【留学経験者必読!】理想とはちがう?海外出張・駐在の仕事に就く前に知っておきたいこと

留学経験を仕事に活かしたいと考える学生にとって、日本から派遣されて海外で活躍する海外出張者や海外駐在員は憧れの存在かもしれません。
確かに、会社の看板を背負って海外へ赴く彼らの存在は、グローバルに活躍する社会人のロールモデルとして映るでしょう。

ただ実際には、そんな華やかな仕事の裏側には隠れた苦労があるもの。

そこで今回は、「海外出張・駐在の仕事の理想と現実のギャップ」についてお伝えします。

留学経験を活かして海外出張者・駐在員を目指そうと考える学生は、ぜひ今回の記事を読んで頂ければと思います。

 

早期に内定が欲しい方へ

※ なお、「できるだけ早く内定が欲しい」「海外駐在・海外出張のある会社に就職したい」なら、ビズリーチキャンパス厳選優良企業を紹介!キャリアパークエージェントキャリアチケット(登録後電話確認あり) などのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就活の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ビズリーチキャンパスは留学中でもオンラインでOB・OGに就活相談が可能。2分で登録できます。

 

2】キャリアパークエージェントは年間1,000名以上を内定実績。内定を今すぐにもらいたい学生はすぐに登録!

3キャリアチケット(登録後電話確認あり)ならカウンセラーと話しながら丁寧に就活を進められます。


 

スポンサードサーチ

留学の経験を活かすなら海外出張・駐在する仕事がおすすめだが

自身の留学経験を活かすために、海外へ出張・駐在できる仕事に就きたいと考える学生も多いでしょう。
確かに新卒でいきなり海外就職をするよりも、ファーストキャリアは日系企業を選ぶほうが、研修や教育がしっかりしていて安心感があります。

特に大手の商社やメーカーなど知名度の高い企業に就職すれば、今後の転職活動において経歴に箔が付くのは間違いありません。

ただ現実は、「海外出張」や「海外駐在」という華やかな言葉の裏に思わぬ落とし穴があるものです。

入社してから「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、海外出張・駐在員の仕事のリアルについて知識をつけておくようにしましょう。

海外出張・駐在する前に知っておきたい理想とのギャップ

海外出張・駐在の理想と現実

会社の看板を背負って世界で活躍する海外出張者・駐在員ですが、その仕事には「良い面」だけではなく「悪い面」も存在するのが実情です。

ここでは実際に、海外出張者・駐在員として働く前に知っておきたい理想と現実のギャップについてお話しします。

海外出張・駐在の仕事に就く前に知っておきたいこと-キラキラした華やかな仕事ばかりではない

仕事で海外へ出張する人を見ると、自然と「何か大きな商談や新規プロジェクトを任されているのかな?」とキラキラした業務を想像してしまいがち。
しかし実際は、彼らが抱えるのは華やかな仕事ばかりではありません。

たとえば現地でもめごとが起ったときの仲裁や、製品不具合を解決する際のトラブル処理など。
海外出張と言っても、「大きな商談をまとめる」や「新規プロジェクトを立ち上げる」などポジティブな仕事ばかりではないのが現実です。

クライアントに謝罪するためだけに海外へ出張しなければいけないこともあり、「海外出張者」というキラキラした立場の裏には厄介な業務を任されて海外へ渡航する社員も少なくありません。

海外出張や海外駐在の現実についてはこちらの記事も合わせて読んでみてください!

留学経験を活かせる仕事とは?海外出張・駐在できる職種に就くメリット3選

【人事が徹底解説】グローバル就職の方法とは?大企業より中小企業の方が、海外赴任のチャンスは多い!?

海外出張・駐在の仕事に就く前に知っておきたいこと-体力との勝負になる

国内の仕事と比べ、海外出張者や海外駐在員の仕事は体力勝負です。
そもそも日本からの移動距離が長いため、現地に到着するまでにかなりの体力を消耗することになるでしょう。

それに、海外は日本とは環境がまったく異なります。
気候の違いで体調を崩しやすくなりますし、文化や慣習の違いで心は常に緊張状態。
海外での仕事は、日本と比べて心身ともに疲弊しやすいのです。

普段から健康面に不安がある人は、頻繁に海外出張に行く業務は苦痛に感じるかもしれません。

海外出張・駐在の仕事に就く前に知っておきたいこと-駐在員になるまでにはそれなりの年月が必要なケースも

海外出張・駐在には年月が必要

ここ数年、新入社員や若手社員を海外出張に行かせる企業は増えてきましたが、海外に駐在させる企業はまだまだ多くありません。
企業によっては駐在員になるために複数の選考を突破しなければいけなく、駐在員として海外に派遣されるのはそう簡単ではないのです。

たとえば求人情報に「将来的に海外駐在員になることも可能」と記載されていても、入社後すぐに駐在員として派遣してくれるかはわかりません。

留学した経験をすぐに活かしたいと考える学生にとっては、いつになったら駐在員になれるのかわからない状況はもどかしく感じることでしょう。

スポンサードサーチ

海外出張・駐在の仕事に就く前に知っておきたいこと-面接の現場で企業に確認すべきこと

海外出張・駐在のためには面接で確認するべき

上記では、海外出張・駐在の仕事の現実についてお伝えしました。
ただこれらのデメリットを知っても、将来のキャリアのために海外出張・駐在できる企業に就職したいという学生もいるでしょう。

そんな学生に向けて、「海外就職・駐在を謳う企業に応募する際に確認すべきこと」をお伝えします。

 

海外出張・駐在の仕事に就く前に知っておきたいこと-渡航期間や渡航先についてよく確認する

求人情報に「海外出張者・駐在員募集」と記載されている企業へエントリーする場合は、面接の際に渡航期間や渡航先について確認するようにしましょう。

なかには、年に1度しか海外出張をする機会がないにも関わらず、優秀な人材を集めるために「海外出張者・駐在員募集」といった文言を記載する企業も存在します。

入社したらどの程度の頻度で出張できるのか、そして渡航先の候補としてはどういった国があるのかなど、入社前に疑問点や不明点は確認することをおすすめします。

 

海外出張・駐在の仕事に就く前に知っておきたいこと-入社何年目から海外出張・駐在できるのかを確認する

 

将来的に海外駐在員になることを視野に入れている人は、入社何年目から駐在できるチャンスがあるのかを聞いておくと良いです。

現在その会社で駐在員をしている人の年齢層や、駐在員になるための条件などをあらかじめ聞いておくことで、入社後に「なかなか駐在員になれるチャンスが回ってこない」という問題を避けられます。

もし応募先企業の駐在員が40代や50代といったベテラン社員しかいない場合、若手社員のうちは駐在員になれるチャンスが回ってくる可能性は低いと考えて良いでしょう。

 

海外出張・駐在の仕事に就く前に知っておきたいこと-まとめ

海外出張者・駐在員は、キラキラした華やかな存在に見えます。
確かにその会社の名前を背負って海外へ出る彼らは、やりがいと責任感を持って業務に取り組んでいることでしょう。

ただその裏には、他からは見えない苦労があるのも忘れてはいけません。

これから海外出張者・駐在員を目指す学生は、そういった「デメリット」の面についてもよく考えて就活に臨みましょう。

 

早期に内定が欲しい方へ

※ なお、「できるだけ早く内定が欲しい」「海外駐在・海外出張のある会社に就職したい」なら、ビズリーチキャンパス厳選優良企業を紹介!キャリアパークエージェントキャリアチケット(登録後電話確認あり) などのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就活の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ビズリーチキャンパスは留学中でもオンラインでOB・OGに就活相談が可能。2分で登録できます。

 

2】キャリアパークエージェントは年間1,000名以上を内定実績。内定を今すぐにもらいたい学生はすぐに登録!

3キャリアチケット(登録後電話確認あり)ならカウンセラーと話しながら丁寧に就活を進められます。


 
就職活動は戦略的に行う必要があります。色々な方法で様々な企業の選考を受けて自己分析や企業研究を行なってください。

ご健闘をお祈りしております。

60 Shares

このカテゴリーの人気記事

OpenES(オープンES)とは何か?就活で使える書き方や注意点を公開!

最後の関門!バッググラウンドチェックとは?-調査項目や注意点を解説

帰国子女は日系企業に馴染むのが難しい?その理由とおすすめの企業

Related Posts