第二新卒の就活は厳しいのか?理由やメリット・成功への道を解説

新卒で入社したものの短期間で離職してしまった場合、第二新卒として改めて就活に挑むことになるでしょう。

第二新卒の就活は厳しいという声もよく耳にしますが、実際はどうなのでしょうか?

今回は、第二新卒の就活が厳しいといわれる理由をはじめ、メリット・成功への道などについて解説していきます。

スポンサードサーチ

第二新卒の就活が厳しいといわれる理由

 

 

第二新卒とは、新卒後に就職したものの、およそ3年以内に離職して再び就職活動をする人を指す言葉です。

新卒として入社後の期間は決して長くなく、経験を活かすにはやや短いと感じられるかもしれません。

ここでは、第二新卒の就活が「厳しい」といわれる理由について3つご紹介します。

最速で転職したい方へ

※ なお、「できるだけ早く内定が欲しい」「第二新卒の就活を成功させたい」なら、

ハイクラス求人 ビズリーチ【最速転職】第二新卒エージェントneo や憧れの戦略コンサルキャリアへ転職したい方はSTRATEGY:BOOTCAMPなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチ年収600万円以上の案件のみを扱っています。

 

2【最速転職】第二新卒エージェントneoなら優秀なエージェントが最速で第二新卒の転職を成功させます。

3STRATEGY:BOOTCAMPなら戦略コンサルティングファームへの転職が可能です!

 

 

第二新卒の就活が厳しい理由①:新卒や中途採用よりも選択肢が少ない

 

「第二新卒」という言葉自体、近年よく耳にするようになった存在でもあります。

これまでの就職市場では、新卒・中途という言葉が一般的でした。

そのため、第二新卒という枠組みで募集している求人がそれほど多くない・うまく見つけられないというのが現状です。

 

結果として、自分が望む第二新卒の求人情報をうまくキャッチできず、選択肢が少ないと感じられてしまうのでしょう。

 

第二新卒の就活が厳しい理由②:前職の離職理由がうまく説明できない

 

第二新卒の場合、新卒で入社したものの、数年で新たな道へキャリア転換するために再度就活に挑むことを決断するわけです。

この場合、第二新卒の就活過程で「なぜ前職を離職したのか」理由を聞かれるのは必至でしょう。

 

第二新卒となるにはそれぞれに事情があるでしょうが、「職場・仕事内容が合わない」「人間関係が合わない」など、ネガティブな原因も少なくありません。

この場合、離職理由をうまく理由を説明することができないことに。

その結果、面接選考で落選してしまうなど、第二新卒の就活は厳しいといわれてしまうのでしょう。

 

第二新卒の就活が厳しい理由③:どうやってアピールしたらいいかわからない

 

特に離職理由が前向きなものでない場合、自分に自信がない・自分が持つ強みがわからないという人も少なくありません。

第二新卒に限らず、就活では書類・面接などさまざまな選考のうえ、内定に至ります

選考の過程で自分をうまくアピールできない・アピールポイントがわからない場合、なかなか内定がもらえず、第二新卒の就活は厳しいといわれることになります。

第二新卒で前職の経験をアピールする場合は以下の記事も参考にしてくださいね!

自信が持てる第二新卒の自己PR作成ポイント

【必勝】第二新卒の就活成功法を、留学経験者と非留学経験者に向けて徹底解

 

第二新卒の就活は厳しい?失敗する人の特徴

 

第二新卒で失敗する人

 

どんな立場であれ「就活」は、自分と向き合いながら将来を見極める重要なターニングポイントです。

就活を進めるなかで、大きな壁にぶち当たることもあるでしょう。

ここでは、第二新卒の就活で失敗する人の特徴について3つピックアップして見ていきます。

 

第二新卒の就活で失敗する人の特徴①:自分の考え・能力に自信がない

 

第二新卒の就活では、当初就職していた職場での実績を活かすか、まったく未知の分野に飛び込むのか、大きくふたつの方法が考えられます。

たとえば離職理由が「○○の仕事にチャレンジしたい」「現在の仕事内容を活かしてさらにスケールアップした環境で頑張りたい」などポジティブなものであれば、就活のやり方もよりアグレッシブにいけるでしょう。

 

一方で、「とにかく辞めたい」「自分にはこの仕事は向かない」「なんとなく合わない」など、ネガティブで漠然とした離職理由であれば、第二新卒の就活の方向性があいまいになってしまいます。

 

そもそもネガティブな事情で離職をしている場合、自分の考え自体が漠然・抽象的で、自分の力にも疑心暗鬼な可能性も少なくありません。

そうなると、第二新卒の就活もうまく進まず、いつまでたっても次の職場が見つからないというケースも考えられます。

 

第二新卒の就活で失敗する人の特徴②:自分軸がなく優柔不断

 

第二新卒の就活は、なぜ離職してまで新しい職場を探したいのかが、大きな焦点となってきます。

自分が目指す将来の方向性が明確であれば、おのずと求人応募先もピックアップしやすく、選考過程でも明確な回答につながるでしょう。

 

しかし、何をしたいのか、何に重点を置いているのかがはっきりしていないと「自分軸」もあやふやになってしまいます。

そうなると、選考のたびに回答内容が矛盾したり、答えられなかったりする可能性が高まります。

 

自分軸がないとさまざまな状況において優柔不断になってしまい、人事担当者からも「何がいいたいのかわからない」「人としての魅力が感じられない」などと判断されてしまうかもしれません。

 

第二新卒の就活で失敗する人の特徴③:自分の適性がわからず業界研究などもしていない

 

第二新卒の就活において、企業側は応募者を「ある程度の社会人経験を積んでいる人材」だと認識しています。

そのため、一定のビジネスマナーはもちろん、自己分析や自分の適性なども自分である程度認識しているものだと思っている可能性があります。

 

自分自身の適性がよく理解できておらず、ましてや業界研究もしていないことがわかってしまうと、第二新卒の「若さ」「一定の社会人経験」という強みもあまりアピール材料にはならないでしょう。

そうなると、企業としても必要な人材として採用したいと思えなくなってしまいます。

 

スポンサードサーチ

第二新卒の就活は厳しい?成功する人はこんな人!

 

第二新卒の就活で成功する人

 

第二新卒の就活では、新卒に次ぐ若さはもちろん、実務経験や社会人経験も重要視されるポイントとなります。

就活市場においても第二新卒は決してネガティブな存在ではなく、アピール次第では大いに活躍の場がある存在です。

ここでは、第二新卒の就活に成功する人の主な特徴を3つに分けて見ていきましょう。

 

第二新卒の就活で成功する人①:自分の強み・アピールポイントを理解している

 

新卒時の就活でも同じことがいえますが、自分の魅力や強み、能力についてよく理解できていることが就活での成功につながります。

人事担当者にどうやって自分をアピールしたらいいのかポイントがわかっていれば、書類・面接選考においても相手を納得させられるでしょう。

 

第二新卒の就活で成功する人②:将来への考え方がまとまっていて筋が通っている

 

第二新卒では、一度就職した企業を離職し、新たに企業へ勤めることを選択しているわけです。

そのため、離職した際にしっかりと将来について考えているかどうかが、第人新卒の就活でも重要になってきます。

離職したのちに希望の企業へ応募し、「将来はどうなりたいのか」「キャリアビジョンはどう考えているのか」「企業に対してどのような思いがあるのか」考えが明確でまとまっていれば、企業としても採用すべき人材として判断するはずです。

話に一貫性があることは、共にビジネス仲間としてやっていくには重要なポイントです。

「一緒に働きたい」と思わせられる人こそ、就活でも勝ち組に入ってくるでしょう。

 

第二新卒の就活で成功する人③現状で何を改善すべきか理解している

 

新卒で入社した会社を離職するのには、何かしらの理由があるはずです。

その原因や次の企業・仕事に求めるものがはっきりしていれば、おのずと就活もスムーズに進むでしょう。

第二新卒の就活をするうえで、自分が何をするべきか、何を改善するといいのかが理解できていれば、再び同じような状況に陥ることのない職場を選択できます。

 

第二新卒の就活は厳しいの?メリットはある?

 

第二新卒の就活でつまずかないためには

 

第二新卒の就活では、厳しいと感じるケースももちろんあります。

一方で、第二新卒という条件が有利に働くケースもあるのです。

それは一体何なのか?

第二新卒の就活で考えられる主なメリットを3つピックアップしてご紹介します。

 

第二新卒就活のメリット①:探せばニーズはたくさんある!

 

第二新卒は、うまく探せば実は需要があります。

新卒と比較すれば選択肢は少なく感じるかもしれませんが、企業によっては第二新卒に対して大きく注目してるケースもあります。

 

なぜなら、新卒であれば、ビジネスパーソンとしての社内教育が必要になりますが、社会人経験がある第二新卒であれば、そのステップを飛ばすことも可能です。

社内教育の面で、実務にしっかりと重点を置いて教育スタートできるという点、新人教育のための諸経費削減ができる点などからも、第二新卒のニーズは徐々に高まっているといえるでしょう。

 

第二新卒就活のメリット②:社会人経験プラス若さが武器に

 

第二新卒では、新卒にはない社会人経験が大きな魅力になります。

短期間であっても社会人として企業に勤め、他社および社内の人間とビジネスシーンでコミュニケーションを交わしてきたはずです。

第二新卒は、前職の業種・職種かかわらず、ビジネスパーソンとしての基礎知識を培っているといえます。

 

社会人経験というと中途採用者にも同じことがいえますが、第二新卒は新卒から数年と、20代の中間に位置する年代です。

まだまだ若さ・フレッシュさを武器にできる年齢でもあり、大いに活かすことはできます。

 

第二新卒就活のメリット③:未経験業種・職種でも応募できる可能性大

 

第二新卒は、新卒入社時の実務経験期間によっては、前職の経験があまり活かせない可能性も少なくありません。

年齢的にまだまだ若いということからも、未経験業種・職種へ応募できる案件もじゅうぶんにあります。

 

転職市場では、20代後半になるとぐっと厳しくなってきます。

というのも、20代後半となると前職の経験が非常に重要になるためです。

20代前半であれば未経験でも、他業種の経験もあり柔軟な考えが期待できる人材と判断される可能性もあります。

 

スポンサードサーチ

厳しいといわれる第二新卒の就活を乗り越えるコツ

 

第二新卒の就活を乗り越えるコツ

 

第二新卒の就活では、うまくいく人・うまくいかない人の両方か介在します。

うまくいかない人にとっては第二新卒の就活は非常に厳しいものですが、一方でうまく乗り越えられる人もいるのがポイントです。

ここでは、第二新卒の就活を乗り越えていくための3つのコツをご紹介します。

 

第二新卒の就活を乗り越えるコツ①:第二新卒の就活をポジティブに考える

 

まずは、自分自身のなかにある「就活に対するイメージ」をポジティブなものにすることです。

「仕事はきつい」「早く辞めたい」など、働くことに対して嫌な思いばかり募らせていると、決していい方向には導かれないでしょう。

 

特に第二新卒の場合、前職での負のイメージが大きい人ほど、就活に対して重苦しい感覚が芽生えてしまうかも。

次の職場を選ぶポイントは、前向きな理由で考えていくことです。

 

第二新卒の就活を乗り越えるコツ②:書類と面接での回答内容に一貫性を持たせる

 

第二新卒の就活をスムーズに乗り切るには、ビジネスシーンで培った社会人経験が大いに活かされるはずです。

面接などでの話し方はもちろんですが、内容に一貫性を持たせて相手を納得させられるよう、書類と面接内容をしっかりとまとめておきましょう。

 

面接選考で何回か落ちてしまった場合、ネガティブな感覚になってしまう人も多いはず。

しかし落ちるには理由があります。

多くの場合、内容にまとまりがなくわかりにくい、話のつじつまが合わないといった理由で落とされるケースもあるのです。

第二新卒の就活をはじめる前に、今一度自分のこと・応募する業種・職種・企業のことなど、しっかりと分析して考えを明確にしておく必要があります。

 

第二新卒の就活を乗り越えるコツ③:壮大な自己PRでなくてもいい!独自の魅力を表現して

 

就活では、自分の魅力を最大限知ってもらうことが内定へとつながります。

ほとんどの企業では、書類・面接選考時に自己PRすることになるでしょう。

自己PRでよくあるのが、「ちょっとしたエピソードでは興味を持たれないのではないか」と不安になるケースです。

 

自己PRでは、すべての人が壮大なエピソードを持っているわけではありません。

自分らしさがアピールできていることで、人柄を知ってもらえる判断材料になるでしょう。

「リーダーとして努力した」「○○プロジェクトで表彰された」というエピソードももちろん素晴らしいことですが、どんなことに苦労して、どういう過程を経て成功・成果につながったかの過程がわかるよう、自己PRをまとめてみてください。

第二新卒の就活のコツについては以下の記事もあわせてご覧ください!

第二新卒でアクセンチュアに転職するには?

第二新卒の就活は厳しくても乗り越えるチャンスあり!

 

第二新卒の就活は「厳しい」という声もあるのが現実です。

しかし、きっかけやコツをつかめば、前職以上に自分にマッチした企業にである可能性もあります。

チャンスはじゅうぶんにあり、自分次第だといえるでしょう。

 

環境に対して愚痴をいうのではなく、自らの力で乗り越えられるよう、ぜひきっかけ・足がかりを見つけてみましょう。

第二新卒で入社するためには、転職エージェントを活用することが大切です。

理由としては、転職サイトでは求人応募が多くなりすぎる傾向にあるため、転職エージェントに任せないとうまく採用できないことを知っているためです。
転職サイトなどにも登録していることがまれにありますが、ヘッドハンティングのために登録しており、職歴がマッチしているような候補者のみに声をかけるため、確率が下がる傾向にあります。

また、転職エージェントは、内定に至るまでに様々なサポートを行ってくれます。
履歴書や職務経歴書の添削、模擬面接などのサポートを活用することで、より内定を獲得できる可能性が上がります。

積極的に転職エージェントを活用し、内定を獲得を目指しましょう。

※ なお、「できるだけ早く内定が欲しい」「第二新卒の就活を成功させたい」なら、

ハイクラス求人 ビズリーチ【最速転職】第二新卒エージェントneo や憧れの戦略コンサルキャリアへ転職したい方はSTRATEGY:BOOTCAMPなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチ年収600万円以上の案件のみを扱っています。

 

2【最速転職】第二新卒エージェントneoなら優秀なエージェントが最速で第二新卒の転職を成功させます。

 

3STRATEGY:BOOTCAMPなら戦略コンサルティングファームへの転職が可能です!

 

公開日:2019/05/22
0 Shares

Globyの公式LINEでできること

あなたに一番合った就活サービスや最新イベントがわかる
ES添削や面接練習、キャリア相談など様々なニーズに合わせてあなたに
ピッタリの就活サービスをGlobyが自信を持ってお勧めします。また、
なかなか出会えない旬の留学生向け就活イベントを随時ご紹介します。
今一番読みたい記事がお勧めしてもらえる
事前のアンケートをもとに興味・関心に合った記事をご案内します。
またLINEで読みたい記事のキーワードを入力すると、その検索結果に
合った記事をお送りします。
選考体験談を無制限に読むことができる
公式LINEに登録すると企業ごとのリアルな選考体験談を制限なく
読むことができます。
Globyの公式LINEでできること

特集記事

第二新卒が利用すべき転職サイトやエージェントはどれ!?おすすめ12選

第二新卒が利用すべき転職サイトやエージェントはどれ!?おすすめ12選

第二新卒・転職
2019.11.11
第二新卒の転職で失敗する5つの理由と成功する7つのコツを徹底解説!

第二新卒の転職で失敗する5つの理由と成功する7つのコツを徹底解説!

第二新卒・転職
2019.10.31
第二新卒でも大手へ転職可能!転職方法と注意点

第二新卒でも大手へ転職可能!転職方法と注意点

第二新卒・転職
2019.10.30
第二新卒と呼ばれるのはいつまで?入社の難易度や注意点は?

第二新卒と呼ばれるのはいつまで?入社の難易度や注意点は?

第二新卒・転職
2019.07.02
自信が持てる第二新卒の自己PR作成ポイント

自信が持てる第二新卒の自己PR作成ポイント

第二新卒・転職
2019.05.19
【必勝】第二新卒の就活成功法を、留学経験者と非留学経験者に向けて徹底解説

【必勝】第二新卒の就活成功法を、留学経験者と非留学経験者に向けて徹底解説

第二新卒・転職
2019.03.13
第二新卒でアクセンチュアに転職するには?

第二新卒でアクセンチュアに転職するには?

第二新卒・転職
2019.02.22