【本音で語る】ベンチャー転職で、後悔する理由を、元ベンチャー企業人事が徹底解説!

ベンチャー転職で後悔している人

「ベンチャーに転職したけど、後悔している」
「ベンチャーに転職したいけれど、周囲から後悔するぞ」と脅されて二の足を踏んでいる。

ベンチャー転職は、覚悟をもって行わないと後悔する可能性が非常に高いです。

私は約1年間程度、ベンチャー企業の人事を経験し、その後、大企業の人事に再就職した経験があります。

大企業では10年ほど人事の仕事を勤続できたにも関わらず、ベンチャー企業では1年しか耐えることが私はできませんでした。

ベンチャー企業で実際に後悔をして退職をしていった実例を交えながら、今回は、ベンチャー企業をしたけれど、後悔してしまう理由と、その対処法について徹底解説させていただきます。

 

最速で転職したい方へ

※ なお、「できるだけ年収をあげたい」「優良ベンチャーに転職したい」なら、ハイクラス求人 ビズリーチ【最速転職】第二新卒エージェントneo や憧れの戦略コンサルキャリアへ転職したい方はSTRATEGY:BOOTCAMPなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチ年収600万円以上の案件のみを扱っています。

 

 

2【最速転職】第二新卒エージェントneoなら優秀なエージェントが最速で第二新卒の転職を成功させます。

 

 

3STRATEGY:BOOTCAMPなら戦略コンサルティングファームへの転職が可能です!

 

 

スポンサードサーチ

目次

安易にベンチャー転職しても、後悔するだけ。後悔実例トップ5

ベンチャー転職を後悔して叫ぶ人

安易にベンチャー企業の転職する人の特徴として、そもそもベンチャー企業の性質そのものを理解していません。

・給料が下がって後悔
・労働時間が長すぎて後悔
・成長したいと口では言っているのに、実際に転職したら受け身で失敗
・幻想を抱いて、実態を知って後悔
・思ったよりも仕事がなく、放置されて後悔

一言にベンチャー企業といっても、大きな落差があります。

本当にスタートアップバリバリの、営業活動の激しいベンチャー企業であれば若年層のうちは得るものが多いです。

もしも経営がうまくいっていないなどの問題に直面しているベンチャーだと、暇になっていしまっていることも多いです。
各項目について解説させていただきます。

 

ベンチャー転職後悔実例:給料が下がって後悔

ベンチャー企業は儲かっているときは、臨時賞与や決算賞与などを支給することもあります。

しかし、利益が出ていない段階では賞与の支給などは望めないため、大企業よりも給料が下がることもあり得ます。

そもそも論として、ベンチャー企業では、大きな収益が上がらないことも多く、臨時賞与支給アリと記載してあっても支給されないこともあり得ます。

特に大手出身者で、年に2回、大きな賞与が固定で支給されている人がベンチャーに転職すると、賞与の金額が思っていたよりも少なく、落胆するケースが非常に多いです。

対策としては、面接時にしっかりと賞与支給の有無については確認するようにしてください。

中途採用者がお金のことを質問するのは当たり前なので、遠慮せずに聞くようにしてください。

 

ベンチャー転職後悔実例:労働時間が長すぎて後悔

 

企業により大きく変わりますが、労働時間が長すぎて後悔するというケースもあります。

ベンチャーは仕事内容そのものが流動的で、残業時間が長い会社も存在します。

社長や役員が大企業出身者の場合、残業が全くないというケースも存在します。会社によって大きく異なる部分なので、面接時にしっかりと質問するようにしてください。

自由な雰囲気で仕事ができる、ということは悪い言い方をすれば公私のメリハリがついていないということでもあります。

労働時間は入社時に面接官から耐えきれるかどうかなどの質問が来る可能性もありますので、しっかりと確認するようにしてください。

ベンチャー転職後悔実例:成長したいと口では言っているのに、実際に転職したら受け身で失敗

ベンチャーに転職して成長したい、という方は多いですが、受け身の姿勢で仕事を教えてもらうというスタンスでは成長できず、後悔することになります。

自分で判断して、先回りして仕事ができるようにしてください。

受け身の姿勢で仕事をしていると周囲に置いていかれるため、非常に浮いた存在となってしまう可能性が高いです。
自ら積極的に動いて、仕事を先回りして判断していくクセをつけていく必要があります。

そうしなければ社内に生き残れなくなることもあり得ます。

 

ベンチャー転職後悔実例:幻想を抱いて失敗

 

ベンチャーに幻想を抱いて失敗する人も多いです。

例えば、仕事の自由度が高い、ということは仕事がうまくいけばかなり優遇されますが、失敗すればすべて自分の評価に跳ね返ってきます。

それだけ、ベンチャーでの仕事は大変だということです。

また、後悔する理由の一つとして、仕事環境が整備されていないという状況もあります。

特に大手出身者はあまりにも仕事環境が整備されておらず、愕然とすることも多いです。

大手なら、パソコンのセットアップから名刺の準備は会社の管理部門の方が行ってくれていたと思いますが、パソコンだけ用意されてあとは自分で設定して使いやすくするなど、創意工夫をするようにする必要があります。

全て自分でやるのだという意識を持たないと、精神的に疲弊します。

 

ベンチャー転職後悔実例:思ったよりも仕事がなく、放置されて後悔

 

仕事の繁忙の差が激しい場合もあります。

軌道に乗っている状態であれば、仕事が大量にあるため、嫌でも仕事量は増えます。

反対に、うまくいっていない場合には、仕事量が想像よりも少なく、仕事がなく放置されてしまう可能性も高いです。
バリバリ仕事をするぞ、と意気込んで入社して実際に入社してみると、まったく仕事量がなくなっていて、後悔するというケースもあります。

 

ベンチャー転職の後悔を防ぐには?:大手在籍者は、ベンチャー転職のリスクを深く考えよう。

ベンチャー転職リスクについて考える人

大手在籍者の方の場合には、ベンチャー転職のリスクについてよく考えないと後悔します。

大企業ほど新卒一括採用の風潮があり、一回退職をしてしまうと同レベルの大企業に戻れる可能性は低くなります。
特に製造業系の大手企業からベンチャーにいくと、片道切符になる可能性もあります。

大手といっても金融や、コンサルティング企業からベンチャーに行く場合は、人材流動性の高い業界なので戻れる可能性はあります。
安定した大手のメーカーから安易にベンチャー転職すると、まず同規模の製造業には戻れない可能性が高いので、避けた方がよいといえます。

自分のいまいる業界の立ち位置のレベルの企業に再度、戻ることができるのかどうかを慎重に考えるようにしてください。

日系の大手メーカーは新卒社員を特に大切にする傾向にあるため、戻れない企業も多いため、辞めて後悔しないようにしたほうが得策です。

 

ベンチャー転職で後悔しないためには以下の記事もあわせてご覧ください。

ベンチャー企業への就職は失敗?ベンチャー企業で起こるトラブルとは

【完全解説】ベンチャー転職で失敗!成功する人と、失敗する人の違いとは?

ベンチャー転職で失敗する人は多い?ベンチャー転職で失敗を回避する方法を人事が徹底解説!

 

スポンサードサーチ

ベンチャー転職の後悔を防ぐには?:自分の個性が活かせない職場にいくと辛い

 

ベンチャーでは自分の個性を活かせる会社で仕事をしないと、辛くなる可能性があります。

会社ごとに強烈な個性のある会社もあり、うまく会社に溶け込めると仕事そのものが楽しくなって好循環に入れる可能性が高いです。

反対に、まったく自分らしく働けない会社に入社してしまうと、ギャップなどからストレスがたまってうまく動けなくなる可能性があります。

自分自身の個性の活かせない職場で働くと、ベンチャーでは苦労する傾向にありますので、後悔しないようにしっかりと対策を立てるようにしてください。

 

後悔しないために一番簡単な、企業との相性の見抜き方

 自分自身のベンチャーとの相性を測るために、一番簡単な方法は、面接を受けた際に、社長のイメージをしっかりと掴むことです。

 ベンチャーでは大企業ほど縦割りの文化ではない上に、社員数も少ない会社もあり、経営者の考え方が現場にダイレクトに届きます。

 社長と合わないとベンチャー転職をすると失敗したと後悔してしまう可能性があります。
また、社長だけではなく他の経営幹部の経歴などもできるだけインターネットなどで調べるようにしてみて下さい。
大手企業出身者が経営陣に多く参入しているケースでは、ベンチャーといっても自由闊達な風土になっていない可能性が高いです。

理由としては、大手企業の出身者を迎え入れているということはある程度、企業として成熟段階に入っており、大手の手法を実験的に取り入れている可能性が高いです。

もしもベンチャーに入社して、自由な雰囲気や仕事の進め方を期待している方は、そうした企業は避けた方が無難であるといえます。

ベンチャー転職の後悔を防ぐには?:失敗しても後悔しないタフさも必要

仮に転職失敗しても後悔しないタフさもベンチャーでは、大切です。

ベンチャーでは、失敗する可能性が高いため、安易に転職しないほうがいいです。
しかし、実際のところ、転職してみるまで情報も少なく実態がわからないことが多いベンチャーでは、失敗しても後悔しないというタフさが必要です。

仮に失敗しても、リカバリーできるという状態を維持して、スキルアップを常に心がけるようにしましょう。

スポンサードサーチ

ベンチャー転職の後悔を防ぐには?:本当にやりたい仕事かどうか確認することも大切

ベンチャー転職の後悔を防ぐポイント

ベンチャー転職では、本当にやりたい仕事かどうか、転職前に職種と業種について理解を深めておく必要があります。

仮にメーカーの出身で、ITにいくと、カルチャーショックも大きくなることがあります。
メーカーでは割とのんびり仕事をしていて、同じ職種内容だったとしてもほとんど残業もなかったのに、ITにいくと残業が多くなったりします。

理由としては、メーカーは仕事の進め方を製造現場などに合わせて、統一して全体主義的に動く傾向にあるためです。

ITなどは個人の裁量が大きく、進捗確認などもすべて自分の責任で進めていく必要性があります。
ペースメーカー的な存在が社内にいないということもあり得ますし、仕事に関しては自己管理が必要です。

そうした部分も配慮しながら、業種と職種を慎重に見極めて転職しないと非常に厳しい状況に追い込まれます。

スポンサードサーチ

ベンチャー転職の後悔を防ぐには?:大手にいる人は、そこで成果を出せているかを徹底確認する

 

大手の会社に現在所属しており、まだ成果があまり出せていない人は、ベンチャーに転職すると後悔する可能性があります。

理由としては、大手の企業は仕事環境がベンチャーよりも整っており、仮に同じ職種の仕事であっても、成果がベンチャーより出やすいためです。

ベンチャーでは社内環境の整備などが追い付いていない会社も多いため、大手のように特定の仕事だけに専念できるというような環境ではない会社が圧倒的大多数です。

つまり、自分で仕事を軌道に乗せる必要があるため、大手に在籍している間に成果を出せていないと、転職後に苦労することになります。

転職後に、大手がどれだけ恵まれていたかを再認識する人は非常に多いです。

ベンチャー転職の後悔:裁量権が桁違いになるとは限らない。

ベンチャー転職の後悔、裁量権。

大手出身者が、ベンチャーでは大手にはない裁量権を持って仕事を進められるという幻想をもって転職するのですが、これも後悔することになりがちです。

ベンチャーといっても会社組織で、最終的な経営責任や仕事の進め方のかじ取りを行うのは社長や役員といった上役です。

一般社員でベンチャーに入社して、社長並みの権限を持って仕事をするということは、かなり難しいと言わざるを得ません。
実際に転職すると、社風自体は自由だけれど、仕事の進め方が曖昧でストレスがたまったり、明確ではない責任体制でないため、何をしているのかわからないという状態に陥ることもあり得ます。

つまり、ベンチャーに転職しただけで、裁量権が大幅にアップするわけではないということです。

過剰に裁量権の大きい仕事に憧れて転職しても、結局は組織のルールに従う必要があるため、期待しすぎると後悔することになる可能性があります。

スポンサードサーチ

ベンチャー転職の後悔:企業規模が小さくなっても仕事のストレスは変わらない

大手出身者で、社内のドロドロした人間関係に疲れてしまい、会社規模が小さくなればそうしたストレスと無縁でいられると転職してくる人も多いです。

しかし、実際のところ、企業規模の小さなベンチャーに転職すると、人間関係はもっと大変になります。

確かに、社員に若者が多いため、大手企業よりもあっさりした人間関係になることはあり得ます。
若手の社員が多いということはそれだけ社内にベテランが存在しておらず、すべて手探りで仕事をすることになります。
大手のベテランが存在する仕事環境とは全く異なり、仕事の進め方も聞けず、コミュニケーションをさらに取りずらい状態になります。

そんな状況下で、少人数の企業で仲の悪い社員が存在すると、それだけで仕事に支障が出ます。

大手では、大規模な組織改編などで人を異動させて社内の新陳代謝を活性化させる思い切った手段を使うことが可能ですが、ベンチャーで規模が小さいと人間関係は完全に固定されます。

そのような環境下で、人間関係のストレスが減る可能性は低いといえます。

自由で若者が多いから、仕事をしやすく人間関係が良いと安易にベンチャーに転職することは、後悔する結果を招くことになります。
人間関係の劇的な改善を求めて、ベンチャー転職をしないほうが良いといえます。

 

ベンチャー転職の後悔を防ぐには?:女性の方がベンチャーでは活躍しやすい傾向にある。

ベンチャー転職、女性の方が活躍しやすい

ベンチャーでは女性の方が活躍しやすい傾向にあります。

大手ではまだまだ男性中心の社員構成比率になっていることも多く、なかなか女性は昇格の機会に恵まれないことがあるためです。
大手では終身雇用の強い労働慣習が存在するため、基本的には、男性が60歳の定年まで勤めることを前提とした労働環境になっています。

ベンチャーでは正反対で、仕事のできる人が優先されるため、最終的な勤続できる長さよりもそのときそのときの仕事の頑張りで評価される傾向にあります。

正社員が60歳までの雇用の保証を行うために、男性有利になっているのが大手の特徴です。

反対に、成果で社員をその瞬間ごとに評価していくため、女性が有利になっているのがベンチャーとなっています。
仕事の評価に対する考え方の違いが、大きく異なります。
女性で出世してバリバリ仕事をしてみたいという場合は、ベンチャー転職を狙ってもよいといえます。

スポンサードサーチ

ベンチャー転職の後悔を防ぐには?:家族の理解を得られなくて後悔する人も多い

大手出身者でベンチャーに転職した人で後悔する傾向として、家族の支えがないということがよくあります。

自分自身は挑戦のために転職するといっても家族の視点から見ると、迷惑極まりないということが起こるためです。
大手出身者がそれほど残業もなく、土日は絶対に休みで給料も賞与も高く、安定した暮らしを家族が送れていたとします。

ベンチャーに転職すると、給料は下がって、ボーナスは支給されるかどうか分からない、しかも、まったく家に帰ってこないで残業ばかりしている。

家族サービスが出来ない状態に陥ると、途端に家族との関係がまずくなってしまいます。
家族からすると、安い給料で夫をこき使う、悪い会社にしかベンチャーは見えないということもあり得ます。
家族の理解を必ず得てから転職するようにしてください。

歴史の古く安定した中小企業からベンチャーに転職する場合も、同様です。
中小企業が用意できる待遇を用意できない、というベンチャーもあるため、慎重に転職を検討するようにしてください。

これまでは、ベンチャー転職で後悔するパターンについて解説させていただきました。

ここからは、ベンチャー転職で後悔しないために必要な要素について徹底解説させていただきます。

ベンチャー転職で後悔しないための、5つの大切なポイント

ベンチャー転職で後悔しないポイント

ベンチャーに転職して後悔しないためには、5つの大切なポイントがあります。
それは、以下になります。
・職種と業種への理解を深めること
・仕事だけにコミットできる状態であること
・家族の理解を得ること
・社長との相性を冷静に判断すること
・若者だらけの環境でも、やっていけるかどうかを確認すること
の5つです。
解説していきます。

ベンチャー転職で後悔しないためのポイント:職種と業種への理解を深めること

ベンチャー転職で後悔しないためには、転職先で自分が行う業種と職種への理解を深めるようにしておきましょう。

特に、これまでの職種の経験が、業種が変わると通用しない可能性があるためです。
仮に大手で、特定の職種に精通していたとしても、ベンチャーでは仕事の進め方が異なるため、同じ要領では仕事をできない可能性があります。

転職後にギャップに苦しまないようにするため、事前に会社の仕事の進め方などを面接の場で確認するように努めましょう。

ベンチャー転職で後悔しないためのポイント:仕事だけにコミットできる状態であること

ベンチャーに入社すると非常に忙しいため、仕事だけにコミットできる状態にプライベートもある必要があります。
独身者であれば、自分だけの生活なので挑戦しやすいといえます。

また、実家から仕事場に通えるという場合も、非常に有利であるといえます。
家賃負担が低ければ、それだけ給料が安い状態でも耐えることができますし、何年かベンチャーに勤務して粘れば出世の道も見えてきます。
仕事漬けになっても周囲から批判されない状態にできるだけもっていき、仕事に打ち込める環境を自分で用意すれば後悔する可能性は低くなります。

ベンチャー転職で後悔しないためのポイント:家族の理解を得ること

家族がいる場合、家族の理解を得ることが非常に重要となってきます。
先述した通り、特に安定した大手に勤務している場合、家族に理不尽な状況を味わわせる可能性があるためです。

ずっと残業漬けになって、家族との時間も取れず、しかも給料が下がるという状態に陥る可能性もあり得るということを家族に話すようにしておきましょう。

理解を得ることさえできれば、仕事に邁進することができるため、仕事で失敗したり、疲れたりしても家族のサポートを受けて仕事を頑張ることができます。

また、家族は客観的にあなたの状態を観察してくれています。

仕事があまりに合っておらず、辛い状況に陥っても、理解を示してくれる家族がいれば、これほど心強いことはありません。

ベンチャー転職で後悔しないためのポイント:社長との相性を冷静に判断すること

ベンチャーでは社長との距離感が非常に近いため、実は、社員同士の相性よりも社長との相性の方がよほど大切となることがあり得ます。
そのため、必ず社長の理念や仕事の進め方に共感できるかどうかを判断するようにしてください。

仕事を進めていくうえで、トップと考え方が合わないと強烈なストレスを抱くことになりがちです。

ベンチャー転職で後悔しないためのポイント:若者だらけの環境でも、やっていけるかどうかを確認すること

 ベンチャーは若者が多い傾向にありますが、その分、仕事の経験のない若者だけで仕事を進めていく状況に何度も陥ります。
30歳を過ぎてからベンチャー転職したいと考えている場合には、特に、20代の若者と一緒に仕事を進めていけるかどうかを念入りに確認するようにしてください。

仕事の経験が薄いため、思った以上に頼りなく、ストレスを抱えてしまうこともあり得ます。

また、自分自身が仮に20代だとしても、経験がない状況で、周囲を頼ることが難しい状態です。

若者が多い職場でも、自分はやっていけるという自信を持てるかどうかがキーポイントとなります。

 

スポンサードサーチ

ベンチャー転職の後悔を防ぐには?:ベンチャーは魅力的な部分も非常に大きい

ベンチャー転職の後悔しないためには?

ベンチャー企業は新しい製品や、これまで市場になかったものを世の中に送り出すことで、注目を浴びる可能性もあります。
仮に上場した場合には、株式によるストックオプションがあることもあります。

ニュースなどで頻繁に取り上げられる企業に勤務することができれば、非常に誇らしい気持ちになる、という方も多くいらっしゃいます。

それだけ、未知数の部分が多く、まだまだこれからの会社が多いということです。

これから伸びていく会社で働くか、安定した企業に留まるかは非常に悩ましい問題ですが、リスクをとった分だけ、年収などは後々、大きく伸びる可能性はあります。

リスクを受け入れることができれば、大きな魅力のある労働環境であることは間違いありません。

ベンチャー転職の後悔を防ぐには?:ベンチャーといってもメガベンチャーを目指す手もある

ベンチャー企業といっても、いわゆるメガベンチャー企業といわれるような従業員数も大企業に匹敵するようなベンチャー企業があります。

メガベンチャーといわれるところまで成長していると、すでに大手のような内部状態になっている可能性はありますが、それでも仕事の進め方などは、大手よりも自由で魅力的な可能性があります。

どうしても名前も知らないようなベンチャーにいくのが怖い、という場合は、メガベンチャーを目指してみることも一つの手かも知れません。

 

スポンサードサーチ

ベンチャー転職の後悔を防ぐには?:変化することを極力、恐れない姿勢を持つことも大切

ベンチャーでは、変化することを極力、恐れないことも大切です。

理由としては、仕事内容が流動的になることが多いため、変化を怖がる癖がついていると、仕事についていけなくなる可能性があるためです。

ベンチャーの仕事内容は、毎日のように変化していきますし、お客様のニーズの変化も激しい分野で勝負していることも多いです。
変化を恐れてしまうと、それだけチャンスが逃げる仕事環境になっていることも、多く、変化にどれだけ耐えられるかが大切です。

変化を楽しむ心をもって仕事を進めていくことが、ベンチャーでは大切なので、いろいろな仕事のやり方があるんだなと思える人であれば厳しい仕事でも乗り切っていくことができます。

それとは反対に、ルーチンワークをするのが好きだという方は、ベンチャーよりも大手や、安定した経営基盤を持った中小企業の方が向いているといえます。

安定しているけれど、仕事はつまらないからベンチャーという考え方で転職する人も多いですが、出来る限り、変化を楽しめる人間かどうかを自分自身で判断しておく必要があります。

 

ベンチャー転職の後悔を防ぐには?:安易に知り合いに頼ると後悔することになる

安易に知り合いの紹介で、ベンチャーに入社することは、危険です。

理由としては、もしも会社を辞めたくなった場合に、紹介した人のメンツをつぶしかねないためです。
入社する前はいい会社だと知人に聞いて転職してきて、実際に仕事をしてみたら全く自分に合った仕事ではなくてすぐに辞めたくなってしまう可能性もあります。

そうなると、再就職の活動が出来なくなってしまいます。
出来るだけ、自力で入社経路を見つけて入社するほうが、後々のことを考えるとよいといえます。

後悔ないためにも、安易に知り合いに頼ってベンチャーに入社するのは避けるようにしましょう。

ベンチャー転職の後悔を防ぐには?:後悔するかしないかは、考え方次第

ベンチャーに転職した女性

ベンチャーで後悔するかどうかは、考え方次第で決まる部分も大きいです。
リスクをとっているのだから金銭的な見返りが欲しい、という方もいれば、自由な環境に憧れている方もいらっしゃると思います。

いずれにしても、後悔をしないためには、まずは考え方を変えて覚悟を決めることが大切です。

新しい製品を社会に向けて発売して、それがどれだけ受け入れられるかわからない状態で、ベンチャーは勝負しています。
そうした未知数の部分に対して、どれだけ魅力を感じることができるのかという部分や、自分の個性を発揮した仕事ができるのであれば、多少のことは我慢できるし後悔しないといった考え方も大切です。

結局、行動したほうが後悔は少なく、やってみてダメだったらまた再度新しい職場を求めればいいという思い切った考え方も必要です。
特に20代や30代前半の若者であれば転職そのものは非常に容易なので、若ければリスクは低いと考えても差し支えありません。

自分の中で、後悔しないように、しっかりと転職の軸を決めて転職活動を行うようにしてみて下さい。
後悔するかしないかは、結局のところ、自分次第という部分も非常に大きいです。

 

ベンチャー転職の後悔を防ぐには?:ベンチャー転職では、積極的に転職サイトの活用をしよう。

 

ベンチャー転職を行い場合、積極的に転職サイトを活用することをおススメいたします。

理由としては、ベンチャー企業は転職サイトを活用して採用を行うことが多いためです。
転職エージェントは、転職エージェント経由で内定を出すと年収の30%程度を、転職エージェントに支払う必要があります。

仮に年収400万円で採用したとすると、単純に採用経費が120万円かかってしまいます。
転職サイトであれば料金プランによっては18万円程度で求人を行うことも可能なので、まだまだ採用経費が潤沢でないベンチャーでは重宝されています。

また、それだけではなく、転職希望者側からみても、大きなメリットがあります。
転職サイトでは、自分の好きなタイミングで転職活動をすることが可能な点です。

転職エージェントの場合には、どうしても転職エージェントに連絡を取って求人応募をお願いする手間があるため、時間がかかってしまいます。

転職エージェントでは、スピードに難があるいうことですね。

反対に、転職サイトではいい求人を自分で発見できれば、すぐに面接までたどり着くことができます。

転職エージェントを活用すると、どうしても、採用経費面から考えても優秀な人材を絶対に採用したいという心理に採用側は陥りがちになります。

転職サイトであれば、求人広告に関して費用負担感が低いため、採用ハードルを下げることもできます。

積極的に転職サイトを活用することで、希望するベンチャーに転職できるようにしてみましょう。

 

最速で転職したい方へ

※ なお、「できるだけ年収をあげたい」「優良ベンチャーに転職したい」なら、ハイクラス求人 ビズリーチ【最速転職】第二新卒エージェントneo や憧れの戦略コンサルキャリアへ転職したい方はSTRATEGY:BOOTCAMPなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチ年収600万円以上の案件のみを扱っています。

 

 

2【最速転職】第二新卒エージェントneoなら優秀なエージェントが最速で第二新卒の転職を成功させます。

 

 

3STRATEGY:BOOTCAMPなら戦略コンサルティングファームへの転職が可能です!

 

 

94 Shares

このカテゴリーの人気記事

第二新卒でアクセンチュアに転職するには?

第二新卒と呼ばれるのはいつまで?入社の難易度や注意点は?

【本音で語る】ベンチャー転職で、後悔する理由を、元ベンチャー企業人事が徹底解説!

Related Posts