第二新卒でアクセンチュアに転職するには?

アクセンチュアのコンサルタント

「アクセンチュアで仕事をしたいけれど、できるのだろうか」
「第二新卒でアクセンチュアに入社することはできるのかな」
不安になりますよね。
アクセンチュアは外資系企業の中でも、非常に有名なコンサルティングファーム
今回は、アクセンチュアへの第二新卒での転職について徹底解説させていただきます。

 

最速で転職したい方へ

※ なお、「できるだけ早く転職したい」「アクセンチュアに転職したい」なら、ハイクラス求人・ビズリーチGEEK JOBマイナビジョブ20‘sリクルートエージェントは最大手の転職エージェントです。求人数も日本一!

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人・ビズリーチは年収600万円以上の案件のみを扱っています。

2GEEK JOBなら年収が高いプログラマーとして就職が可能です。


 

3マイナビジョブ20‘sなら無料でカウンセラーに相談しながら就職活動をすることができます。


4リクルートエージェント は最大手の転職エージェントです。求人数も日本一!

 

 

 

 

スポンサードサーチ

目次

第二新卒が最も活躍しやすい状況になっている。その理由とは?

アクセンチュア・第二新卒の理由

 

アクセンチュアでは第二新卒の採用を積極的に行っています。
なぜ第二新卒なのかといえば、いま、最も採用対象として熱い層が第二新卒層となっているためです。
一度、どこかの会社で正社員として経験を積み、社会人としての基礎的なマナーなどを習得している状態なので採用されやすい状態になっているのが第二新卒の特徴といえます。
どの会社も第二新卒を求めて採用活動を行っている状況なので、非常に第二新卒は転職しやすいといえます。

 

第二新卒採用ブームの背景

 

新卒採用がどの会社でも、採用充足に至っていない状況となっています。
新卒採用で採用できなかった学生の補充として第二新卒採用に乗り込む企業も増えてきています。
アクセンチュアの場合は、人気企業なので補充目的というよりは人材の多様化を狙っての採用になっている可能性があります。
いずれにせよ、例年になく採用されやすい状態になっています。

 

第二新卒については以下の記事もあわせてご覧ください。

第二新卒と呼ばれるのはいつまで?入社の難易度や注意点は?

第二新卒の就活は厳しいのか?理由やメリット・成功への道を解説

自信が持てる第二新卒の自己PR作成ポイント

 

アクセンチュアに在籍する人材はそもそも多様性がある

 

外資系コンサルティングファームということで、入社へのハードルが高いイメージがあるかも知れませんが、アクセンチュアはもともと、様々なバックボーンを持った人材を採用しています。
元公務員の方もいらっしゃれば、日系企業でずっと仕事をしてきた方など、そのバックボーンは多彩です。
基本的にコンサルタント業は、様々な企業の問題解決を行う能力が問われる仕事なので、外資系での実務経験がないことや、大企業での企画経験がないことなどを気にする必要はありません。
顧客の問題解決をする能力を示すことができれば採用される可能性は高くなります。

 

アクセンチュアの第二新卒:学歴要件は応募部門で異なる可能性が高い。

学歴要件は応募部門で異なる可能性が高いです。
戦略系部門は学歴を問われる傾向にありますが、それ以外の場合、学歴を問われる可能性は低いです。
応募する部門をしっかりと確認するようにしましょう。
アクセンチュアはコンサルティング先が多様で、公共性のある仕事から、企業の戦略コンサルティングまで幅広い案件を持っています。
応募する部門によっては学歴フィルターは弱いということもありえます。

 

アクセンチュアの第二新卒:地頭が必要だと言われている理由とは?

第二新卒でアクセンチュアに入社した人

アクセンチュアのような外資系コンサルティング会社では地頭が大切だと言われています。
理由としては、論理的な思考能力がないと問題解決をすることが非常に難しいためです。
コンサルティングは、企業の現状を把握して、抱えている問題をあらゆる角度から分析して、解決する必要があります。
通常の事業会社の企画部などでも、論理的な思考能力は重要視されますが、アクセンチュアのようなコンサルティングファームになればもっと高いレベルの論理的な思考能力が問われます。
考えて考えて行動していく必要があるため、地頭は必須とうことですね。

 

スポンサードサーチ

アクセンチュアの第二新卒:外資系なので、留学経験者は非常に有利

 

外資系企業なので、留学経験者は非常に有利になる可能性があります。
英語能力をあまり問わない部門もアクセンチュアには存在していますが、基本的には英語ができたほうが有利であると考えるようにしましょう。
外資系企業で英語が出来て損をすることはまずありません。

 

アクセンチュアの第二新卒:留学経験がないから不利といったことはあまりない

 

外資系企業なので、英語が出来た方が有利になることはあり得ますが、英語ができないからといって不利になる可能性も低いといえます。
理由としては、国内のプロジェクトに参加する事業部もアクセンチュアにはあるためです。
特に国内の公共関係のプロジェクトなどの場合、常駐先は公務員関係の施設であったり、外国人の方がいない環境で仕事をする可能性もあります。
中央自治体や日本国内の学校などの教育機関を相手に仕事を行うことも多いため、部門によっては英語力よりも現場の人とコミュニケーションをとる能力の方が求められることがあります。

 

スポンサードサーチ

アクセンチュアの第二新卒:コンサルティングで大切なのは現場とのコミュニケーション

第二新卒で必要なのはコミュニケーション力

コンサルティングで大切なのは、常駐先の現場にいる社員さんたちや職員さんたちとのコミュニケーションです。
理由としては、現場とうまくコミュニケーションをとれないと、肝心の課題の本質を掴むことができないためです。
そもそもコンサルティングファームに投げるほど難しい案件となっているから、現場の人たちにとってはコンサルタントの専門性や問題解決能力が頼りになってきます。
現場からのヒアリングなどで課題を浮き彫りにする能力も求められますし、プロジェクトを進めていくうちにどんどん出てくる新しい課題に対応する必要もあります。
現場とのコミュニケーションがとれないと、課題解決をすることができません。

 

アクセンチュアの第二新卒:事業会社で企画の経験のある第二新卒は有利

 

事業会社で企画業務などを経験してきた第二新卒は有利になる可能性があります。
理由としては、企画業務を少しでも経験しておけば、アクセンチュアなどに転職した際には、イメージを持ちやすいためです。
企画をゼロから作り上げていく段階から実際に現場に落として行動を促す経験があれば、それが何度も連続して起こる環境を想定できます。
第二新卒で、アクセンチュアのようなコンサルティングファームに転職したい場合には、特に問題解決能力を身に着けておけば有利になるので、現在所属している会社でも企画系の業務を経験しておくとよいといえます。

 

スポンサードサーチ

アクセンチュアの第二新卒:留学経験者であれば、プロジェクトを選ぶ際に後悔しない可能性がある

 

いざアクセンチュアに入社しても、英語ができないと参加できるプロジェクトが限られてしまう可能性があります。
英語能力に関係なく採用されやすいといっても、外資系企業なので、英語ができないとアサインできない案件も存在しており、留学経験があれば語学能力や現地の外国人とコミュニケーションがとりやすいということで、入社後に選択肢が広がる可能性があります。
また、留学経験者であれば現地の外国人の方たちとコミュニケーションをとる際にも違和感がないため、非常に活躍できる幅が広くなります。
言語ができるできないだけで入社に有利不利がなかったとしても、入社後のキャリアパスを考えれば留学経験があり、語学能力があったほうがよいともいえます。

 

アクセンチュアの第二新卒:留学経験がなくても、いまから勉強するという手もある。

第二新卒でアクセンチュアに内定するなら勉強してから転職するのもアリ

第二新卒はまだ年齢的には20代であり、非常に若いです。
入社後に勉強して語学能力を身に着けるということも可能ですし、これから勉強していくという選択肢があります。
アクセンチュアは様々なプロジェクトが存在しているため、単純に英語能力不足で選考に落とされる可能性は低いです。
入社してから勉強するのもよいといえますし、入社前に少しずつ独学で勉強をして英語能力を向上させるということでも対応できる可能性があります。

 

スポンサードサーチ

アクセンチュアの第二新卒:アクセンチュアの給与は高い。

アクセンチュアの給与は高く、20代でも年収500万円を狙うことが可能です。
日系の大手メーカーなどでは、30代後半になってやっと年収500万円代になることをかんがえても非常に素晴らしい給与待遇であるといえます。
また、外資系企業で、日系企業よりも実力主義が浸透しており、実力をあげていけば昇進していくことが可能です。
日系企業は勤続年数や年齢などで待遇がアップしていくのに対して、外資系企業ではポジションで昇給していくため、若いうちから高い給与を得られるというのは非常に良いことであるといえます。

 

アクセンチュアの第二新卒:アクセンチュアのキャリアパスは?

 

アクセンチュアでは第二新卒のキャリアパスとしては、ビジネスアナリストまたはコンサルタントからスタートします。
外資系なのでいきなり厳しい仕事現場でやっていくというのではなく、しっかりと職務等級に応じてキャリアを積んでいくことが可能になっています。
ビジネスアナリスト、コンサルタント、マネージャー、シニアマネージャー、マネジングディレクターという職位があります。
ビジネスアナリストが一番下位で、マネジングディレクターが一番上の職位となっています。
ビジネスアナリストから第二新卒はスタートしますが、資料の分析など基礎的な能力を磨くフェーズとなっています。
コンサルタントからスタートする場合もあるようですが、チームリーダーとしてしっかりと現場を回せるレベルの実力が必要となってきます。
いきなりリーダーとして現場を回していくことは、日系企業でもかなり大きな精神的なプレッシャーがかかります。
外資系であれば成果が強く問われるため、非常に大きなプレッシャーになることもあり得ますが、しっかりと下積みができる階級が用意されているため、いきなりハイプレッシャーな仕事を任されることが少ないといえます。
外資系企業ですが、日系企業に近い部分も併せ持っていることがうかがえます。

 

スポンサードサーチ

アクセンチュアの第二新卒:外資系でも、第二新卒に企業が求めているのは素直さと吸収力

素直な第二新卒

外資系企業でも、第二新卒に企業が求めているものは、素直さと吸収力です。
論理的な思考能力なども大切になってきますが、まったく未経験からコンサルタント職に挑戦する場合、素直に柔軟に、周囲と打ち解けあい、仕事を吸収していくことが大切です。
確かにアクセンチュアの仕事は成果を強く問われる仕事が多いですが、素直に吸収して前向きに仕事をできる人材であれば必ずついていけます。
コンサルタント職は、様々な問題に柔軟に対応して問題解決を行う仕事のためです。
決してエリートのような人ばかりが活躍しているわけではなく、現場の意向をしっかりと組みつつ仕事を推進していくことができる人材が向いているといえます。

 

アクセンチュアでは第二新卒でも活躍できるフォロー体制を用意している

 

アクセンチュアでは第二新卒が入社したあと、活躍を応援する教育支援体制を整えています。
外資系企業ではかなり珍しいケースといえますね。
日系企業以上に外資系企業は、中途採用者は入社後すぐに活躍できるような即戦力を求めています。
アクセンチュアでは第二新卒向けに研修制度を用意しているため、自信をもって仕事を推進することが可能です。

スポンサードサーチ

アクセンチュアの第二新卒:留学経験者であれば、アクセンチュアは非常に魅力的な会社

アクセンチュアは外資系企業であり、キャリアパスの中に海外でのプロジェクトの推進などが入っています。
せっかく海外留学の経験があるのに、日系企業に入社して、英語などを全く使う環境ではない会社に入社してしまった第二新卒の方にとっては、大きなチャンスであるといえます。
現在は第二新卒を積極的に採用する外資系企業も増えてきており、アクセンチュアのような大手の外資系企業に入社するチャンスがあり、非常に恵まれているといえます。
また、留学経験者であれば英語力に自信のある方も多いので、抵抗感なく挑戦できるというのも強みです。
アクセンチュアなどの外資系企業は、日系企業での優秀な人材も採用しようと考えてスカウトしているケースもありますが、ほとんどは英語力に不安を感じてなかなか転職しようとはしません。
留学経験があり、英語力がある第二新卒の方は、それだけでまず大きなアドバンテージを得ていることになりますね。
仮に給与が高くても、外資系企業というだけでなんとなく怖いというイメージを持っている日系企業の社員も多いです。
留学経験を活かして、積極的に第二新卒枠を狙ってみて下さい。

 

アクセンチュアの第二新卒:外資系に憧れている、留学経験者でない方にとってもチャンス

 

外資系企業に憧れている、留学経験者でない第二新卒にとってもアクセンチュアはチャンスの多い会社であるといえます。
英語力よりも現場とのコミュニケーション能力を重視するとホームページでメッセージが発信されていたり、公共関係の完全に国内向けの案件も非常に増えてきているためです。
留学経験がある方が、語学力があるため、不利には感じないということもあり得ますが、留学経験がなかったとしても、採用される可能性が示唆されています。
仮に語学能力に自信がなかったとしても、IT系の仕事で実務経験を積んできたり、中小企業であっても主体的に仕事をこなしてきた経験があればチャンスがあるといえます。
また、語学能力がなければ入社後に必死に勉強することも可能な年齢なので、自分の努力次第で進路を切り拓いていくことが可能です。

 

スポンサードサーチ

アクセンチュアの第二新卒向けの採用プロセスは応募者によって異なる

 

アクセンチュアの応募から内定に至るまでのプロセスとしては、書類選考、面接を複数回、そして内定となっています。
トヨタ自動車や、ホンダ技研といった自動車メーカーのような、メーカー系の企画部門や調達、生産技術部門から転職する場合には、クライアント側からの転職になるため有利になる可能性もあります。
具体的には、戦略部門の面接は2回、募集職種の即戦力としてIT関連企業に在籍していた人の面接の回数は1回で決まるなど、応募する職種によって差があります。

アクセンチュアの応募プロセスについては以下の記事もぜひご覧くださいね!

アクセンチュア|Accenture|19年卒の留学生就活選考体験談|日本人海外経験者

アクセンチュア|Accenture|19年卒の留学生就活選考体験談|日本人海外経験者

いま在籍している会社で、様々なことを吸収しておこう

 

アクセンチュアに第二新卒で転職すると決めている場合、いまいる事業会社で吸収できることはすべて吸収するというスタンスで仕事を進めていくようにしましょう。
理由としては、コンサルタントという仕事にはどんな仕事の経験が役に立つかわからないためです。
転職してから、あの仕事をもっとしておけばよかったという後悔がないようにしておいてください。
出来るだけ現職で盗めるスキルがあればしっかりと盗むようにして、自分の所属する業界の仕事の進め方なども確認するようにしておきましょう。
コンサルタントになれば様々な業種の会社に仕事にいくことになりますので、細かな気づきが本当に大切になってきます。
現職では希望の部署に配属されなかったからこそ、第二新卒でアクセンチュアに転職するという方も多いと思いますが、盗めるものは盗んでおいて損がありません。
特に第二新卒採用においては前職での職歴が浅い分、どんな仕事をしてきたのか、どんな気持ちで日々の仕事をこなしていたのかは強く問われる傾向にあります。
面接対策にもなるため、現職で力を入れてきた仕事などはしっかりと伝えられるようにしましょう。

 

アクセンチュアの第二新卒:第二新卒者に対する懸念点は、外資系ではあまり重要視されない

アクセンチュアの第二新卒のポイント

通常の日系企業は転職回数を過度に気にする傾向にあるため、第二新卒を採用してもすぐに辞めるんじゃないかというネガティブな目線で面接をすることがあります。
しかし、外資系企業の場合は、転職をする社員が多いため、この点を気にする必要があまりありません。
外資系企業では様々な会社を経験していると重宝されることもあり得ます。
日系企業では様々な会社に転職をしていると、腰を落ち着けていないということでマイナスになることが多々あります。
日系企業と外資系企業では仕事に対する考え方が全く正反対のため、気にせず第二新卒採用にトライすることが可能になります。
日系企業と外資系企業、それぞれに良さがありますが、特に第二新卒で外資を目指すのは将来的にプラスになりえます。
一度新卒を辞めてしまうと、日系企業でキャリアを積んでいくことはマイナスになりえますが、外資系企業でのキャリアを積むことができれば転職してキャリアアップを目指すことが可能になるためです。
日系の大手企業は基本的に新卒採用を中心とした採用を行っており、転職歴があると再度転職活動をして入社するのは難しい状態になります。
しかし、反対に、外資系企業での職歴を積むことができれば、日系企業以上に高い待遇の仕事を得ることが将来のキャリアで可能になってきます。
第二新卒でアクセンチュアを目指すことは、将来のキャリアを充実させることにつながっていきます。

 

転職エージェントの活用で、アクセンチュアを目指そう。

 

外資系企業は人気度が高いため、第二新卒で入社するためには、転職エージェントを活用することが大切です。
理由としては、転職サイトでは求人応募が多くなりすぎる傾向にあるため、転職エージェントに任せないとうまく採用できないことを知っているためです。
転職サイトなどにも登録していることがまれにありますが、ヘッドハンティングのために登録しており、職歴がマッチしているような候補者のみに声をかけるため、確率が下がる傾向にあります。
転職エージェントを活用して、効率的な採用を推進する外資系企業が多いため、アクセンチュアを目指す場合、転職エージェントを活用するようにしましょう。
また、転職エージェントは、内定に至るまでに様々なサポートを行ってくれます。
履歴書や職務経歴書の添削、模擬面接などのサポートを活用することで、より内定を獲得できる可能性が上がります。
積極的に転職エージェントを活用し、内定を獲得を目指しましょう。

 

 
 

最速で転職したい方へ

※ なお、「できるだけ早く転職したい」「アクセンチュアに転職したい」なら、ハイクラス求人・ビズリーチGEEK JOBマイナビジョブ20‘sリクルートエージェントは最大手の転職エージェントです。求人数も日本一!

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人・ビズリーチは年収600万円以上の案件のみを扱っています。

2GEEK JOBなら年収が高いプログラマーとして就職が可能です。


 

3マイナビジョブ20‘sなら無料でカウンセラーに相談しながら就職活動をすることができます。


4リクルートエージェント は最大手の転職エージェントです。求人数も日本一!

 

 

94 Shares

このカテゴリーの人気記事

第二新卒でアクセンチュアに転職するには?

【本音で語る】ベンチャー転職で、後悔する理由を、元ベンチャー企業人事が徹底解説!

第二新卒と呼ばれるのはいつまで?入社の難易度や注意点は?

Related Posts