新卒1年目でも転職はできる?転職を成功させるためのポイントを紹介

 

 期待に胸を弾ませて新卒として入社したものの、実際に仕事をしてみると、業務内容や社風などがイメージと違うと感じるケースは少なくありません。

このような理由によって、新卒1年目で転職を考える人もいます。

新卒1年目でも、転職を成功させることはできるのでしょうか。ここでは、新卒1年目でも転職は可能なのか、また転職を成功させるにはどうしたらいいのかについて解説します。

 

最速で転職したい方へ

※ なお、「できるだけ年収をあげたい」「新卒1年目の転職を成功させたい」なら、ハイクラス求人 ビズリーチGEEK JOBマイナビジョブ20‘s やリクルートエージェントなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチは年収600万円以上の案件のみを扱っています。

2GEEK JOBなら年収が高いプログラマーとして就職が可能です。


 

3マイナビジョブ20‘sなら無料でカウンセラーに相談しながら就職活動をすることができます。


4リクルートエージェント は最大手の転職エージェントです。求人数も日本一!

 

 

 

 

スポンサードサーチ

新卒1年目でも転職はできる?

新卒1年目でも転職はできる? 

 就業経験が少ない新卒1年目での転職となると「スキルに自信がない」「転職先が見つかるのだろうか」など、さまざまな点に不安を感じる人も少なくありません。

 実際のところ、新卒1年目での転職はむずかしいのでしょうか。結論からいうと、新卒1年目でも転職をすることは可能です。なぜなら、新卒1年目の転職者は「第二新卒」という扱いになり、積極的に採用している企業もあるためです。

第二新卒は入社後の研修によって、基本的なビジネスマナーが身についているケースが多く見られます。そのため、企業は基礎教育に手をかけずに済み、すぐ業務に関する指導を行えるというメリットがあります。

また、第二新卒は社風に染まりきっていないことから、企業にとって育てやすい傾向にあるのです。

このような理由により、新卒1年目の人材は転職市場で高い需要があります。

ただし、必ずしもすべての企業が、第二新卒の採用に積極的という訳ではありません。なかには、新卒1年目の転職に対して、ネガティブなイメージを持つ企業も見られます。

なぜなら、入社してすぐに離職をすると「採用してもまたすぐに辞めてしまうかもしれない」「忍耐力のない人材」と考える場合があるためです。

 

企業は基本的に、なるべく長く働いて活躍してくれる人材を求めています。そのため、新卒1年目での転職は、こうしたネガティブなイメージを払拭し、上手に自分の良さや将来性をアピールする必要があります。

第二新卒での転職は以下の記事をご覧ください。

第二新卒と呼ばれるのはいつまで?入社の難易度や注意点は?

第二新卒の就活は厳しいのか?理由やメリット・成功への道を解説

【必勝】第二新卒の就活成功法を、留学経験者と非留学経験者に向けて徹底解説

 

新卒1年目で転職するメリット・デメリットについて

 仕事選びは人生を大きく左右する、重要なものと言えます。そのため、転職するメリット・デメリットをきちんと把握してから、行動に移すのが肝心です。

 

新卒1年目で転職をするメリット・デメリットには、以下のものが挙げられます。

まず、メリットは「未経験の職種・業界に挑戦しやすい」ということです。

新卒1年目の転職者はまだ社会経験も少なく、企業から専門的なスキルを求められにくい傾向にあります。そのため「実は興味があった」というような職種・業界にも、チャレンジしやすいのです。

転職先の選択肢が幅広く、新しいことにも挑戦しやすいのが、大きなメリットと言えるでしょう。

 

また「入社後のプレッシャーを感じにくい」のもメリットとして挙げられます。

たとえば、同じ企業に3年以上勤めたなど、ある程度社会経験を積んだあとの転職となると、企業からそれなりのスキルや実績を求められることがあります。

すると、転職をして新しい職場で仕事を始めた際に「スキルを生かして働かなければいけない」というプレッシャーを感じてしまう人もいるのです。

強いプレッシャーを感じたまま働くことになると、ストレスを感じてしまう原因につながるため注意が必要です。

その点、新卒1年目の転職なら多くを求められず、プレッシャーを感じにくい傾向にあります。初めからしっかりと仕事を覚えることができるため、安心して入社しやすいのがメリットです。

反対に、デメリットには「活躍できるようになるまで時間がかかりやすい」ことが挙げられます。

新しい企業に転職をした場合、初めから仕事を学び経験を積む必要があります。

この場合、新卒で入社した企業にそのまま残るという選択肢と比較すると、活躍できるまでにより多くの時間がかかってしまう可能性があるのです。1日でも早く仕事で活躍したいという気持ちが強い場合は、慎重に転職を検討する必要があるでしょう。

また「給与や年収のアップは期待できない」のもデメリットのひとつです。

転職をすると給与が上がるというイメージを持つ人も少なくありません。しかし、新卒1年目の転職で特別なスキルや経験がない場合、大きな給与や年収のアップは期待できないという見方が一般的です。

なかには、給与が上がるのではなく下がってしまうというケースもあるため、気を付けましょう。ただ、必ずしも給与や年収がアップしないという訳ではありません。

なかには、職種や業界を変えることで、給与や年収がアップするケースも見られます。その代わり、残業が多かったり厳しいノルマが設定されていたりする場合もあるため、要注意です。大幅な給与や年収のアップはあまり期待せず、条件をよく確認して転職先を決めましょう。

さらに、新卒1年目での転職の場合は「福利厚生が活用できない場合がある」のもデメリットです。転職するタイミングによっては、企業から有給休暇やボーナスが支給されない場合があります。

新卒1年目での転職は、会社の福利厚生を十分に活用できない可能性があることを頭に入れておきましょう。

スポンサードサーチ

新卒1年目で転職を成功させるポイント

新卒1年目で転職を成功させるポイント


転職を成功させるには、事前にしっかりと知識を身につけておくのが肝心です。転職を成功させるためのポイントには、以下の3つが挙げられます。

 1つ目のポイントは「慎重に転職先を選ぶ」ことです。安易に「ここでいいや」と転職先を決めてしまうのは、避けたほうが無難と言えます。

 なぜなら、きちんと情報収集をせずに転職をしてしまうと、新しい職場で「考えていた環境と違った」「自分に合わない」など、何らかの不満が生じてしまうリスクが高まるためです。

 すると「また合わないから仕事を辞めたい」という気持ちになり、転職をくり返してしまうおそれがあります。短い期間に転職をくり返すと、選択肢が狭まったり、企業から厳しい目で見られてしまったりする可能性があるため要注意です。

 転職をする際は「これで最後にする」というような強い覚悟を持ち、慎重に企業を選ぶ必要があります。

 後悔のない選択をするには、自分が希望する職種や業界を具体的に絞り込み、その条件に合う企業をいくつかピックアップして、比較するのも良い手です。

 具体的にやりたい仕事が決まっていない場合は、企業に求める条件を洗い出してみると良いでしょう。たとえば「残業は少ないほうがいい」「勤務地が近いほうがいい」「将来的に年収アップは見込めるか」という具合です。

 今までに働いていて感じた不満や希望をもとにすると、より自分が求める条件が明確になります。条件を明確にしてから行動に移すことで、理想に近い転職先を見つけやすくなります。

 

 2つ目のポイントは「退職理由はポジティブに伝える」ことです。転職をするにあたり、面接で聞かれることも多いのが「なぜ退職したのか」という理由です。

 このときに、残業が多かった、仕事内容がハードでついていけなかったなど、ネガティブな理由をそのまま伝えてしまうのは避けたほうが無難と言えます。

 ネガティブな意見を前面に出してしまうと、企業側に「やる気がない」「不満が多い」という印象を与えてしまう原因につながります。とはいえ、退職理由を嘘で固めたほうが良いという訳ではありません。

 伝え方を工夫することで、相手に与える印象を大きく変えられます。

たとえば、残業が多いという退職理由であれば「少なからず残業があることは承知しているが、効率的に仕事をこなしてメリハリのあるスケジュールを実現したい」というような伝え方をすると、前向きなイメージを与えられます。

 また、仕事内容がハードでついていけないという退職理由の場合は「慎重に仕事をしたかったが思うように時間を割くことができず、より丁寧に業務が行える環境を探している」という伝え方にするのも良い手です。

 丁寧に業務を行いたいという真面目な姿勢をアピールできます。また、人間関係の悩みによる退職理由は「コミュニケーションを大切にして、周りと助け合いながら仕事をしたい」というように伝えると、ネガティブなイメージを避けられます。

 このように、伝え方を工夫することで明るくポジティブな人間性をアピールでき、企業に好印象を与えられるのです。

3つ目には「入社後の活躍をイメージさせる志望動機にする」ことが挙げられます。

 転職時の面接においては、志望動機を聞かれるのが一般的です。このとき「将来的にどう活躍したいのか」を伝えるのが肝心です。今まで仕事を通じてどのようなことを学び、それを次にどう生かしたいのか、しっかりと企業に伝える必要があります。

 仕事に対する熱意や向上心をアピールすることで「将来活躍が期待できる人物」という印象を与えられるのです。入社後の活躍をイメージさせることで、企業の興味を引きやすくなります。

新卒1年目で転職活動をするときに注意すべき点は?

新卒1年目で転職活動をするときに注意すべき点は?

 

 新卒1年目で転職活動をする際は「安易に仕事を辞めない」ことが注意点として挙げられます。いざ転職をしようと思っても、仕事が忙しく、なかなか活動する時間がないという人もいるでしょう。

 だからといって、時間を作る目的で安易に仕事を辞めてしまうのは危険です。なぜなら、仕事を辞めてしまうと収入が断たれてしまうためです。

仕事を辞めてたっぷりと時間を作り、転職活動に専念したいと考える人もいます。

 しかし、転職活動をしても、すぐに次の仕事が見つかるとは限りません。なかには、転職活動が長期化するケースもあるため、注意が必要です。仕事を辞めて収入がない状態だと、精神的にも不安な状態に陥りがちです。

 

 お金に困ってやみくもに仕事を決めてしまうと「やっぱりきちんと考えれば良かった」と後悔してしまう原因につながります。焦らず自分に合う仕事を見つけるためにも、可能であれば、仕事を続けながら転職活動をしたほうが安心です。

スポンサードサーチ

新卒1年目でも転職は可能!前向きな気持ちで活動するのが大事

新卒1年目でも転職は可能!前向きな気持ちで活動するのが大事

 新卒1年目での転職は何かと不安がつきものです。しかし、転職を成功させるポイントを把握し、しっかりと対策を行えば、転職を成功させる可能性は十分にあります。退職理由はポジティブに伝える、入社後の活躍ぶりをイメージさせるなどのポイントを意識することで、企業に好印象を与えやすくなります。

前向きな気持ちで転職活動を行い、新たな未来を切り開きましょう。

 

 

最速で転職したい方へ

※ なお、「できるだけ年収をあげたい」「新卒1年目の転職を成功させたい」なら、ハイクラス求人 ビズリーチGEEK JOBマイナビジョブ20‘s やリクルートエージェントなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチは年収600万円以上の案件のみを扱っています。

2GEEK JOBなら年収が高いプログラマーとして就職が可能です。


 

3マイナビジョブ20‘sなら無料でカウンセラーに相談しながら就職活動をすることができます。


4リクルートエージェント は最大手の転職エージェントです。求人数も日本一!

 

 

 

 

0 Shares

このカテゴリーの人気記事

帰国子女は日系企業に馴染むのが難しい?その理由とおすすめの企業

【留学帰国直前・直後の留学生向け】実は選択肢が多い夏採用を狙ってみよう!

三菱UFJ銀行のインターンに参加するのに必要な準備を徹底解説!

Related Posts