海外大学を卒業した人が日本での就活を成功させる方法5選

海外の大学を卒業した後、その経験を活かして日本で就職したいと考える人もいるでしょう。
日本で就活をするなら、海外で生活していた時と同じ感覚では就活を成功させるのは少し難しいかもしれません。
海外と日本の就活は方法が異なるため、日本流の就活のやり方を知る必要があるのです。

そこで今回は、海外の大学を卒業して日本で就活する人が知っておきたい日本での就活を成功させる方法についてお話します。

スポンサードサーチ

海外大学出身者が就活を成功させる方法:日本と海外では求められる人材がちがう

日本と海外では、就活の制度だけでなく求められる人材像も違います。

たとえば新卒一括採用を取り入れている日本では、社会人経験のない新卒の学生が人気です。
すでに終身雇用は崩れ去ったと言われる日本でも、未だに「社員を自社で一から育てる」という終身雇用の名残が残っていることが理由として挙げられるでしょう。

一方海外の国々では、社会人経験のない新卒よりもすでに実務経験を積んだ人材を好む傾向にあります。
即戦力を求める海外の企業では、何の経験も積んでいない新卒は敬遠されやすいのです。

こういった海外と日本の間にある求められる人物像の違いをまずは念頭におくことが重要です。

 

早期に内定が欲しい方へ

※ なお、「できるだけ早く内定が欲しい」「海外経験を活かした就活をしたい」なら、ビズリーチキャンパスキャリアパーク!キャリアチケット(登録後電話確認あり) などのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就活の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ビズリーチキャンパスは留学中でもオンラインでOB・OGに就活相談が可能。2分で登録できます。

 

2】厳選優良企業をご紹介! キャリアパーク就職エージェントは年間1,000名以上を内定実績。内定を今すぐにもらいたい学生はすぐに登録!


3キャリアチケット(登録後電話確認あり)ならカウンセラーと話しながら丁寧に就活を進められます。


 

 

海外大学出身者が就活を成功させる方法:日本での就活を成功させる方法5

海外大学出身者が日本で就活を成功させる方法

日本での就活を成功させるには、日本企業がどんな人材を欲しがっているのかを意識することが大切です。
その人物像を意識して面接に臨むことが、日本での就活成功の鍵となります。

そこでここでは、日本での就活を成功させるための具体的な方法を5つ紹介しますのでぜひ参考にしてください。

海外大学出身者が就活を成功させる方法:個性よりも協調性を意識

日本での就活は、個性よりも協調性が求められる傾向にあります。それは、就活生の身なりを見れば一目瞭然でしょう。

就活生のほとんどが黒いリクルートスーツを着用し、女性であれば髪を1つに束ね、男性であれば黒髪の短髪が基本。
このスタイルから外れた就活生はほぼ見かけなく、誰しもが無個性な同じ格好をしています。

この就活生の風貌は、日本人独特の協調性を重んじる慣習が、就活の場でも反映されていると言えるでしょう。

海外から帰国して日本で就活を始める人は、この日本独特の浮かない服装や振る舞いを意識することが重要です。

海外大学出身者が就活を成功させる方法:日本独特の就活ルールを知る

上記でお伝えした「就活生がすべき服装や振る舞い」と同様に、日本の就活には独特のルールがあります。

たとえば、「面接室に入る際のノックは3回」や「お辞儀をしてから入室すること」など、日本にいれば出来て当たり前とされるルールが暗黙の了解として強いられます。

海外の就活においても礼儀正しいことは必須の条件ですが、ノックの回数や入室の所作までは求められないはず。

日本の就活には細かいルールが存在するため、面接を受ける前にまずは日本の就活ルールを知るところから始める必要があるのです。

海外大学出身者が就活を成功させる方法:スキルより人間力をアピール

海外大学出身者が日本で就活を成功させる方法:スキルよりも人間力をアピール

日本の就活は、新卒一括採用を取り入れています。
応募者に対してスキルや経験を求めていないため、面接の際にそういった面をアピールしてもあまり効果はありません。

ではどういった点を企業は見ているのかというと、スキルではなく内面を重視していると言えるでしょう。
入社後に、自社の社員と人間関係を上手く構築できる人間力を重要視しているのです。

そのため面接の際には、スキルよりも自分の人柄がわかるエピソードを1つ用意しておくことをおすすめします。

海外大学出身者が就活を成功させる方法:語学力を活かせる企業に応募する

これからグローバルに展開したいと考える企業は増えているものの、世間には英語が堪能な就活生はまだそこまで増えていません。
そのため、海外生活で身につけた語学力を活かせる企業を選ぶのは、就活を成功させるコツとも言えるでしょう。

特に大手企業であれば「留学経験者枠」や「帰国子女枠」を採用枠として別に用意していることも少なくありません。
そういった採用枠を活用することで、自分の強みを十分に活かせる企業への就職も叶うはずです。

海外大学出身者が就活を成功させる方法:自分の資質に合った社風の企業を選択する

日本独特の「協調性を重んじる風潮」や「個性を主張しない風潮」が肌に合わない人は、そういった風土の会社を避けてエントリーすることをおすすめします。

たとえばベンチャー企業やスタートアップの企業では、協調性よりも積極性のある人材を求める傾向にあります。
これからどんどん会社を成長させる必要があるため、海外生活を通して培ったガッツのある人材が欲しいのです。

また、あえて日系企業を選ばずに、外資系企業の日本支社を選ぶという選択肢もおすすめです。
日本に支社を構えながらも海外の文化が取り入れられた外資系企業は、海外の大学を卒業した人にピッタリの就職先だと言えるでしょう。

帰国生の就活については以下の記事もあわせてご覧ください。

帰国子女は日系企業に馴染むのが難しい?その理由とおすすめの企業

ベンチャー企業を選んだ先輩の事例はこちら!

株式会社ビービット|bebit|19年卒の留学生就活選考体験談|日本人留学経験者

 

スポンサードサーチ

海外大学出身者が就活を成功させる方法:日本企業が合わない場合は海外就職も視野に

海外大学出身者が日本で就活を成功させる方法:海外企業も視野に

ここまでで、日本での就活を成功させる方法を5つ紹介しました。
これから日本に帰国して就活を開始する人は、ぜひこの5つを意識して頂けたらと思います。

ただ日本で就活を進める上で、どうしても日本の就活ルールが肌に合わないという人もいるかもしれません。

そんな人は、海外就職を視野に入れてはいかがでしょうか。
新卒一括採用を取り入れている国は少ないため、年齢や時期を気にせず就活に専念できるのが海外就職のメリットです。

スキルがなくて就職先を見つけるのが難しい場合は、インターンシップから始めても良いでしょう。

とにかく、日本での就活が上手くいかなかった場合でも落ち込まず、国を問わず自分に合った就職先を見つけるよう気持ちを切り替えることが大切です。

海外大学出身者が就活を成功させる方法:まとめ

海外の大学を卒業してから日本に帰ってきた人は、日本の就活ルールに馴染むまでに少し時間がかかるかもしれません。

なかなか就職先が決まらず不安になることもあるかもしれませんが、海外の大学で得た知識や経験を活かせる企業はきっと見つかるはず。

焦らずマイペースに、自分らしく活躍できる企業を見つけられるよう就活に取り組んで頂けたらと思います。

 

 

早期に内定が欲しい方へ

※ なお、「できるだけ早く内定が欲しい」「海外経験を活かした就活をしたい」なら、ビズリーチキャンパスキャリアパーク!キャリアチケット(登録後電話確認あり) などのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就活の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ビズリーチキャンパスは留学中でもオンラインでOB・OGに就活相談が可能。2分で登録できます。

 

2】厳選優良企業をご紹介! キャリアパーク就職エージェントは年間1,000名以上を内定実績。内定を今すぐにもらいたい学生はすぐに登録!


3キャリアチケット(登録後電話確認あり)ならカウンセラーと話しながら丁寧に就活を進められます。


 

就職活動は戦略的に行う必要があります。色々な方法で様々な企業の選考を受けて自己分析や企業研究を行なってください。

ご健闘をお祈りしております。

60 Shares

このカテゴリーの人気記事

最後の関門!バッググラウンドチェックとは?-調査項目や注意点を解説

帰国子女は日系企業に馴染むのが難しい?その理由とおすすめの企業

アクセンチュアの新卒採用スケジュールや対策をまとめてご紹介!

Related Posts