対策を行ってくれます。 

 

面接日調整もやってもらえるので仕事で忙しい毎日でもスムーズに転職活動を進めることができます。

転職エージェントは無料で利用できるところがほとんどです。

 

第二新卒専門の転職エージェントもあるので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してサービスを利用し、最終的に使いやすい2社から3社に絞って転職活動をしましょう

 

【転職エージェントを利用するメリット】

転職エージェントを利用して転職活動をするメリットをまとめました。

「転職エージェントを利用するか迷っている」という人は参考にしてくださいね。

  • 担当アドバイザーに仕事の悩みを相談できる
  • 自分の希望条件に合った求人を紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書を添削してもらえる
  • 面接対策がある
  • 面接日を調整してもらえる
  • 入社日の調整をしてくれる

スポンサードサーチ

【転職で失敗しない】第二新卒の現状

【転職で失敗しない】第二新卒の現状

第二新卒として転職すると決めたのはいいけれど、「第二新卒の求人は多いの?」、「第二新卒は転職しやすいの?」、「企業は第二新卒に対してどう思っているの?」と悩んでしまいますよね。

 

こちらでは、企業が第二新卒を採用する理由と企業が考える第二新卒の価値、第二新卒の転職状況などをご説明します。

第二新卒の転職状況について知りたい人は、しっかり確認してくださいね。

【転職で失敗しない】第二新卒はいつまでか

第二新卒とは社会人経験が1年から3年の若い人材です。

27歳くらいまでの人も第二新卒の選考対象となりますが、基本的には25歳くらいまでの人が対象です。

年齢が上がるほどスキルや経験が重視されるのが特徴です。

【転職で失敗しない】企業が第二新卒を採用する理由

企業が第二新卒を採用する理由には次の3つがあります。

  1. 人材補充
  2. 社内の活性化
  3. 意欲の高い第二新卒を採用したい

 

新卒採用で十分な人材を確保できなかった場合は、第二新卒を採用して補充する傾向があります。

中途採用で第二新卒を採用することで社内に刺激を与えるという取り組みをしている企業もあり、 新卒採用中心だった企業が「社風とは異なるタイプをあえて採用する」という動きも活発です。 

 

また、「一度就職をしてやりたいことを見直した結果、第二新卒として転職を考えている」ととらえ、新卒よりも仕事に対する意欲が高いので採用したいと考える企業も多いのです。

【転職で失敗しない】企業が考える第二新卒の価値

第二新卒の需要が高いのが現状ですが、企業が第二新卒に感じている価値はどのようなものでしょうか。

 

下記に企業が感じる第二新卒の価値をまとめました。

  • 若いこと
  • 柔軟性があること
  • 社風になじめそうである
  • ポテンシャルがある

 

第二新卒は25歳くらいまでの若い人材のため、柔軟性があり、成長の可能性があるということが評価されます。

そのため、スキルや経験はあまり重視されません。

 「働く意欲がある」、「新しいことを学びたい」という姿勢をアピールすれば第二新卒の転職は成功しやすくなります。 

【転職で失敗しない】第二新卒の転職状況

新卒で就職してから3年以内に会社を辞める人が多いため、求人サイトでは「第二新卒歓迎」の求人がとても多く第二新卒向けの求人は豊富です。

 

また、高齢化が進み若者の人口が減る中、早めに若い人材を確保しておこうと考える企業も多いため、第二新卒の需要は高くなっています。

 

もちろん第二新卒よりも柔軟性があり教育がしやすい新卒を採用する企業も多いですが、第二新卒も新卒と同じように積極的に採用を考える企業が増えています。

 

 第二新卒はその若さと柔軟性の高さから未経験の業界・業種に転職しやすいのも特徴です。 

一部未経験を受け付けていない業界以外は、未経験であっても伸びしろがあり、新しいことを吸収できる第二新卒を積極的に採用しています。

 

第二新卒期間を超え、30歳を超えると経験業界でも求められるスキルや実績が高くなり、未経験の業界・業種への転職は難しくなります。

もし未経験の業界・業種への転職を考えているのであれば、第二新卒期間中がおすすめです。

【転職で失敗しない】第二新卒の面接でチェックされること

第二新卒の面接でチェックされるのは次の3つです。

  1. 基本的なビジネスマナー
  2. 退職理由
  3. 意欲があるかどうか

 

新卒の面接とは異なり、社会人経験のある第二新卒の面接では基本的なビジネスマナーがあるかがチェックされます。

第二新卒を積極採用している企業が多いといっても、基本的なビジネスマナーがないのでは「新卒を採用したほうがいい」と思われてしまいます。

社会人として基本的な言葉遣いをし、清潔感のある身だしなみに整えて面接に挑みましょう。

 

面接では、退職理由が必ず聞かれます。

実際にはネガティブな理由で退職したとしても、面接ではポジティブな退職理由を伝えるように気をつけましょう。

ネガティブな退職理由を伝えると面接官の印象が悪くなり、「一緒に働きたい」と思ってもらえません。

 

どんな理由であれ新卒で就職した会社を辞めるという事実があるので、企業側は「採用してもすぐやめてしまうのではないか」と思ってしまうものです。

 

 面接では「どのような仕事をしていきたいか」を説明し、仕事への熱意が伝わるようにしましょう。 

【転職で失敗しない】第二新卒の5つのメリット

【転職で失敗しない】第二新卒の5つのメリット

多くの企業が「第二新卒歓迎」としている理由には第二新卒特有のメリットが関係しています。

第二新卒は若いだけでなく、社会経験が少ないので即戦力とはなりませんが、その若さや社会経験の少なさを企業側はメリットと感じているのです。

 

こちらでは、企業が第二新卒に感じるメリット5つをご紹介します。

第二新卒で転職するメリットは多いので、転職を迷っているのであれば第二新卒期間が終わってしまう前に早めに転職活動を始めるのがおすすめです。

【転職で失敗しない】第二新卒のメリット①社会人としてのマナーが身についている

最低でも1年ほどの社会人経験がある第二新卒は、社会人としてある程度のマナーがあるとみなされます。

 

最低限の社会人マナーが身についていれば、新卒よりも教育の手間がかからず、新卒と変わらない若さがあるため、積極的に採用する会社が多いのです。

【転職で失敗しない】第二新卒のメリット②若く柔軟性がある

「若い」ということは大きなメリットです。

若ければ柔軟性があるだけでなく、長期間働いてくれる貴重な人材となります。

 

 「そのうち転職しようかな」と思っている場合は、新卒入社から5年経過してからよりも第二新卒のうちに転職するほうが求人も多く、自分に合った求人を見つけやすくなりますよ。 

【転職で失敗しない】第二新卒のメリット③社風になじみやすい

新卒で就職して1年から3年しか働いていないと、働いていた企業の社風に染まっていないため、転職しても新たな会社の社風になじみやすいと考える企業が多いです。

 

社会人経験が5年くらいになると働いている会社の社風にしっかり染まり、仕事に対するこだわりも出てくるため「新しい会社のやり方を受け入れられないのではないか」、「教育が大変なのではないか」と思われよほどスキルがない限りは転職が難しくなります。

【転職で失敗しない】第二新卒のメリット④仕事への意欲がある

一度新卒として就職して働いた経験がある第二新卒が転職をするということは、「もっとやりたい仕事がある」、「より良い場所でスキルアップしたいと考えている」ととらえる企業もあります。

 

 このように第二新卒を好意的にとらえている企業は、仕事への意欲が強い第二新卒であれば新卒よりも成長が望める人材なので積極的に採用したいと考えるのです。 

 

そのため、第二新卒の転職の面接ではスキルや実績をアピールするよりも仕事への意欲があることをしっかりとアピールすることが大事です。

【転職で失敗しない】第二新卒のメリット⑤今後長く働いてくれる

企業側も採用すれば教育などのコストがかかるため、長く働いてくれる人材の方がいいと考えています。

そのため、年齢が25歳くらいまでの人材である第二新卒は、新卒と変わらず若いため採用すれば今後長く働いてくれる貴重な人材です。

 

30代以上でスキルや実績がある人材よりも、これから長く働いて成長する可能性がある第二新卒を採用したいと考えている企業であれば第二新卒でも採用されやすいでしょう。

 

求人サイトで「第二新卒歓迎」と記載している企業は、第二新卒にスキルや実績はあまり求めていません。

 「転職したら長く働いて活躍したい」ということや「転職したらこんなことがやりたい」など仕事への意欲を伝えて第二新卒のメリットをアピールしましょう。 

スポンサードサーチ

【転職で失敗しない】第二新卒の3つのデメリット

【転職で失敗しない】第二新卒の3つのデメリット

第二新卒の転職にはメリットが多いですが、もちろんデメリットもあります。

デメリットも確認して、第二新卒の転職で失敗しないようにしましょう。

こちらでは、第二新卒の3つのデメリットをご紹介します。

【転職で失敗しない】第二新卒のデメリット①何か問題があると思われる

第二新卒は就職してから3年以内という短い間に転職するので、企業側からは「何か問題があって転職するのではないか」と思われることもあります。

 

 そのため、第二新卒の面接では「転職して未経験の業界で活躍したい」、「転職することで、夢をかなえることができる」など仕事に意欲が感じられるような転職理由を話すようにしましょう。 

【転職で失敗しない】第二新卒のデメリット②忍耐力がないと判断される

新卒での就職から3年以内に退職するため、忍耐力がないと判断される場合もあります。

 

「採用してもまたすぐに辞めてしまうのではないか」と思う採用担当者も多いため、「長期的に働いて活躍していきたい」、「将来はこんな仕事がしたい」ということをアピールしましょう。

【転職で失敗しない】第二新卒のデメリット③転職前よりも待遇が悪くなることがある

第二新卒で転職する場合、転職先の会社よりも転職前の会社の方が「待遇が良かった」というケースもあります。

 

ただ、給料や休日などの待遇が悪くなったとしても「自分がやりたい仕事ができる」、「給料が下がってもプライベートが充実する」といった希望条件が叶っていれば転職に成功したといえます。

 

 転職するときには、仕事をする上で何を大事にしたいのか(給料なのか、やりがいなのかなど)をはっきりさせれば転職で失敗することはないでしょう。 

第二新卒の転職で失敗しない・失敗する退職理由

第二新卒の転職で失敗しない・失敗する退職理由

退職理由は第二新卒の面接で必ず聞かれます。

この退職理由をしっかり伝えるかどうかで成功するかどうかが決まるといっていいほど重要です。

第二新卒の転職で失敗しないための退職理由と失敗する退職理由を確認しておきましょう。

【第二新卒の転職で失敗しない退職理由】やりたいことが見つかった

 新卒で就職して仕事をしているうちに「他にやりたい仕事が見つかった」という理由であれば退職理由として問題ありません。 

 

学生時代の就職活動中には自分の本当にやりたいことが分からないものですし、実際に仕事をしていく中で興味がある仕事を見つけることが多いものです。

ただ、転職の際に「就職前に本当にやりたいことに気づかなかったのか」と指摘する面接官もいます。

 

その場合には、「就職活動中には気づかなかったが、仕事をするなかで本当にやりたいことが分かり、その仕事をするためには御社が一番だと思った」と話せば仕事への意欲を伝えつつ、ポジティブな退職理由になります。

【第二新卒の転職で失敗する退職理由】退職理由がネガティブ

「給料が低い」、「休みが少ない」、「上司のパワハラがひどい」などネガティブな退職理由を伝えると採用担当者の印象が悪くなり採用が見送られる可能性があります。

 

実際には給料が低いから転職を考えているとしても本当のことは伝えずに、仕事への意欲を感じさせるようなポジティブな退職理由にしましょう。

【第二新卒の転職で失敗する退職理由】人間関係のトラブル理由は要注意

また、人間関係のトラブルを退職理由にしてしまうと、「採用してもコミュニケーションが取れないのではないか」、「人間関係のトラブルを起こすのではないか」と思われてしまいます。

 

人間関係のトラブルを退職理由にする場合は、「現職では社員同士のライバル意識が強いため、もっとチームワークを大事に仕事がしたくて転職する」といった内容を伝えればマイナスの印象にはならないでしょう。

 

 「会社のせいにしない」、「人のせいにしない」理由であれば、印象の良い退職理由になります。 

スポンサードサーチ

第二新卒の転職はコツを抑えれば失敗しない

第二新卒の転職はコツを抑えれば失敗しない

第二新卒は求人数が多く、即戦力とならなくても採用する企業が多いのが現状です。

 

ただ、第二新卒の需要が高くても基本的なビジネスマナーがない場合や転職理由がネガティブな場合、働く意欲が感じられない場合には転職で失敗してしまうこともあるのです。

 

第二新卒の転職で失敗しないために最低限のポイントをまとめたので、転職活動をする前にぜひチェックしてください。

  1. 勢いで転職しない
  2. 転職先に求める希望条件をはっきりさせる
  3. 転職サイトと転職エージェントを併用する
  4. 退職理由はポジティブに伝える
  5. 内定が決まってから退職する

最低でも上記5つを押さえておけば第二新卒の転職で失敗する可能性が低くなります。

 

第二新卒は就職してから3年以内に転職をするため、「短い期間しか働いていないけれど転職できるのかな」、と悩んでしまう人が多いと思います。

 

 今回ご紹介した「第二新卒の転職で成功するコツ」や「第二新卒で失敗しない退職理由」を確認すれば、第二新卒の転職で失敗することはありません。 

 

「転職活動をどう進めればいいか分からない」、「1人で転職活動をするのは不安」という場合には、転職エージェントの利用がおすすめです。

 

転職エージェントなら担当アドバイザーと相談しながら求人を探したり、応募する求人を決めることができます。

転職エージェントは無料で利用できるところがほとんどなので、登録してカウンセリングだけでも受けると「転職活動でどんなことをすればいいか」が見えてきますよ。

 

第二新卒の特有の転職のコツをつかんで、希望通りの転職先を見つけましょう。

第二新卒の転職を成功させたい方へ

※ なお、「できるだけ年収をあげたい」「第二新卒の転職で失敗したくない」なら、ハイクラス求人 ビズリーチ【最速転職】第二新卒エージェントneo や憧れの戦略コンサルキャリアへ転職したい方はSTRATEGY:BOOTCAMPなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチ年収600万円以上の案件のみを扱っています。

 

2【最速転職】第二新卒エージェントneoなら優秀なエージェントが最速で第二新卒の転職を成功させます。

 

3STRATEGY:BOOTCAMPなら戦略コンサルティングファームへの転職が可能です!

0 Shares

このカテゴリーの人気記事

第二新卒でアクセンチュアに転職するには?

第二新卒と呼ばれるのはいつまで?入社の難易度や注意点は?

【本音で語る】ベンチャー転職で、後悔する理由を、元ベンチャー企業人事が徹底解説!

Related Posts