海外就職のメリットとは?現地での就職を成功させるポイント3選

現在海外へ留学中の学生のなかには、そのまま留学先現地で就職しようか、それとも日本に帰国して就職しようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

このまま留学先の国で就職をしたいが、今後のキャリアが不安だ」という人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、現在海外に留学中の学生に向けて「海外就職をするメリット」と「海外就職を成功させるポイント」についてお伝えします。

これから現地で就職をしたいと考えている留学生は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

 

早期に内定が欲しい方へ

※ なお、「できるだけ早く内定が欲しい」「海外で就職したい」なら、ビズリーチキャンパス厳選優良企業を紹介!キャリアパークエージェントキャリアチケット(登録後電話確認あり) などのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就活の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ビズリーチキャンパスは留学中でもオンラインでOB・OGに就活相談が可能。2分で登録できます。

 

2】キャリアパークエージェントは年間1,000名以上を内定実績。内定を今すぐにもらいたい学生はすぐに登録!

3キャリアチケット(登録後電話確認あり)ならカウンセラーと話しながら丁寧に就活を進められます。


 

スポンサードサーチ

海外就職する3つのメリット

海外就職のメリットとデメリット比較

今回この記事を読んでいる人は「このまま現地で就職をしたいが、それが自分にとって最善の選択なのかわからない」という悩みを抱えているのではないでしょうか。

確かに1度も海外で働いたことがない人にとって、海外就職はある意味冒険のように感じられるでしょう。

そこでここではまず、「海外で働くとどんな良いことがあるのか?」そのメリットを3つお伝えします。

海外就職するメリット:グローバルな働き方を身に着けられる

海外就職最大のメリットは、グローバルな環境に身をおけるという点です。

現在日本にはグローバル化の波が押し寄せていますが、日本で働く社会人のほとんどは海外経験がありません。
そんななか1度でも海外で働いたという経験は、日本へ帰国した後のキャリアにプラスに役立つでしょう。

また「日本の常識は海外の非常識」という言葉がある通り、日本と海外の商習慣は全く異なります。
実際に海外で働いた経験があり、肌感覚で海外の商習慣を理解している人は、今後どこの企業でも求められる貴重な人材です。
「海外で働いた経験」それ自体が、今後のキャリアにおいて財産になると言えるでしょう。

海外就職を成功させた日本人留学生の事例はこちら!

 

Goldman Sachs|ゴールドマンサックス|19年卒の留学生就活選考体験談|海外新卒|海外就職

PALETTE|パレット|19年卒の新卒海外就活選考体験談|海外新卒|海外就職

 

海外就職するメリット:ライフワークバランスが整いやすい

就職する国にもよりますが、世界の多くの国では日本よりもライフワークバランスが整いやすい傾向にあります。

日本でも多くの企業が社員の残業時間を減らそうと様々な努力をしていますが、残念ながら改善されていないのが現状です。
残業時間だけでなく、休暇の取得日数が少ないのも日本の働き方の特徴で、会社のためにプライベートを犠牲にする人も少なくはありません。

一方海外であれば、数週間の長期休暇をとることは普通。社員の権利として、気兼ねなく休みを取得できます。

海外の多くの国では長時間残業や休日出勤を良く思わないため、結果として海外就職するとワークライフバランスが整いやすくなるのです。

 

海外就職するメリット:価値観や視野が広がる

海外で働くということは、自分とは生まれも育ちも異なる人々と協力し合うということ。
バックグラウンドの違う人々と仕事をすることで、嫌でも視野は広がるでしょう。

日本人同士であれば互いの文化的背景が同じため、相手の気持ちは自然と理解できます。
しかし国籍や人種、言語が違う人と一緒に働くと「なぜ相手はそう考えたのか?」や「なぜ相手はそのような発言をしたのか?」など、「なぜ」と考える機会が増えます。

この「なぜ」を自分の頭で考え突き詰めていく過程を経て、日本では得られない価値観を手に入れられるのです。

海外就職を成功させる3つのポイント

海外就職を成功させるポイント

海外就職には上記で挙げたメリットがありますが、実際に文化や言語が異なる海外での就活を成功させるのは簡単ではありません。
その国の就活制度に合わせ、適切な準備を進める必要があるでしょう。

ここでは、海外の就活を成功させるためのポイントについてお伝えします。

海外就職を成功させるポイント:一定レベルの英語力が大前提

まず前提として、実務レベルの英語力を兼ね備えていることは必須の条件です。

たとえば東南アジア諸国など英語圏以外の国で留学中の人は、その国の言語が堪能であれば英語ができなくても問題ないと考えるかもしれません。
しかし現在は、どこの国でも仕事に英語を使うのは当たり前。
ビジネスで使えるレベルの英語力は、留学中に身に着けておくと良いでしょう。

ただビジネスで使えるレベルといっても、求められる英語力は国によって違います。
国によっては「専門分野の話を明瞭にできるレベル」を応募条件にしているところもありますが、一方では「日常会話ができるレベル」の英語力で問題ない国もあります。

どの程度の英語力が求められるかは国や企業によりますので、エントリーしたい企業の募集ページを確認するようにしましょう。

海外就職を成功させた先輩がどの程度英語ができたかはこちらの事例をご覧ください!

PALETTE|パレット|19年卒の新卒海外就活選考体験談|海外新卒|海外就職

 

海外就職を成功させるポイント:自分の魅力を最大限引き出せるアピール力は必須

日本は「謙虚で控えめなこと」を美徳とする風潮がありますが、海外の国々はその限りではありません。
面接の際に謙虚な態度を示してしまえば、面接官から「自信のない人だ」と思われ選考を突破することは難しいです。

日本の美徳である「謙虚で控えめな姿勢」は海外では通用しませんので、自分の強みを力強く伝えるアピール力が面接では求められます。

自分が留学中に学んだことや身に着けた知識、そしてそれを生かしてどのように企業で活躍できるのかを自信をもって伝えることが重要です。

自分の魅力が最大限に伝えられるアピール力は、海外就職を成功させる鍵となりますので覚えておいてください。

海外就職を成功させるポイント:その国で働きたい明確な理由を用意する

 

日本人が日本ではなく異国の地で働こうと思うのには、それなりの理由があります。
その理由を明確に面接官に伝えられるよう、前もって回答を準備しておきましょう。

面接官からしても、「日本人を雇うメリット」がなければ留学生を採用したいとは思いません。
日本ではなく留学先現地で働きたい理由を明確に説明できると、採用の確率は格段に上がります。

そういった自分自身の思いを深堀りするためにも、1度志望動機や理想のキャリアなどを紙に書きだして整理することをおすすめします。

シンガポールでの就職についてはこちらの記事もあわせてご覧ください。

英語が話せない普通な私がシンガポールで海外就職(海外新卒)できた理由

スポンサードサーチ

海外就職のメリット-まとめ

海外就職を成功させるポイント:まとめ

現在海外に留学中の学生にとって、これから就活をどう進めていくかは1つの悩みの種になっているかもしれません。

このまま現地に残って就職をしたいが、果たして就活は上手くいくのか。
そもそも海外就職は、最善の選択なのだろうか。

不安は多々あるかもしれませんが、1つ言えることは、海外での就職経験は今後絶対に無駄にはならないということです。
ですので、思い切って海外就職にチャレンジすることをおすすめします。

そんな海外就職を成功させるためにも、ぜひ今回お伝えした「海外就職成功のポイント」を参考にしてくださいね。

最後に、海外就活はリスクも伴いますのでまずは日本で就活してみることがオススメです。

日本での就活は時間もかかりますのでぜひ即日内定イベントやカウンセラーに相談しながらの企業選びもぜひ利用にしてくださいね。興味がある方は登録をするだけでも役に立つことがありますよ!

 

早期に内定が欲しい方へ

※ なお、「できるだけ早く内定が欲しい」「海外で就職したい」なら、ビズリーチキャンパス厳選優良企業を紹介!キャリアパークエージェントキャリアチケット(登録後電話確認あり) などのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就活の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ビズリーチキャンパスは留学中でもオンラインでOB・OGに就活相談が可能。2分で登録できます。

 

2】キャリアパークエージェントは年間1,000名以上を内定実績。内定を今すぐにもらいたい学生はすぐに登録!

3キャリアチケット(登録後電話確認あり)ならカウンセラーと話しながら丁寧に就活を進められます。


 
 

就職活動は戦略的に行う必要があります。色々な方法で様々な企業の選考を受けて自己分析や企業研究を行なってください。

ご健闘をお祈りしております。

60 Shares

このカテゴリーの人気記事

OpenES(オープンES)とは何か?就活で使える書き方や注意点を公開!

最後の関門!バッググラウンドチェックとは?-調査項目や注意点を解説

帰国子女は日系企業に馴染むのが難しい?その理由とおすすめの企業

Related Posts