外国人留学生必見!日本で働きたい留学生が就活を成功させるコツ3選

日本にいる外国人留学生のなかには、日本が好きでこのまま日本で就職したいと考える人も多いでしょう。
より多くの外国人が日本を好きになってくれるのは、私たち日本人にとって喜ばしいことです。

そこで今回は、日本で働きたい外国人留学生に向けて「日本での就活を成功させるコツ」についてお伝えします。

これから日本での就活を控えた留学生のみなさんは、ぜひ参考にしてください。

 

 

早期に内定が欲しい方へ

※ なお、「できるだけ早く内定が欲しい」「日本での就活を成功させたい」なら、ビズリーチキャンパス厳選優良企業を紹介!キャリアパークエージェントキャリアチケット(登録後電話確認あり) などのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就活の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ビズリーチキャンパスは留学中でもオンラインでOB・OGに就活相談が可能。2分で登録できます。

 

2】キャリアパークエージェントは年間1,000名以上を内定実績。内定を今すぐにもらいたい学生はすぐに登録!

3キャリアチケット(登録後電話確認あり)ならカウンセラーと話しながら丁寧に就活を進められます。


 

スポンサードサーチ

外国人留学生が日本で就職するのは難しいのか

正直なところ、留学生が日本で就職するのは難しいです。
日本に限らず外国人が海外で就活をする場合、言語の壁やビザの問題などを考えるとどうしても就職の難易度は上がってしまうのです。

また日本は、世界のなかでも「少し変わった就活制度」を取り入れている国として有名。
留学生が日本で就職するのが難しい理由に、この日本の「少し変わった就活制度」を理解するのに時間がかかってしまうことが挙げられるでしょう。

とは言え現在日本には、留学期間終了後に日本で就職をした人は多くいます。
留学生が日本で就職するのは難しいことではありますが、不可能ではありません。

ですので諦めず、就活に向けてしっかりと準備をして臨むようにしましょう。

外国人留学生の就活体験談はこちらの記事もご覧ください。

日本コンピュータ・ダイナミクス|NCD|19年卒の外国人留学生就活選考体験談|外国人留学生

株式会社ADRIAN・ROCHE|Adrian Roche KK|19年卒の外国人留学生就活選考体験談

楽天株式会社|Rakuten|19年卒の外国人留学生就活選考体験談|外国人留学生

外国人留学生が日本の就活で知っておくべき2つのこと

 

国によって、就活の制度やルールは異なります。そのため留学生のみなさまは、本格的は就活が始まる前に日本の就活の特徴を知る必要があるでしょう。

そこでここでは、留学生が日本で就活をするうえで知っておくべき2つのことについてお伝えします。

日本は就活時期が独特

留学生によく言われるのが、「日本は就活時期が読めない」ということ。
世界の多くの国では、就活時期が存在しない通年採用が取り入れられています。

企業は1年中学生からの応募を受け付けており、学生側も好きなタイミングで応募ができるというシステムです。

それに対して日本は通年採用をしていないため、1年のうちに何か月間か「就活時期」という期間が存在します。
経団連によって就活解禁時期が決められる日本は、その年によって就活時期や期間が変動するのです。
そのため留学生は、自身が就活する年の就活解禁日や期間を把握しなければいけません。

就労ビザ獲得には「専門知識を生かせる職」を選ぶ必要がある

日本で働くなら、絶対に取得しなければいけない就労ビザ。
日本で就労ビザを取得するためには、留学中に学んだ専攻(専門知識)を活かせる職種に就かなければいけません。

つまり極端な話をすると、留学中に調理の勉強をした人は、就職の際にエンジニアや経理など調理と関連性の低い職種に就くのは難しいということです。

留学生が日本で就職を考える場合は、あらかじめ「自分はどういった職種であればスムーズに就労ビザがおりるのか」をよく考えておくことが重要だと言えます。

スポンサードサーチ

外国人留学生が日本での就活を成功させる3つのコツ

 

それでは実際に、外国人留学生が就活を成功させるコツを3つお伝えします。
どんなに熱意があっても、日本の就活ルールを理解しなければ内定をゲットするのは難しいでしょう。

日本の面接官は留学生に何を求めているのか?これを知ることが、就活を成功させるカギだと言えます。

外国人留学生が日本での就活を成功させるコツ:必要最低限の日本語レベルを身に着ける

就活以前の話にはなりますが、一定レベルの日本語能力を身に着けて面接に臨むことは重要です。

今や日本でもグローバル化が進み、外国人を面接する際には英語を用いるケースも多くみられるようになりました。
しかし日本で仕事をするのであれば、日本語を使うことは必須の条件です。
留学期間中にしっかりと勉強しておきましょう。

日本には、「日本語能力検定」と呼ばれる試験が存在します。
できることなら実際に企業へエントリーする前にこの検定でN1やN2などの高いレベルの級を取っておくことをおすすめします。

外国人留学生が日本での就活を成功させるコツ:日本のマナーや礼儀を覚える

日本語の他には、日本独自のマナーや礼儀を身に着けておくべきだと言えます。

日本には、外国人には理解しがたいマナーが多く存在します。
面接室へ入る際のノックの回数や、入室前に「失礼します」と一言かけるなど。マナーの他にも、学生が就活をする際にはリクルートスーツ着用が一般的なことなど、こういった暗黙のルールは外国人にとっては理解しがたいかもしれません。

日本人は、仕事をする上で能力も大切ですが、何よりも「調和を崩さないマナー」を求める傾向にあります。
非常識だと思われて面接官に悪印象を与えないためにも、日本のマナーや礼儀について学んでから面接に臨みましょう。

外国人留学生が日本での就活を成功させるコツ:留学生向け就活フェアに参加する

東京や大阪など、大都市では留学生向けに就活フェアがよく開催されています。
こういったイベントを上手に活用することも、留学生が日本での就職を成功させる鍵だと言えます。

留学生向け就活フェアに参加するような企業は、もともと積極的に留学生を採用したいと考えている会社がほとんど。
そのため、イベントに出展している企業を狙ってエントリーするというのも1つの方法としておすすめです。

それにイベントで企業の社員さんと仲良くなれば、そこから面接までスムーズに進むケースもあります。
留学生向けの就活イベントにはチャンスが多く潜んでいますので、使わない手はありません。

即日内定が欲しい人はキャリアフォーラムではなくミーツカンパニー(MeetsCompany)など即日内定イベントがオススメです。

外国人留学生が就活を成功させる方法-まとめ

留学生にとって日本での就活は、文化や言語の違いから困難に感じることも多くあるでしょう。
日本での就活が上手くいかず辛い思いをすることもあるかもしれませんが、「どうしても日本で働きたい」という気持ちがあれば、きっとその想いは面接官にも届くはず。

日本での就職を成功させ、理想のキャリアを歩むためにも、ぜひ今回の記事で伝えたことを参考に就活へ臨んで頂けたらと思います。

 

早期に内定が欲しい方へ

※ なお、「できるだけ早く内定が欲しい」「日本での就活を成功させたい」なら、ビズリーチキャンパス厳選優良企業を紹介!キャリアパークエージェントキャリアチケット(登録後電話確認あり) などのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就活の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ビズリーチキャンパスは留学中でもオンラインでOB・OGに就活相談が可能。2分で登録できます。

 

2】キャリアパークエージェントは年間1,000名以上を内定実績。内定を今すぐにもらいたい学生はすぐに登録!

3キャリアチケット(登録後電話確認あり)ならカウンセラーと話しながら丁寧に就活を進められます。


 

就職活動は戦略的に行う必要があります。色々な方法で様々な企業の選考を受けて自己分析や企業研究を行なってください。

ご健闘をお祈りしております。

60 Shares

このカテゴリーの人気記事

OpenES(オープンES)とは何か?就活で使える書き方や注意点を公開!

最後の関門!バッググラウンドチェックとは?-調査項目や注意点を解説

帰国子女は日系企業に馴染むのが難しい?その理由とおすすめの企業

Related Posts