第二新卒でも大手へ転職可能!転職方法と注意点

転職するタイミングは人それぞれです。思い立ったタイミングで転職をするのが良いとされています。

長期間悩み続けるぐらいであれば、若くとも決断をして転職をした方が良いのです。

若くして転職するタイミングの一つに第二新卒と呼ばれるものがあり、気にしてる人も増えてきたのが、第二新卒でも大手企業に転職できるのかということです。

大手企業は根強い人気があり第二新卒でも志望する人は少なくありませんので、この記事では第二新卒と大手企業への転職についてご説明していきます。

 

※ なお、「できるだけ年収をあげたい」「第二新卒の転職を成功させたい」なら、ハイクラス求人 ビズリーチ【最速転職】第二新卒エージェントneo や憧れの戦略コンサルキャリアへ転職したい方はSTRATEGY:BOOTCAMPなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチ年収600万円以上の案件のみを扱っています。

 

2【最速転職】第二新卒エージェントneoなら優秀なエージェントが最速で第二新卒の転職を成功させます。

 

3STRATEGY:BOOTCAMPなら戦略コンサルティングファームへの転職が可能です!

スポンサードサーチ

第二新卒は大手企業への転職も無理ではない!積極的に採用する時代が到来

最近は第二新卒でも大手企業に転職できるようになっています。

以前は第二新卒での転職は難しいとのイメージがあったようですが、現在では大手企業も第二新卒を積極的に採用しています。

まずは第二新卒をとりまく転職の状況についてご説明していきます。

第二新卒についてはこちらの記事もあわせてご覧ください。

第二新卒の転職で失敗する5つの理由と成功する7つのコツを徹底解説!

自信が持てる第二新卒の自己PR作成ポイント

【必勝】第二新卒の就活成功法を、留学経験者と非留学経験者に向けて徹底解説

そもそも第二新卒と既卒の違いとは何か

最初に第二新卒と既卒の違いを理解しておきましょう。この点を取り違えてしまうと大手企業への転職で失敗してしまう可能性もあります。

第二新卒とは明確な定義のあるものではありませんが、 (短期)大学・専門学校・工業高校などを卒業して就職し、その後3年以内に転職活動をしている人 を指すことが一般的です。

重要なことは卒業してから一旦は就職しているということであり、卒業してから就職していない場合には第二新卒ではなく既卒と呼ばれます。

第二新卒と既卒では転職を取り巻く環境が大きく異なりますので、勘違いしないようには注意しなければなりません。

なぜ第二新卒でも大手企業への転職は無理ではないのか

第二新卒でも大手企業へ転職できるのは、大手企業が新卒の一括採用にこだわらなくなってきたことが理由に考えられます。

大手企業=4月入社というイメージが強いかとは思いますが、現在ではそのような傾向は徐々に薄くなってきていて、 第二新卒を中途で採用するケース も増えてきています。

以前のイメージであれば、第二新卒が大手企業へ転職することは無理であると考えてしまうかもしれませんが、時代の変化とともに第二新卒が大手企業でも受け入れられるようになっています。

転職で求められる第二新卒のスペック

転職で求められている第二新卒には一定のスペックがありますので、以下を満たせない状況では転職が難しい可能性があります。

  • ビジネスマナーなど基礎教育を必要としない
  • 最低限の実務経験があり戦力になれる
  • 総じて新卒と比較して教育コストを必要としない

第二新卒ですので即戦力になれるとは限らないものの、転職での採用ということもあり即戦力に近い状態の人材が求められています。

つまり、 最低限は転職前の企業でしっかりと実務をこなしてきたことが求められていて、第二新卒であれば大手企業への転職の道が開けるというわけではありません。 

中小企業よりも大手企業が第二新卒を採用している

第二新卒を採用しているのは中小企業が多いイメージがあるかもしれませんが、実際には大手企業の方が第二新卒を積極的に採用しています

実際に求人を見てみても大手企業が出しているものは多数あり、第二新卒だから大手企業の選択肢が閉ざされてしまうということはありません。

公開されている求人の数から客観的に判断してみても、大手企業は積極的に第二新卒を採用している傾向が伺えます。

また、大手企業は非公開求人も出していることが考えられますので、実際には確認できるよりも多くの第二新卒向け求人が出ているはずです。

第二新卒で大手企業へ転職したいときにやっておくべきこと

第二新卒で大手企業に転職したいと考えている場合、事前に準備しておきたいことがあり、準備しない状態での転職は望ましいものではありません。

転職するにあたり事前に準備しておくべきことは3つあります。

やるべきことは沢山あるものの、最低限こちらには取り組むべきことを具体的に以下でご説明します。

第二新卒の採用実績がある大手企業かを確認する

大手企業への転職を考えているのであれば、最初に第二新卒の採用実績があるのかを確認しておきましょう。

 最近は大手企業でも第二新卒の採用が増えていて、積極的に採用している大手企業もありますので、狙いを定めることで転職を成功させられる可能性があります。 

ただ、第二新卒の採用は増えている傾向にはあるものの、全ての企業が第二新卒を採用しているわけではありません。

積極的には第二新卒を採用していない企業も存在しています。

求人では具体的に第二新卒が求められているか記載されていないことがあり、逆に「第二新卒歓迎」などの記載があるものもあります。

第二新卒を採用しているかどうか自分で知るのは難しため、 転職エージェントなどを利用して確認してみる ことがおすすめです。

これらのサービスを利用すれば、今まで第二新卒を採用している実績があるかを確認してもらえますので、自力で確認するよりもスムーズに情報が得られます。

今まで採用実績のない大手企業でいきなり第二新卒が採用される可能性は低いと考えらることから、まずは傾向として第二新卒を採用しているか確認しておきましょう。

転職を希望する大手企業の情報収集

転職したいと考える大手企業の情報を収集することは必要で、これは第二新卒の転職に限ったことではありません。

転職活動において応募する企業の情報を可能な限り収集しておくことは必須の作業だと考えておきましょう。

情報収集の仕方には様々なものがありますが、簡単なものではその企業のホームページなどを細かく確認しておくことです。

特に大手企業であれば公開されているホームページが存在しないということはあり得ないでしょう。

中小企業であればホームページが存在していないこともありますが、大手企業であればそのようなことはまずありえませんので、 最低限ホームページで公開されている情報は頭に入れることが重要です 

単純に情報収集をするだけではなく、同業他社との違いについても確認を進めておくことが理想的です。

大手企業は様々な事業を展開していることがあり、同様の事業内容が複数の大手企業で展開されていることが多々あります。

そのような状況でなぜ応募している企業を選択したのかが問われることもありますので、 同業他社と比較してどのような点に魅力を感じたのか を、的確に述べられる程度には情報を集めておきましょう。

第二新卒を採用している大手企業には、応募が殺到する可能性があります。

ライバルが多い状況で最低限の情報すら知らなければ打ち勝つことは不可能ですので、事前の情報収集に力を入れておくことが重要です。

第二新卒でも採用されるだけの志望動機やスキルを用意する

大手企業が第二新卒でも採用したいと考えるだけの志望動機やスキルが必要です。

採用している大手企業であれば、無条件で第二新卒でも転職できるわけではなく、志望動機やスキルが伴うことで転職が可能です。

志望動機は最初に注目される部分で、採用担当者はなぜ自社の求人に応募してきたのかを確認します。

同じような求人は複数あるはずですので、それらの中でもなぜ自社の求人を選択したのかが気になるのです。

志望動機には明確な答えはありませんので、採用担当者も「このように答えてほしい」と考えているものでもないのです。

 相手側の気持ちを汲み取って志望動機を考えるのは望ましくありませんが、魅力を持たれるような志望動機やスキルを用意することも必要です。 

スポンサードサーチ

第二新卒が大手から大手へ転職できるのか

第二新卒の転職で気にされている人も多いのが、大手から大手への転職ができるのかどうかについてです。

心配されている人もいますが、大手から大手への転職も問題ありませんので、こちらについても解説をしていきます。

大手から大手への転職はプラスに働くケースも多い

大手企業から大手企業への転職はプラスに働くケースも多いものであり、「大手企業から大手企業への転職はできないかもしれない」などと不安に感じる必要はありません

確かに大手企業はそれぞれ独自の文化がありますので、それらの文化を踏まえると転職の足かせになってしまうような印象を持つかもしれません。

しかし、それ以上に大手企業から大手企業への転職を希望する第二新卒にはメリットを感じている企業も多く、むしろ大手企業からの転職を希望する第二新卒を積極的に採用しようとしていることもあるようです。

大手企業だからこそ第二新卒の採用に力を入れているケースもある

中小企業とは異なり大手企業は資本金等の体力面で余裕がありますので、そのような背景から第二新卒の採用にも力を入れているケースがあります。

大手企業から中小企業は即戦力として転職するものですが、大手企業から大手企業はポテンシャル採用として転職するケースが多々あります

 中小企業では費用面でなかなかポテンシャル採用に対応できないものですが、大手企業であれば費用面でも余裕がありポテンシャルを感じられる第二新卒を採用しようとするのです。 

同業他社の大手企業であれば教育コストの削減なども期待されている

第二新卒の転職の中でも意外と優遇されているのは、同業他社から転職してくる人材です。

同じ業界からの転職は第二新卒であっても、これからの戦力になると考えられ、積極的に採用されている傾向にあります。

同業他社の第二新卒であれば、主に教育面でのコストカットが期待されて採用される可能性があります。

完全に他業種の大手企業から転職してくる場合、どのような業界であるのかどうしても教育しなければならない部分が出てきてしまいます。

転職活動においてある程度の情報を入手しているはずですが、もちろん不完全な部分もありますのでそれを補うための教育が必要となってしまいます。

しかし、同業他社の第二新卒であればこのような部分が削減できるため、コスト面でのメリットも大きいと判断され大手企業から大手企業への転職は特に同業他社で歓迎されていることがあります。

第二新卒は本当に大手企業に転職するべきかを考える

転職は思い立った時にやるべきであることは述べましたし、悩むぐらいであれば転職した方が良いケースも多々あります。

しかし第二新卒が転職をする場合、少し考えてから転職しなければならないこともあります。

通常の転職とは異なり第二新卒とは特殊な状況を指していて、人生の中でも第二新卒としてひとときだけです。

そのため転職の中でも第二新卒での転職を考えているのであれば考えなければならないことがありますので、大手企業への転職を希望する前に考えるべきことをご説明します。

なぜ大手企業への転職を考えているのか

なぜ大手企業への転職を考えているのかを明確にしてみましょう。

例えば考えられる理由には以下のものがあります。

  • 入社してみたら事前情報と業務内容が大きく異なった
  • どうしてもやりたいことが見つかった

これらは一例ではありますが、大手企業へと転職したいと考える理由について明確にし、本当にその理由で転職活動を進めても後悔をしないかは考えなければなりません。

現職のブランド価値を捨てる気持ちを持てるか

現在の会社に対するブランド価値を捨てられるかどうかも考えてみましょう。

大手企業に限らず会社には何かしらのブランド価値がありますので、大企業中小企業にかかわらずそのブランドを誇りに思っている人はいるはずです。

第二新卒で大手企業と転職するのであればブランド価値は上がると思うかもしれませんが、その捉え方は人それぞれです。

転職を考えているのであれば現在のブランド価値にあまり未練はないと思われますが、転職前にはよく考えておきましょう。

大手企業らしい働き方や人事評価は自分にあっているか

大手企業に転職するのであれば大手企業らしい働き方や評価制度について理解しておかなければなりません。

ベンチャー企業などと比較すると大手企業は勤務時間の制限が厳しい傾向にあり、フレックス制が採用されていてもコアタイムが比較的長く設定されているなどの特徴があります。

また、評価に関しては効率よく働けたかどうかではなく、年功序列制度が強いこともありますので、その点も受け入れられるかは重要です。

大手企業らしい働き方はベンチャー企業などとは大きく異なり、メリットもデメリットもある点は知っておいてもらいたいことです。

自分のキャリアプランを大手企業で実現できるか

自分のキャリアプランを大手企業で実現できるか

大手企業への転職を希望するのであればキャリアプランについても考えなければなりません。

ベンチャー企業になると比較した場合、大手企業でのキャリアアップは時間が必要となりやすく、年功序列となっていることもあります。

また、自分がどのような道に進むのかということも、大手企業ではある程度制限されてしまうことがあり、キャリアプランの中で決まった道を進まなければならないこともあります。

転職するのであれば可能な限り自分のキャリアプランを実現するべきです。

全てが自分の思い通りに進むことはありませんが、思い描くキャリアプランをできる可能性のある企業に転職するのが良いでしょう。

 大手企業には固有の働き方がありますので、そのような働き方でキャリアプランを実現できるか、その面で後悔をしないかはよく考えましょう。 

スポンサードサーチ

第二新卒が大手企業へ転職するときに注意するべきこと

第二新卒が大手企業に転職する場合注意しなければならないことがあります。

この意識が欠如していると転職で失敗してしまう可能性もありますので、必ず気をつけておきたいことについてご説明します。

転職するタイミングとスケジュールを見極める

転職するタイミングとスケジュールを見極める

転職するタイミングとスケジュールは特に重要で、ここに注意をして転職の計画を立てなければなりません。

大手企業は第二新卒を採用している傾向にはありますが、通期で第二新卒を採用しているわけではありません。

大手企業にも採用計画がありその計画に沿って採用されていますので、転職するタイミングを間違えてしまうと大手企業の求人があまり出ていないということも考えられます。

求人の種類が少なくなってしまうと転職を成功させられる可能性も低下してしまう可能性があり、求人の多いタイミングで転職するように注意しなければならないのです。

どの時期に求人が出されるのかは差がある部分ではありますが、新卒ではなく中途採用に分類されますので、全ての企業で同じように求人が出ることはありません。

ただ、第二新卒を含め求人が減りやすい時期はあり、それが大手企業が新卒を採用した後の5月や10月です。

 これらの時期には十分な数の新卒が入社しますので、あえて第二新卒向けの求人を出さない傾向にあるため、言い切ることはできませんが避けるべき時期です。 

間違った時期をターゲットに転職活動を進めてしまうと、求人の数が少なく思うように転職できない可能性があります。

短い第二新卒のタイミングでそのような状況に陥ってしまうのは避けたいことですので、求人の少ないタイミングを理解して、それを避けるようなスケジュールで転職活動を進めることが理想的です。

転職理由をポジティブで明確にする

転職理由をポジティブで明確にする

転職理由はポジティブで明確にしておくことが重要です。

転職活動において志望理由は必ず問われることであり、求人に応募する段階でも問われ、面接でも問われることが大半です。

それぐらい転職活動で重要視されている事項ですので回答内容には注意をしなければなりません。

第二新卒の場合には転職理由をよりポジティブで明確にしておかなければなりません。

例えば「新しく立ち上げた○○事業に興味があり活躍できると考えた」「△△という制度で働くと自分の魅力をもっと発揮できると考えた」など前向きなものです。

新卒で入社してから早い段階で転職に踏み切るわけですので、どのような理由で転職するのかは特に気にされる部分であり意識して回答すべき部分です。

複数の大手企業で並行して転職活動を進める

複数の大手企業で並行して転職活動を進めることを意識して、ひとつだけの企業に絞って転職活動を進めることは避けるように注意しましょう。

どうしても転職したい企業がある場合、その企業に絞って転職することも考えられますが、その企業への転職に失敗してしまうと戻る道がなくなってしまうことも考えられます。

そのような危険性を排除するためにも、複数の企業での転職活動を進めて第一志望への転職が叶わなかったとしても、何しようへの転職なら可能であるという状況を作った方が良いのです。

どんなに必死に転職活動を進めたとしても、企業との相性はありますので失敗することはあるため、そのような場合も考えて複数の企業を視野に入れながら、転職を進めるように注意しなければなりません。

転職エージェントのサポートを受ける

転職エージェントのサポートを受ける

大手企業の転職活動するにあたり転職エージェントのサポートを受けましょう。

無料で利用できるものが大半ですので、第二新卒でも気軽に利用できて、転職に関する様々なサポートを受けられます。

例えばサポートを受けられる内容には以下のものがあります。

  • 第二新卒向け求人の検索
  • 非公開求人の紹介
  • 社内の状況などの口コミ提供

数ある求人の中でも転職エージェントを利用すると自分に適したものを紹介してもらえるなどのメリットがありますので、第二新卒でも積極的に利用するべきです。

大手企業への転職を目指す第二新卒が失敗してしまう例

大手企業の転職を目指す第二新卒は少なくありません。

しかし、何かしらの理由で転職に失敗してしまうこともありますので、その理由についてご説明をしていきます。

第二新卒に最低限求められていることができない

第二新卒に最低限求められていることができない場合、企業側に採用するメリットがありませんので転職に失敗してしまう可能性があります。

大手企業が第二新卒を採用する理由は様々ですが、例えば教育コストを削減できるなどの理由が考えられます。

この例の場合、ビジネスマナー研修などを受けなくとも仕事ができることが第二新卒には求められていますので、これができなければ採用される可能性は低くなります。

他にも同業他社への転職であれば、最低限の業界知識を持っていることが求められているものです。

そのため、これらの知識が無ければ、企業側のメリットが少なくなってしまい第二新卒といえども採用されない可能性が高くなってしまいます。

志望動機やキャリアプランなどに一貫性がない

転職活動で重用意されることは志望動機やキャリアプランであることを上記ではご説明しました。

第二新卒であれば志望動機も特に重要視されますので、これに一貫性が無ければ「考えがまとまっていない人」として面接で落とされてしまう可能性があります。

基本的には自分の想いに沿って志望動機やキャリアプランは考えるべきですが、面接などで矛盾を指摘されないためにも一貫性があるかどうかにも注意しなければなりません。

一貫性がないことを指摘されてボロが出てしまい、面接で失敗した結果大手企業への転職が実現できなかったようなこともよく見受けられることです。

転職にあたりネガティブな発想が多い

志望動機や前職を辞める理由など転職に関連する事項でネガティブな発想が多いと転職に失敗してしまう可能性があります。

確かに「入社してみたら自分のやりたいこととは異なった」「上司がパワハラを繰り返し働きたくなくなった」などのネガティブな理由で転職活動をする第二新卒もいます。

これらの理由によって転職活動を開始するのは悪いことではありませんし、むしろそのような人も多いため心配する必要は無い部分です。

ただ、そのような発想ばかりであると採用する側も「ポジティブな理由で我社の求人を選んでくれたのではないのか?」と疑問が生じてしまいます。

疑問が生じると解決しない限り面接官などに不安感を抱かせることとなり、結果的には転職が失敗する理由になりかねません。

スポンサードサーチ

対策をすれば第二新卒も大手企業へ転職できる

第二新卒であっても、適切な対策をすることによって大手企業へ転職できます。

言い換えると、第二新卒という特定の価値があったとしても、対策をしなければ転職が成功する可能性は下がってしまいます。

第二新卒の需要が高まっているとはいえども、大手企業は第二新卒であることだけを理由に採用はしていないのが現状です。

準備さえすれば大手企業への転職も難しいものではありませんので、計画的に転職を進めていくことを意識してみましょう。

※ なお、「できるだけ年収をあげたい」「第二新卒の転職を成功させたい」なら、ハイクラス求人 ビズリーチ【最速転職】第二新卒エージェントneo や憧れの戦略コンサルキャリアへ転職したい方はSTRATEGY:BOOTCAMPなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチ年収600万円以上の案件のみを扱っています。

 

2【最速転職】第二新卒エージェントneoなら優秀なエージェントが最速で第二新卒の転職を成功させます。

 

3STRATEGY:BOOTCAMPなら戦略コンサルティングファームへの転職が可能です!

0 Shares

特集記事

第二新卒が利用すべき転職サイトやエージェントはどれ!?おすすめ12選

第二新卒が利用すべき転職サイトやエージェントはどれ!?おすすめ12選

第二新卒・転職
2019.11.11
第二新卒の転職で失敗する5つの理由と成功する7つのコツを徹底解説!

第二新卒の転職で失敗する5つの理由と成功する7つのコツを徹底解説!

第二新卒・転職
2019.10.31
就職以外の道!?海外大学院への進学とは

就職以外の道!?海外大学院への進学とは

コラムを読む
2019.07.29
就活における留年は不利?人事のプロが語る就職留年の本音を公開!

就活における留年は不利?人事のプロが語る就職留年の本音を公開!

コラムを読む
2019.07.03
第二新卒と呼ばれるのはいつまで?入社の難易度や注意点は?

第二新卒と呼ばれるのはいつまで?入社の難易度や注意点は?

第二新卒・転職
2019.07.02
就職に不利?低学歴の意味や特徴を理解しよう

就職に不利?低学歴の意味や特徴を理解しよう

コラムを読む
2019.07.02
ベンチャー企業への就職は失敗?ベンチャー企業で起こるトラブルとは

ベンチャー企業への就職は失敗?ベンチャー企業で起こるトラブルとは

就活Tips
2019.06.16
商社への就職|仕事内容や就活へのポイントをまとめて解説

商社への就職|仕事内容や就活へのポイントをまとめて解説

就活Tips
2019.05.29

Globyの公式LINEでできること

あなたに一番合った就活サービスや最新イベントがわかる
ES添削や面接練習、キャリア相談など様々なニーズに合わせてあなたに
ピッタリの就活サービスをGlobyが自信を持ってお勧めします。また、
なかなか出会えない旬の留学生向け就活イベントを随時ご紹介します。
今一番読みたい記事がお勧めしてもらえる
事前のアンケートをもとに興味・関心に合った記事をご案内します。
またLINEで読みたい記事のキーワードを入力すると、その検索結果に
合った記事をお送りします。
選考体験談を無制限に読むことができる
公式LINEに登録すると企業ごとのリアルな選考体験談を制限なく
読むことができます。
Globyの公式LINEでできること

特集記事

第二新卒が利用すべき転職サイトやエージェントはどれ!?おすすめ12選

第二新卒が利用すべき転職サイトやエージェントはどれ!?おすすめ12選

第二新卒・転職
2019.11.11
第二新卒の転職で失敗する5つの理由と成功する7つのコツを徹底解説!

第二新卒の転職で失敗する5つの理由と成功する7つのコツを徹底解説!

第二新卒・転職
2019.10.31
就職以外の道!?海外大学院への進学とは

就職以外の道!?海外大学院への進学とは

コラムを読む
2019.07.29
就活における留年は不利?人事のプロが語る就職留年の本音を公開!

就活における留年は不利?人事のプロが語る就職留年の本音を公開!

コラムを読む
2019.07.03
第二新卒と呼ばれるのはいつまで?入社の難易度や注意点は?

第二新卒と呼ばれるのはいつまで?入社の難易度や注意点は?

第二新卒・転職
2019.07.02
就職に不利?低学歴の意味や特徴を理解しよう

就職に不利?低学歴の意味や特徴を理解しよう

コラムを読む
2019.07.02
ベンチャー企業への就職は失敗?ベンチャー企業で起こるトラブルとは

ベンチャー企業への就職は失敗?ベンチャー企業で起こるトラブルとは

就活Tips
2019.06.16
商社への就職|仕事内容や就活へのポイントをまとめて解説

商社への就職|仕事内容や就活へのポイントをまとめて解説

就活Tips
2019.05.29