【後悔しない】大企業から中小企業への転職とは?

大企業といえば安定していて給与も比較的高いため、転職があまりメリットにに感じない人もいるでしょう。しかし、大企業から中小企業へ転職をする人も一定数います。

大企業から中小企業へ転職する時に役立つ、後悔しないための考え方をご紹介します。

スポンサードサーチ

目次

大企業から中小企業への転職で後悔しないために押さえるべき「転職を考える理由」

まずは、大企業から中小企業へ転職を考える理由についてご紹介しましょう。

大企業から中小企業への転職で後悔しないために押さえるべき「転職を考える理由」1:同期が多すぎて出世が難しい

一番に挙げられるのが、出世競争の厳しさでしょう。

1,000~2,000人規模の採用を行う場合もあるため、同期の中でも抜きん出ることが難しく、さらに役職がもっと上の年齢層で詰まっている場合は自分が思い描いていたよりも昇進が遅れる、あるいは昇進ができないことが予想できる場合もあります。

 

出世競争に勝つために上司にゴマをするなど、業務とは関係のないことに時間を割くことが得意ではないタイプ、あるいは失敗が響いて今後ずっといても昇進が見込めないなどの場合は大企業から中小企業への転職を考える場合もあるでしょう。

 

大企業から中小企業への転職で後悔しないために押さえるべき「転職を考える理由」2:仕事の範囲が予想以上に狭かった

 

数万人規模などの大企業の場合は、効率を上げるために業務範囲が細かく縦割りで分かれているケースもあります。

自分が予想している以上に業務の範囲が狭く、その業務範囲をやれるようになるには昇進が必要だけれども後5年は昇進が無理ということもあるでしょう。

 

年齢的に転職できるタイミングをその前に迎えてしまうということであれば、中小企業に行って昇進する道を選ぶという道も検討したくなるものです。

 

大企業から中小企業への転職で後悔しないために押さえるべき「転職を考える理由」3:スピードが遅い

 

大企業の場合は申請などの方法がすべてきっちりとルール化されており、自分の2つ上の上司に通すまでは2週間かかるということもザラにあります。そうこうしているうちに他社に先を越されてしまってチャンスを逃した経験がある人や、その業界の他企業を比べてもスピード感が遅く、会社の将来が不安という人もいるでしょう。

いくら訴えてもスピード感が変わらないという場合は、もっとコンパクトな組織で働きたいと考え、大企業から中小企業に転職を検討する人もいるはずです。

以上3つの理由が、主に大企業から中小企業へ転職を検討する理由です。

 

最速で転職したい方へ

※ なお、「できるだけ年収をあげたい」「新卒1年目の転職を成功させたい」なら、ハイクラス求人 ビズリーチ【最速転職】第二新卒エージェントneo や憧れの戦略コンサルキャリアへ転職したい方はSTRATEGY:BOOTCAMPなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチ年収600万円以上の案件のみを扱っています。

 

 

2【最速転職】第二新卒エージェントneoなら優秀なエージェントが最速で第二新卒の転職を成功させます。

 

 

 

3STRATEGY:BOOTCAMPなら戦略コンサルティングファームへの転職が可能です!

 

 

 

 

大企業から中小企業への転職で後悔しないためのヒントその1:大企業から中小企業は転職しやすい?

 

大企業から中小企業への転職した人の写真

では、実際に転職をしようと考えた場合、大企業から中小企業への転職が有利なのかという点についてまとめます。

大企業から中小企業への転職は基本的には有利といえます。

なぜなら一定以上の能力を持っている人と認識されるためです。

大企業では筆記試験で一般的な知識を備えていることを測り、面接などで多くの方を絞り込んだ上で採用を決めています。

 

名の知れた大企業であれば、採用活動をしっかり行っており一定以上の能力を持っていることが証明されているも同然であるため、有利といえるのです。

また、大企業で得た知見を自社にもたらしてくれるという定性的なメリットもあるため、採用に前向きになる企業も多いでしょう。

 

ただ、大企業のデメリットとして職務の範囲が転職先企業よりも明らかに狭い場合は、能力面や適性に不安を持たれることもあります。

また、スピード感が合わないことや、前例がないことへのチャレンジ精神などが不足している可能性を疑われることもあるでしょう。

 

大企業から中小企業に転職する場合は、このデメリットと感じられる部分をカバーできるエピソードを用意して、転職活動に臨むようにしてください。

第二新卒での転職は以下の記事もあわせてご覧ください。

第二新卒の就活は厳しいのか?理由やメリット・成功への道を解説

【必勝】第二新卒の就活成功法を、留学経験者と非留学経験者に向けて徹底解説

 

スポンサードサーチ

大企業から中小企業への転職で後悔しないためのヒントその2:大企業から中小企業に転職する時のメリット

 

では次に大企業から中小企業に転職する時のメリットについてご紹介します。

 

大企業から中小企業への転職で後悔がなくなるメリット1:昇進しやすくなる

 

大企業から中小企業に転職する場合これまでの知見を価値に思われる、あるいは役職がついていないけれども教育担当を任されていたなどの実績があることで昇進できる可能性はかなり上がります。

大企業のまま転職しなければ、5~10年昇進できない可能性もあるでしょう。そう考えるとタイミングによって転職を優先的に考える必要も出てくるかもしれません。

 

大企業から中小企業への転職で後悔がなくなるメリット2:担当できる業務範囲が広がる

 

大企業に比べて中小企業の方が個人が関わる範囲が大きくなるため、これまで担当していた業務範囲よりも広い分野を見られる可能性が高いです。

覚えられることも増えるため、やりがいを感じる、あるいは次の転職に有利に働くこともあるでしょう。

 

大企業から中小企業への転職で後悔がなくなるメリット3:活躍のシーンが増える

 

中小企業であれば大企業に比べて圧倒的に従業員数が少ないですから、上司の覚えも良く「この仕事をやってみないか」という声かけも発生しやすくなります。

そうなれば自分が活躍できるシーンは大企業にいる時よりも広がるはずです。

 

大企業から中小企業への転職で後悔がなくなるメリット4:トップと近い

 

大企業ではある程度の地位にいない限り、トップ=経営陣と話す機会はないといえます。しかし、中小企業であればトップとの距離も近く、事業についての意見を聞ける可能性も高いです。

自分の普段行っている仕事と事業がどのように関わっているのか、その関連性が見えて仕事が楽しくなるなどのメリットもあります。

 

大企業から中小企業への転職で後悔がなくなるメリット5:稟議などが減りスピード感が増す

 

大企業では欠かせない大量の稟議も、人数によりますが中小企業の場合はすぐトップに持っていくことも可能です。

起案したことにすぐGOが出て、翌週からプロジェクトがスタートするというスピード感で動くこともできるかもしれません。

 

大企業から中小企業に転職して後悔するポイント

 

では次に、大企業から中小企業に転職して後悔するポイントをご紹介します。

 

大企業から中小企業に転職して後悔するポイント1:福利厚生の不足

 

まずは福利厚生の不足です。

基本的に大企業の場合は福利厚生が充実しているため、一般的な中小企業に比べると自由に使えるお金が減る可能性もあります。

例えば住宅手当、無料の社員食堂、旅行先の旅館の割引、スポーツジムの割引など、生活費をかなり浮かせることのできる福利厚生が充実しているのです。

 

そのため、転職によって給料が仮に変わっていなかったとしても、自由に使えるお金が減ってしまうということもあるでしょう。

 

大企業から中小企業に転職して後悔するポイント2:労働条件の悪化

 

勤務時間や残業手当の基準は大企業に比べて中小企業の方が厳しい可能性が高いです。

大企業であれば実働時間が7時間でそれ以降は残業時間として手当が出るという場合もありますが、中小企業の場合は実働8時間で残業は40時間まで一律手当などの違いがあることも。

労働条件をよく確認し、実際年間でどのくらいの違いが出るのかを想定してから転職する必要があります。

大企業から中小企業に転職して後悔するポイント3:給料の減少

 

大企業の場合は中小企業に比べて、役職がついていなくても給料が比較的高いことも多いです。

しかし、中小企業の場合は役職がついている場合だけ高いということもあるため、自分がどの役職で入社でき、その役職から降格される可能性がどの程度あるのかなども確認しておく必要があるでしょう。

 

大企業から中小企業に転職して後悔するポイント4:事業スケールの小ささ

 

大企業と中小企業では、扱う事業スケールがもちろん違います。そのため、今までは数千億円を動かすプロジェクトに関わっていたのに、今は数千万などスケールダウンしてしまうことも。

ダイナミックさがなくなってしまうことに対して自分がどう思うのかは、よく考えてから転職を検討する必要があります。

 

大企業から中小企業に転職して後悔するポイント5:人材教育体制の不足

 

大企業は教育するための予算をしっかり確保していることがほとんどですが、中小企業はキャッシュフローを考えるとそこまでの予算を確保することが難しい場合もあります。

充実していた教育の分を今後自分で受講しようとすると、とんでもない出費になってしまいます。

そのため、スキルアップができないという可能性も出てくるのです。

 

どこまで自分が教育制度の充実に価値を感じているのかはよく確認しておきましょう。

ベンチャーの転職については以下の記事をご覧ください。

【本音で語る】ベンチャー転職で、後悔する理由を、元ベンチャー企業人事が徹底解説!

【完全解説】ベンチャー転職で失敗!成功する人と、失敗する人の違いとは?

スポンサードサーチ

大企業から中小企業に転職で後悔しない考え方

大企業から中小企業への転職で後悔した人

では最後に大企業から中小企業へ転職する時、後悔しない考え方をご紹介します。

 

大企業から中小企業への転職で後悔しない考え方1:制度はこれから変えていけばいい

 

まず、大企業からの転職者が中小企業に一番不満を持つ可能性が高いのは、制度が整っていないことです。

別のものを得るために転職した訳ですから、何かがなくなるのは当たり前。

中小企業には優先すべきことがあるため、「これから自分が会社を大きくして制度を充実させていこう」という考えを持つようにするといいでしょう。

 

ないものねだりをしていてはどの企業にいっても不満が先に立ち、成長を阻害します。

不満を持たないマインドに切り替えて転職をすると、今後のキャリアを花開かせてくれる可能性があります。

 

大企業から中小企業への転職で後悔しない考え方2:相性がいいかをよく確認する

 

中小企業は大企業とは違って人数が少ないです。

そのため、相性が合わないなと感じてしまったとしても異動をするという逃げ場がない場合もあります。

大企業であれば配置転換できますが、人数の少ない中小企業の場合はその場にい続けるしかないことも。

 

全員と相性が合うということは考えにくいですが、会社の雰囲気や理念・仕事の方針などが自分と合うかどうかはよく確認しておくべきでしょう。

 

大企業から中小企業への転職で後悔しない考え方3:一瞬の待遇の悪さよりもキャリアプランを優先する

 

大企業から中小企業へのキャリアチェンジをした場合、一瞬の待遇の悪さに目が行きがちですが、その後のキャリアプランを重視することの方が大切です。

例え数年間待遇が悪かったとしても数年後に役職者になれる、あるいは自分が思い描いていた理想の転職を叶えるステップになるかもしれません。

 

自分が考えているキャリアプランの将来を見据えて手前のことに一喜一憂しないようにしましょう。

 

大企業から中小企業への転職で後悔しないために

大企業から中小企業へ転職を考えている人は、「辞めてから後悔したらどうしよう……」と考えてなかなか踏み出せないこともあるでしょう。

しかし、転職にはタイミングがありますから、チャンスを逃さず転職することも大切です。

 

転職前に今回ご紹介したような後悔しない考え方を身につけておき、中小企業のメリットを最大限に享受して、自分のキャリアを充実したものにしていきましょう。

転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。
理由としては、転職サイトでは求人応募が多くなりすぎる傾向にあるため、転職エージェントに任せないとうまく採用できないことを知っているためです。
転職サイトなどにも登録していることがまれにありますが、ヘッドハンティングのために登録しており、職歴がマッチしているような候補者のみに声をかけるため、確率が下がる傾向にあります。
転職エージェントを活用して、転職エージェントを活用するようにしましょう。
また、転職エージェントは、内定に至るまでに様々なサポートを行ってくれます。
履歴書や職務経歴書の添削、模擬面接などのサポートを活用することで、より内定を獲得できる可能性が上がります。
積極的に転職エージェントを活用し、内定を獲得を目指しましょう。

 

 

最速で転職したい方へ

※ なお、「できるだけ早く転職したい」「第二新卒の就活を成功させたい」なら、

ハイクラス求人 ビズリーチ【最速転職】第二新卒エージェントneo や憧れの戦略コンサルキャリアへ転職したい方はSTRATEGY:BOOTCAMPなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチ年収600万円以上の案件のみを扱っています。

 

 

2【最速転職】第二新卒エージェントneoなら優秀なエージェントが最速で第二新卒の転職を成功させます。

 

 

 

3STRATEGY:BOOTCAMPなら戦略コンサルティングファームへの転職が可能です!

 

 

 

 

 

0 Shares

このカテゴリーの人気記事

最後の関門!バッググラウンドチェックとは?-調査項目や注意点を解説

帰国子女は日系企業に馴染むのが難しい?その理由とおすすめの企業

アクセンチュアの新卒採用スケジュールや対策をまとめてご紹介!

Related Posts