ベンチャー転職で失敗する人は多い?ベンチャー転職で失敗を回避する方法を人事が徹底解説!

ベンチャーに転職してみたい。
ベンチャーって、いったいどんな仕事をするんだろうか。
給料は高いのだろうか。
不安になりますよね。
でも、大丈夫です。
私はこれまで約10年間、人事で採用担当を行ってきました。
創設3年以内の急成長中のベンチャーでも、採用担当を経験したことがあります。
今回は、ベンチャー企業に転職する方法を徹底解説させていただきます。

※ なお、「できるだけ年収をあげたい」「優良ベンチャーに就職したい」なら、ハイクラス求人 ビズリーチ【最速転職】第二新卒エージェントneo や憧れの戦略コンサルキャリアへ転職したい方はSTRATEGY:BOOTCAMPなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチ年収600万円以上の案件のみを扱っています。

 

2【最速転職】第二新卒エージェントneoなら優秀なエージェントが最速で第二新卒の転職を成功させます。

 

3STRATEGY:BOOTCAMPなら戦略コンサルティングファームへの転職が可能です!

 

 

スポンサードサーチ

目次

ベンチャー転職で失敗しないために:成長中のベンチャーには、高学歴な人材や、大企業出身者が存在する。

増収増益をしているようなベンチャーには、大企業出身者や高学歴な人材が存在しています。

大企業で優秀だった人が、必ずしも転職してきているわけではありませんが、大企業出身者や、高学歴な人材はベンチャーでは優遇される傾向があります。

理由としては、急成長のベンチャーでは、仕組みを作るために、大企業出身者に仕事の進め方を決めて教えてほしいと考えている企業も存在しているためです。

創業して間もないスタートアップ段階では、とりあえず儲かっていればいいと考えて、儲けたら儲けた分だけ社員に支給するような給与制度を採用していたりするのがベンチャーなのですが、ある程度、会社が成長すると給与の支払い方などにも統一感が必要になってきます。

大企業の人事経験者を、良い待遇で採用したり、経理を採用したりする場合は、大企業の管理部門の仕事の進め方を導入してみてほしいということで採用されることもあります。
また、営業職などに関しては、急成長中のベンチャー企業の場合は、営業の仕事の仕組みを整える役割で、採用されることも多いです。
大企業出身者が重宝されるのは、会社がある程度、成長をできて、仕事に困らない状態になってからということも多いです。

ベンチャー転職で失敗しないために:いきなり役員待遇で入社する人も多い。

 

 ベンチャーに、高学歴で大企業出身者の方が転職する場合には、いきなり役員待遇で入社することもあり得ます。

 理由としては、それくらいの待遇を用意しないと高学歴で優秀な人材を採用できないという内情もあります。
ベンチャーの、世間的なイメージとして、不安定でいつ会社がつぶれるかわからないというイメージがあります。

人材の確保が非常に難しいため、待遇をできるだけ、入社時から高くして採用しようと考えているベンチャー企業も多いです。

 

ベンチャー転職で失敗しないために以下の記事もあわせてご覧ください。

【本音で語る】ベンチャー転職で、後悔する理由を、元ベンチャー企業人事が徹底解説!

【完全解説】ベンチャー転職で失敗!成功する人と、失敗する人の違いとは?

ベンチャー転職で失敗する人は多い?ベンチャー転職で失敗を回避する方法を人事が徹底解説!

 

ベンチャー転職で失敗しないために:創設間もないベンチャーの場合は、どんな人でも採用される可能性がある。

ベンチャー転職の鉄則

 

 創設間もないベンチャーの場合は、会社が必要だと判断すれば学歴や職歴に関係なく採用される傾向にあります。
理由としては、創業間もないベンチャーは、とにかく人手不足なためです。

 まだ世間的にも注目を浴びておらず、求人募集をかけても、若い人材がそれほど集まってこないという部分もあります。

また、それだけではなく、基本的に社内の仕事の進め方も整っていないので、どんな人が自社にマッチしているのか分かっていない状態になっています。

そのため、基本的には、採用基準があいまいになっており、とにかく、そこそこ仕事を自発的に進めることが可能な人材であれば採用される可能性があります。

 

スポンサードサーチ

ベンチャー転職で失敗しないために:ベンチャーの最大のメリットは、優秀ならば重宝されること

 

 ベンチャーの最大のメリットとしては、優秀ならば重宝されることです。

 大企業でも優秀な人材を重宝する傾向にありますが、現実的にはお金などの金銭面での待遇では、優遇されていないことが多いです。

 大企業は年功序列で、かつ終身雇用が根強く存在しているため、若くて優秀でも、待遇をよくすることが難しい傾向にあります。
仮に超優秀で月給60万円相当の仕事をしていても、大企業の場合は、月給20万円くらいしか支給されない可能性が高いということですね。

 大企業の場合は、特に、年齢給の要素が強いので、ベンチャー企業で優秀と認められるレベルの仕事をしていても、月給が上がっていく可能性は低いです。

 大企業では、現実的には取締役などの役員になるまで給与は低めになっており、そこを超えるまでは給料が高くなることは難しいです。

 一方で、ベンチャーであれば、儲かっていれば儲かっているだけ給与を出すという会社も存在しているため、給与が高くなることに期待できます。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:いきなり給料が出ない!という状況になることもベンチャーではあり得る

ベンチャー転職の失敗:給料が出ない。

  ベンチャーは、特に創業間もないころは、儲かっていれば儲かっている分だけ給与を出すという会社も存在する一方で、儲からない状態になるとお給料がでないという状態もあり得るということを認識しておく必要があります。

 安定した大企業出身者が、最もリスクとして認識しておかなければならないのは、ベンチャー転職は、安定性が低いということです。

 大手であれば、給与の支払いがストップしたら、その瞬間に日経新聞などに報道されてしまったり、株主などに不安を与えてしまう可能性が高いため、給与の不払いということは滅多に起こりません。

 給与の不払いを起こせば、社会的な信用が地に落ちて、社会からの信頼をすべて失いかねないためです。

 ボーナスの金額が少し減るというレベルですね。

 また、大手は、銀行がピンチになればお金を貸してくれますし、従業員への給料がほぼ銀行からの借入金になっているゾンビのような大企業もあります。

 大手は、さらにそこからもっと経営状態が悪くなり、銀行から借り入れができなくなっても、税金の投入で復活できる可能性もあります。

 大手を倒産させてしまって、大量の失業者が出てしまうくらいであれば、税金で助けてしまったほうがいいということですね。
大手はこれだけ、安定的な給与を、従業員に支給する体力と信用があるということです。

 ベンチャーでは、こうした後ろ盾がないため、もしも売上が下がったり、利益率が下がって従業員へ支払う給与が残っていない状態になれば、給与の不支給もあり得ます。

 

スポンサードサーチ

ベンチャー転職で失敗しないために:ベンチャー転職するときは、貯金をしっかりしておこう

 

ベンチャー転職をするときは、貯金をしっかりとしておこう。

 ベンチャー企業では、給与の不支給などがあり得るため、いざというときは貯金を持っておけばある程度安心できます。
せめていまの給与の三ヶ月分の給与は持って、ベンチャー企業へ転職するようにしましょう。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:ベンチャー転職失敗の最大の要因は、ベンチャーという言葉にごまかされてしまっていることが要因

ベンチャー転職最大の失敗に驚く人

 ベンチャーだから、やりがいのある仕事ができるだろうといった安易な転職をしてしまうからこそ、ベンチャー転職は失敗してしまう人が多いです。

 いかにベンチャーに役員待遇で転職できたとしても、結局は社長の手足となって仕事をすることになります。

 サラリーマンであることには、一切変わりがありません。

 誰かに命令されて仕事をする、という点は役員でも変わりがありません。

 仮に自由度の高いベンチャーに転職できたとしても、経営が不安定だったりします。

 自由度が高すぎるくらい高い、ということは、結局、社長がリーダーシップを持って現場を引っ張っていっていないということです。

 特にベンチャーでは、どこが会社の利益の源になっているかをよく分かっているのは、実は社長だけだというケースもあります。

 社長しか、会社の肝心かなめのキモである、会社の利益に直結している部分を知らないにも関わらず、しっかりとリーダーシップを持って仕事を推進していなければ遅かれ早かれ、会社はつぶれます。

 

スポンサードサーチ

ベンチャー転職で失敗しないために:同僚がどんどん辞めていく環境に、慣れられるか?

 

 大手では、会社に勤めていればある程度、生活の保障がされているため、社員の退職はそこまで多くありません。
しかし、ベンチャーの場合は、もうドンドン人が辞めていきます。

 合わないと思ったら、すぐに辞める人が多いですし、辞めない人を選ぶという余裕が人事にもありませんから、とにかく採用しまくって、生き残ったメンバーで会社を回すことになります。

 次から次へと社員が辞めて、その辞めた社員の仕事をカバーするために、自分も必死になって仕事をしていく必要があります。
そうした状況でも、平然と仕事をできないと、自分自身も退職することになってしまいます。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:ベンチャーは、ある程度、会社が軌道に乗ってから転職すると損する

 

 ベンチャーで、安定的に月20万円以上の給与を支給できる状態になっており、安定した状態になっている場合は、下手に転職すると損をする場合があります。

  理由としては、毎月なんなく給与を支払える状態になっているということは、賃金規定などもしっかりと作られてしまっていて、新参者が入っても美味しくない状態になっているためです。

 私のいたベンチャーなども、創業して2年間程度は、営業職に対して粗利の20%を、給与に追加して毎月、特別報奨金として支給するなど、非常に金払いのいい時期がありました。

 しかし、ある程度、基盤が固まってくると、人事制度の制定に奔走し、賃金規定を固めてしまい、昇給昇格基準などを制定してしまい、普通の中小企業と変わらない給料になってしまいました。

 安定した企業で、賃金規定を固めるならば良いですが、ベンチャー企業でこのように消極的な賃金規定を固められてしまうと、もう、美味しい部分が残っていないに等しい状態になってしまいます。

ベンチャーといえど、安定した状態に入ってしまうと、美味しい思いはできないと考えた方が良いですね。

 

スポンサードサーチ

ベンチャー転職で失敗しないために:ベンチャーの幹部は、大企業出身者とコンサルタントなど外部の人間が占めることが多い

 

 ベンチャーの幹部は、実は大手出身者や、コンサルタントなどの外部の人間が多数を占める傾向にあります。

 最初からベンチャーに社員として転職してきて、手腕を社長に認められて幹部になるというパターンは、期待しないほうが良いです。

勤続を堅実に重ねてきて、幹部などのポジションに着くというのは、大企業の方が多いです。

 理由としては、変化の激しいベンチャーも、ある程度落ち着いてくると、大企業の真似事をしたがるためです。

 大企業のやり方を自社に持ち込んで、うまく回していきたいと考えている経営者も多く、一般社員として仕事を遂行してきた自社の社員よりも、外部のコンサルタントなどに重要なポジションを明け渡してしまったり、大企業出身者に統括させて会社全体を統治しやすいようにするという経営者もいます。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:ベンチャー転職は失敗を前提に考えたほうがうまくいく

ベンチャー転職で失敗しないポイントとは?

 ベンチャーへの転職は、失敗することを前提に考えたほうがうまくいくことが多いです。

 ベンチャーは、そもそも安定しておらず、雇用状態が不安定になる可能性はあるからベンチャーと言われています。

 もしも、安定した就労環境を求めるのであれば、大企業を選んで仕事をしたほうが、よほど確率は高いです。
転職に仮に失敗しても、また新しい職場を探せばいいと前向きに割り切れる人でなければ、ベンチャー転職は厳しいといえます。

 失敗したらどうしよう、と考えるのではなく、失敗したらまたいい職場を見つけて挽回したらよいというくらいの、前向きさを持つようにしましょう。

 

スポンサードサーチ

ベンチャー転職で失敗しないために:家族のいる人は、家族としっかりと話し合いを行おう

 

 ベンチャー転職を考えるにあたっては、家族としっかりと話し合いを行うようにしましょう。
独身の場合は、自分が食べていければそれでいいともいえますが、家族がいる場合は、目に見えないお金がたくさんかかることがあります。

特に、給与がもしも出なくなってしまったら、激務で、すぐにまた転職することになってしまったらなど、不測の事態も起こりえるので、しっかりと話し合いをするようにしましょう。

特に、子供がいる場合、お給料がストップするのは死活問題です。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:ベンチャーに、最高のタイミングで入社するには?

 

 ベンチャーに最高のタイミングで入社するには、実は、大企業で、管理職などの待遇を得ているタイミングが良いです。

 理由としては、大企業での管理職経験者を、幹部として迎えたいという企業が、実は多い傾向にあるためです。
反対に、大企業の平社員で、役職がない場合は、損をする可能性が高いです。

 多くのベンチャーでは、大企業出身者が優遇される傾向にありますが、役職についていないと人を指揮命令したり、制度を整えたりという仕事を経験していないため、良い待遇で転職できることは少ないです。

 

スポンサードサーチ

ベンチャー転職で失敗しないために:ベンチャーの文化として良いところは、自分のやり方で仕事を進められること

 

 ベンチャーの文化として、仮に一般社員で転職するとしても、非常に大きなメリットがあるとすれば、仕事の進め方の自由度が高いところです。

大企業のように社内決済や、独特の場の空気を読んで、仕事を進めなければいけないという雰囲気がなく、仕事を進めやすい傾向にあります。

また、仕事能力の成長という観点から見ると、ゼロベースで仕事を組み立てる経験を積むことができるため、その点では非常に成長できます。

 すでに仕組みの出来上がっている仕事を回していくのではなく、自分の発想で仕事を進めていくことができます。
但し、大企業出身者の方は、この独特の仕事の進め方に参ってしまう方もいらっしゃいます。
基本的に、大企業よりも社内ルールが細かくない分、仕事の進め方の自由度が高いので、その点に注意する必要があります。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:ベンチャーに転職する前に、絶対に経験しておいたほうが良い、周囲を巻き込む仕事

 

 特に大企業から、ベンチャーに転職したいと考えている場合には、必ず経験しておいたほうが良い仕事があります。

大企業では企画の仕事などを上司がしていることも多く、ルーチンワークに終始してしまっている方も多数いらっしゃると思います。

自分ひとりだけで完結してしまう仕事ではなく、周囲の人を巻き込んだ仕事をできるようにしておいてください。

理由としては、ベンチャーの仕事は、これといった仕事の進め方が存在しないため、周囲を巻き込んで仕事を推進していく必要があるためです。

 データの集計などの仕事だけではなく、実際に、データの裏付けをとる仕事をしてみたり、現在行っている仕事に対して、他の部署の社員を巻き込んでみるなど、自分なりに仕事の進め方を工夫する訓練をするようにしてください。

 

スポンサードサーチ

ベンチャー転職で失敗しないために:ベンチャー転職の失敗事例

ベンチャー転職で失敗した人

 ベンチャー転職の失敗事例として、企業のイメージだけで入社して転職に失敗するというパターンが多いです。
やりがいをもって裁量権を持って働けるはずが、実際は、ワンマンな社長のいうことをただ聞くだけで一日が終わるといった失敗は多いです。

 このような失敗をしないためには、面接時に、社長の人となりをよく見ておくことで失敗を防ぐことができます。
特に、大手とは異なり、ベンチャーでは社長との距離感が近い傾向にあります。
転職して社長と合わない、となると転職失敗の原因となりえます。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:残業時間があまりにも多い場合も、失敗となりやすい

 

 大手の出身で、長い残業をしたことがないという場合も、失敗しやすいです。
ベンチャーには、仕事が好きで集まっている社員が多いため、残業が多い会社もあります。
大手は、昨今ではワークライフバランスの追及を国から命じられているため、労働法規を遵守している会社も増えてきています。

ベンチャー企業では、労働基準監督署などがそもそも目を光らせないため、残業過多な環境になっていることもあります。
残業をあまりにしたくないという場合には、ベンチャーは避けた方が良いといえます。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:ハードワークすぎて、失敗することもある

 

 ベンチャーでは、大手の会社に比べると、ハードワークになりがちのため、失敗することもあります。
典型的な失敗として、まず仕事のスピード感についていけないという失敗があります。
大手は、会議などをして方法を考えた上で、どんな仕事をするのかを決定していく傾向にあるのに対して、ベンチャーでは、必要なことがあれば、ドンドン仕事を進める傾向にあります。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:漠然とした憧れだけでは、ベンチャー転職に失敗する

 

 漠然とした憧れで、ベンチャー転職をしても失敗する可能性が高いです。
何となく自分に合っているのではないかという理由で、転職をするのではなく、ベンチャーでの職種や会社の雰囲気などをよく見てから転職先を決定するようにしましょう。

失敗しやすいのは、特に、職種のイメージを固めずに転職をした場合です。

ベンチャーの経理などは、仕事の進め方などが、大手ほどしっかりしていないことも多いです。

ちょっとした経費の計上失敗や、会社との考え方の違いで、大手と同じように仕事をすると失敗しやすいです。
反対に言えば、失敗を防ぐためには、しっかりとイメージを固めることが大切です。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:人間関係には要注意!

 

ベンチャー転職でも、人間関係が辛くなって、辞める方はたくさんいます。
自分にマッチした人間関係がどんなものかなどを、しっかり把握していないと転職失敗になりやすいです。
人間関係で失敗しない方法は、難しいですが、基本的には、自分が職場に合わせるという考え方を持たないと、失敗しやすいです。
自分に完全に合った人間関係を求めて転職しても、失敗に終わる可能性があります。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:裁量権が大きすぎて、精神的に辛くなり、転職失敗することもある

 

ベンチャーでは、大手に比べると裁量権が大きく、仕事の自由度が高いです。
その分、仕事に失敗したときの責任は大きくなります。

仕事へのプレッシャーが大きくなりすぎて、仕事が辛いと感じて転職失敗する可能性もあります。
仕事へのプレッシャーに耐えられない、というタイプは、転職失敗しやすいといえます。
プレッシャーに強い、耐えられるという方は、ベンチャー転職で失敗しにくいといえます。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:教えてもらうというスタンスでは、失敗する可能性が高い

 

 ベンチャー転職で、教えてもらうというスタンスで、成長を求めて転職すると、失敗する可能性が高いです。
ベンチャーでは、仕事を教えてもらうのではなく、自分から率先してスキルを盗んでいく必要性があるためです。
大手のように、教育体制がしっかりしている会社ばかりではありません。
教えてもらうというスタンスではなく、転職失敗しないためには、自ら率先してスキルを盗んでいくというスタンスが大切です。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:仕事に失敗しても、次々と仕事を進める精神力も大切

 

 ベンチャーでは、仕事に失敗しても、めげずに仕事を進める姿勢が大切です。

 仕事に失敗するたびに、落ち込んでしまうようでは精神的に持ちません。

 また、ベンチャーの仕事は、失敗しても仕方がないという仕事もあります。
大手のように人材も豊富ではありませんし、そもそもうまくいくかどうか確証がない状態でも仕事をする必要があります。
仕事で失敗をしても落ち込まない、仕事で失敗しても、また次があると思って、めげない姿勢が大切です。

 仕事に失敗する可能性が高い、というような仕事内容でも、進めていかないといけないことも多いので、失敗を恐れずに、次々と仕事をこなす精神力が大切です。

長い仕事人生から考えれば、失敗をたくさん経験したほうがあとでプラスになることもあります。
仕事での失敗を恐れるのではなく、次々と仕事をこなしていくことが、ベンチャー転職で失敗しないコツといえます。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:キャリアをしっかり考えたうえで、転職するのが大切

ベンチャー転職で失敗しないためのポイント

何となく、大手よりも自由そうだから、ベンチャーがいいと考えて、転職するのは危険なので、しっかりとキャリアを考えたうえで転職活動を行うようにしましょう。

 例えば、大手では、終身雇用の考え方がまだまだ根強いので、若い間にいきなり高い給料を得ることは難しいですが、勤続年数が増えれば自然と昇給する企業が多いです。
ベンチャーに転職するとしても、給料が不安定になる可能性もあり、よく考えて転職しないといけません。
ベンチャーの場合は、特に、目の前の仕事に必死になって利益を上げていく必要性があるので、大手のように、10年先を見据えて腰を据えて仕事をするということも難しい環境です。

逆に、面白くて、仕事漬けになりたいと考えて、とにかく変化を楽しめる人にとってはベンチャーでの仕事はマッチする可能性が高いです。

自分自身がどんな仕事環境を望んでいるのか、また、どのようにして活躍したいかをしっかりと考慮したうえで、転職活動に臨むようにしてみて下さい。
また、大手にまだ在職中の方は、いまの職場で、出来る限り、全力で仕事をするということ経験しておいてください。
基本的に、ベンチャーでの仕事は、毎日、全力で仕事をすることが前提となります。
仕事もハードになるので、体力的・精神的についていけるかどうかもしっかりと考えて転職活動をするようにしてください。

 

ベンチャー転職で失敗しないために:転職サイト・転職エージェントを積極的に活用して、転職活動を進めよう!

 

 転職サイトは、自分のペースで転職活動をしたい方に向いているといえます。

転職サイトのメリットは、自分の好きなタイミングで応募ができることです。

登録なども自宅のパソコンから行えますし、転職サイトを活用すれば、自分の好きなタイミングで転職活動を行えます。
デメリットとしては、転職サイトは求人広告掲載期間が決まっているので、企業が採用を焦っていることがあります。

いい求人を発見したら、すぐにエントリーをすることで、良い企業に内定を獲得することができます。

※ なお、「できるだけ年収をあげたい」「優良ベンチャーに就職したい」なら、ハイクラス求人 ビズリーチ【最速転職】第二新卒エージェントneo や憧れの戦略コンサルキャリアへ転職したい方はSTRATEGY:BOOTCAMPなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチ年収600万円以上の案件のみを扱っています。

 

2【最速転職】第二新卒エージェントneoなら優秀なエージェントが最速で第二新卒の転職を成功させます。

 

3STRATEGY:BOOTCAMPなら戦略コンサルティングファームへの転職が可能です!

 

94 Shares

Pick Up

特集記事

海外留学経験者・留学生向けお勧め就活サービス比較

海外留学経験者・留学生向けお勧め就活サービス比較

国内の就活イベント対策
2020.05.20
第二新卒の転職で失敗する5つの理由と成功する7つのコツを徹底解説!

第二新卒の転職で失敗する5つの理由と成功する7つのコツを徹底解説!

第二新卒・転職
2019.10.31
新卒1年目でも転職はできる?転職を成功させるためのポイントを紹介

新卒1年目でも転職はできる?転職を成功させるためのポイントを紹介

第二新卒・転職
2019.07.02
ベンチャー企業への就職は失敗?ベンチャー企業で起こるトラブルとは

ベンチャー企業への就職は失敗?ベンチャー企業で起こるトラブルとは

就活Tips
2019.06.16
【後悔しない】大企業から中小企業への転職とは?

【後悔しない】大企業から中小企業への転職とは?

第二新卒・転職
2019.06.02
【必勝】第二新卒の就活成功法を、留学経験者と非留学経験者に向けて徹底解説

【必勝】第二新卒の就活成功法を、留学経験者と非留学経験者に向けて徹底解説

第二新卒・転職
2019.03.13
第二新卒でアクセンチュアに転職するには?

第二新卒でアクセンチュアに転職するには?

第二新卒・転職
2019.02.22
【本音で語る】ベンチャー転職で、後悔する理由を、元ベンチャー企業人事が徹底解説!

【本音で語る】ベンチャー転職で、後悔する理由を、元ベンチャー企業人事が徹底解説!

第二新卒・転職
2019.02.06

Globyの公式LINEでできること

あなたに一番合った就活サービスや最新イベントがわかる
ES添削や面接練習、キャリア相談など様々なニーズに合わせてあなたに
ピッタリの就活サービスをGlobyが自信を持ってお勧めします。また、
なかなか出会えない旬の留学生向け就活イベントを随時ご紹介します。
今一番読みたい記事がお勧めしてもらえる
事前のアンケートをもとに興味・関心に合った記事をご案内します。
またLINEで読みたい記事のキーワードを入力すると、その検索結果に
合った記事をお送りします。
選考体験談を無制限に読むことができる
公式LINEに登録すると企業ごとのリアルな選考体験談を制限なく
読むことができます。
Globyの公式LINEでできること

特集記事

海外留学経験者・留学生向けお勧め就活サービス比較

海外留学経験者・留学生向けお勧め就活サービス比較

国内の就活イベント対策
2020.05.20
第二新卒の転職で失敗する5つの理由と成功する7つのコツを徹底解説!

第二新卒の転職で失敗する5つの理由と成功する7つのコツを徹底解説!

第二新卒・転職
2019.10.31
新卒1年目でも転職はできる?転職を成功させるためのポイントを紹介

新卒1年目でも転職はできる?転職を成功させるためのポイントを紹介

第二新卒・転職
2019.07.02
ベンチャー企業への就職は失敗?ベンチャー企業で起こるトラブルとは

ベンチャー企業への就職は失敗?ベンチャー企業で起こるトラブルとは

就活Tips
2019.06.16
【後悔しない】大企業から中小企業への転職とは?

【後悔しない】大企業から中小企業への転職とは?

第二新卒・転職
2019.06.02
【必勝】第二新卒の就活成功法を、留学経験者と非留学経験者に向けて徹底解説

【必勝】第二新卒の就活成功法を、留学経験者と非留学経験者に向けて徹底解説

第二新卒・転職
2019.03.13
第二新卒でアクセンチュアに転職するには?

第二新卒でアクセンチュアに転職するには?

第二新卒・転職
2019.02.22
【本音で語る】ベンチャー転職で、後悔する理由を、元ベンチャー企業人事が徹底解説!

【本音で語る】ベンチャー転職で、後悔する理由を、元ベンチャー企業人事が徹底解説!

第二新卒・転職
2019.02.06