第二新卒が利用すべき転職サイトやエージェントはどれ!?おすすめ12選

転職の際には転職サイトやエージェントを利用している方が多く、これらを利用して転職活動を進めるものであると考えている人もいるはずです。
しかし、第二新卒の転職ではこれらのものを利用するイメージがない人もいてるようです。
自力で第二新卒の求人を探すと思っていることがあるようです。

しかし、第二新卒の転職でも転職サイトやエージェントは利用するべきものです。
第二新卒でも利用べきこれらについて今回はご説明をしていきます。

スポンサードサーチ

目次

第二新卒の転職でも転職サイトやエージェントの利用がおすすめ

第二新卒の転職でも転職サイトやエージェントの利用がおすすめ

第二新卒でも転職サイトや転職エージェントを利用することをおすすめしています。

求人はこれらを利用しなくても直接見つけ出すことも可能ですし、応募したいと考えている企業のホームページにアクセスをして、直接第二新卒が申し込みできる案件に申し込みをする方法もあります。

 

ただ、第二新卒が申し込みできる求人を探して申し込みをすることは手間がかかることです。
場合によっては申し込みをしたいと思っていた企業が第二新卒を採用していない可能性もあります。

そのような可能性があると時間を無駄にしてしまうことも考えられますので、時間を無駄にしないためにも転職サイトや転職エージェントのサポートを受けることが理想的です

 

第二新卒が転職サイトやエージェントを利用するべき2つの理由

第二新卒の転職にあたり転職サイトやエージェントを利用するべき理由は2つあります。
理由が理解できていなければ納得感も薄まることでしょう。

まずは転職サイトやエージェントを利用するべき理由についてご説明をしておきます。

第二新卒向けの非公開求人に転職サイトやエージェントで出会える可能性がある

特に転職エージェント利用する場合、非公開求人に出会える可能性があるメリットがあります。
非公開求人は転職全般で利用されているものですので、第二新卒向けの非公開求人も存在しています。

非公開求人を確認するためには転職エージェントに登録しなければなりません。

 

転職エージェントに登録している人の中でも、特定の条件を満たしている人だけが非公開求人を閲覧できます。
転職エージェントの判断によって非公開求人が確認できるようになっているのです。

一般的に非公開求人は公開求人よりも給与条件などが良いものとなっています。
これらの条件がよく応募が殺到する可能性がありますので、非公開求人となっているのです。

また、採用する側も対応できる時間には限界があります。
非公開求人にして応募できる人数を限っているという背景もあります。

第二新卒の転職を成功させたい方へ

※ なお、「できるだけ年収をあげたい」「第二新卒の転職で失敗したくない」なら、ハイクラス求人 ビズリーチ【最速転職】第二新卒エージェントneo や憧れの戦略コンサルキャリアへ転職したい方はSTRATEGY:BOOTCAMPなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチ年収600万円以上の案件のみを扱っています。

 

2【最速転職】第二新卒エージェントneoなら優秀なエージェントが最速で第二新卒の転職を成功させます。

 

3STRATEGY:BOOTCAMPなら戦略コンサルティングファームへの転職が可能です!

 

転職サイトやエージェントの利用で第二新卒の転職全般をサポートしてもらえる

転職サイトやエージェントの利用で第二新卒の転職全般をサポートしてもらえる

転職サイトやエージェントを利用することによって、第二新卒の転職を全般的にサポートしてもらえるメリットがあります。
第二新卒の場合には就職活動時の記憶があるかもしれません。

ただ、それもおぼろげになっていてどういったことをしたか思い出すのに困ってしまうような人もいることでしょう。
そのような状態で転職活動を進めても、なかなか転職はうまくいかない可能性がありますので、転職サイトエージェントのサポートを受けるようにします

 

転職サイトやエージェントのサポートを受けていれば、第二新卒の転職活動で困ったことの質問などができます。
転職活動で不安を感じてしまった時もすぐに気になることを解決できます。

学生時代の就職活動であれば学校が様々なサポートをしてくれました。
しかし、第二新卒となるとそのように頼る先もありませんので、転職サイトやエージェントに転職活動のサポートを依頼するようになるのです。

スポンサードサーチ

第二新卒の転職におすすめの転職サイトやエージェント

転職活動において転職エージェントや転職サイトを利用するべきであることは皆さんご理解いただけたでしょう。
しかし、第二新卒の転職活動においてどのような転職サイトや転職エージェントを利用すれば良いのかは、まだ具体的に想像できない人も多いのではないでしょうか。

特に第二新卒の転職で利用するようなサービスは、新卒の転職活動の時とは異なるものが多数あります。

就職活動と転職活動ではサービスが異なって当たり前です。
今回はそこの部分にも注目しながら第二新卒の転職活動ではどのような転職サイトやエージェントが利用できるのかをご紹介します。

幅広い人におすすめの転職サイトやエージェント

最初に第二新卒であれば幅広い人にオススメできる転職サイトやエージェントをご紹介します。
転職活動をスムーズに進めたいと考えているのであれば、まずはこちらのサービスから登録するように進めていきましょう。

リクルートエージェント

第二新卒に限らず転職全般で人気の高い転職エージェントがリクルートエージェントです。
リクルートといえば求人を扱う企業の中でも特に有名で、その中でも第二新卒を含めて転職活動のサポートをしているエージェントがリクルートエージェントです。

リクルートという看板を背負って提供されているサービスですので、数ある転職サイトやエージェントの中でも保有している求人数が多く、幅広い第二新卒に利用してもらえる転職エージェントです。

転職エージェントが保有している求人数が少ない場合、せっかく転職をしたいと考えていたとしても第二新卒の条件に合致するものが少なくいこともあります。

そうなってしまうと思ったより転職活動が進められないことも考えられます。
その点リクルートエージェントでは多くの求人を保有していて、第二新卒の転職活動でも、様々な求人から選択できるような環境が整っています。

また、転職エージェントですので転職をサポートしてくれる様々な担当者が存在しています。
リクルートという大規模なサービスですのでこの担当者の人数が多いことも特徴です。

人数が少ないと一人当たりの担当数が多くなってしまい転職に対するサポートが手薄になってしまったり、万が一転職エージェントの担当者との相性が合わなかった場合の選択肢が少なくなってしまうデメリットがあります。

リクルートエージェントであればこのような問題も起こりにくく、充実したサポートを自分と相性の良い担当者から受けることが可能となります。

第二新卒の転職においてリクルートエージェントは最初に登録しておかなければならないと言っても過言ではないぐらいのサービスです。

 第二新卒として転職活動を進めるにあたりまず何をすれば良いのか分からない場合には、リクルートエージェントに登録をしてサポートを受けるようにしておきましょう。 

リクルートエージェントに登録すれば担当者から連絡をもらうことが可能ですので、その連絡に対応するような形で転職活動を進めれば問題ありません。

リクルートエージェントへの登録はこちら

 

【第二新卒の年収アップなら】DODA

転職サイトの中でも大手として提供されているサービスの一つであるものがDODAです。
こちらのサービスに関しても、もちろん第二新卒でも利用できるものとなっています。

DODAは転職エージェントではなく転職サイトとなっています。

そのため、基本的には自分で求人を探して応募するものとはなっていますが、系列のサービスも合わせて利用することによって、自分に合った求人を紹介してもらえるようにもなります。

自分で求人を探すことが中心とはなっていますので、第二新卒の中でも何かしら転職活動に自分のこだわりがあり、そのこだわりに沿って転職活動を進めていきたいと考えている人におすすめです。

リクルートと同様DODAも大手の求人サイトとはなっています。
そのため、第二新卒向けの求人を含めて非常に多くの求人が揃っていて、様々なものを比較しながら求人を見つけられることが特徴です。
どこの転職サイトを利用しても同様のことが言えるのですが、掲載されている求人の数が少ないと同業他社を比較しにくく、結果として求人の妥当性を判断できないという問題が起こります

第二新卒で転職をするのであれば条件面で良い企業を選択するのは当たり前のことですが、良い企業かどうかを判断するためには相対的な判断が中心となってしまいます。

相対的な判断をするためには他にも求人が掲載されている必要があります。
転職サイトに第二新卒が応募できる求人の数が少なければ、相対的な判断ができない原因となってしまいます。

もちろん、DODAが扱う求人は第二新卒向けのものだけではありませんので、比較対象にならないものも多数含まれています。

ただ、そのような求人は比較対象として利用するのではなく、自分が第二新卒として転職した場合に、どのような仕事を担当することになるのかやどの程度の賃金が見込めるようになるのかを判断するために利用することがおすすめです。

 

DODAへの登録はこちらからどうぞ

 

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s!!



転職サイトで有名なマイナビが第二新卒や20代向けに提供しているものがマイナビジョブ20’sと呼ばれる転職サイトです。

最初から第二新卒などをターゲットにしている転職エージェントとなっていますので、他の転職サイトを利用するときと比較するとマイナビジョブ20’sは求人を探し出しやすいメリットがあります。

通常の転職サイトを利用する場合であれば、第二新卒をターゲットとしていない求人も公開されています。
そのため利用者はそれらの求人を避けながら自分にあった求人を探す作業をしなければなりません。

しかし マイナビジョブ20’sであれば、最初から基本的には第二新卒や20代に向けて公開されている求人ばかりですので、気になった求人には応募できるものであると解釈できます。 

しかも注目したいことは、マイナビジョブ20’sはマイナビが提供している転職サイトということもあり、マイナビの力を利用して多くの求人が掲載されているということです。

第二新卒をターゲットとした転職サイトでは求人の数が限られてしまうと思われるかもしれません。
しかし、実際にはマイナビのブランド力を生かしてマイナビジョブ20’sには多くの求人が掲載されています。

マイナビジョブ20’sは転職エージェントということもあり、自分から求人を探さなくとも担当者から求人を紹介してもらえる仕組みが存在しています。
多くの第二新卒向け求人の中から適切なものを紹介してもらえるサービスです。

特にマイナビジョブ20’sの特徴としては、第二新卒向けの求人の中でも業界未経験であったり職種未経験であったりしても、応募できるものがいくつも存在していることです。

一般的に第二新卒では、今までの経験を活かして即戦力とはならなくともそれなりに戦力になる人が求められています。
そのことから、未経験でも応募できる求人は数が少なくなる傾向にあります。

そのようなことが一般的ですが、マイナビジョブ20’sを利用すると未経験でも応募できる求人が多数用意されています。
これから第二新卒で転職して、新しい道を進みたいと考えている人でも安心です。

 

マイナビジョブ20’sへの登録はこちらからどうぞ!

 

【第二新卒転職を手厚くサポート】パソナ

人材派遣などで有名なパソナもパソナキャリアと呼ばれるサービス提供しています。
こちらのサービスが第二新卒も利用可能なものです。

パソナといえば一般的には派遣事業のイメージが強いようですが、 このサービスのように転職サイトの運営もしていて、第二新卒が利用できることが特徴です。 

有名な企業が運営しているサービスということもあり、第二新卒向けの求人を含めて多くの求人が取り扱われています。

求人といえばリクルートやマイナビのサービスが中心であると思われることもあります。
パソナキャリアもそれに負けないような求人の数が用意されていて、第二新卒でも登録しておきたい転職サービスの一つとなっています。

パソナは派遣事業のイメージがありますので処遇面があまり良くないように思われていることがあります。
しかし、パソナキャリアは転職エージェントに分類されるサービスですので、独自の交渉などで高い単価が設定されていることがあります。

もちろん派遣事業ではなく正社員での求人が多数掲載されていて、第二新卒でも比較的高い単価で応募できるものが存在しています。
また、第二新卒が応募対象ではないものの比較対象とできるような求人も存在しています。

 全体的に多数の求人を取り扱っていることから、パソナは非公開求人も多数取り扱っていると考えられます。 

最近は第二新卒向けの求人であっても非公開求人として取り扱われていて、通常の第二新卒向け転職サイトでは公開されていないものもあります。

そのような求人も存在していますので、パソナであれば全体的に多くの求人を取り扱っていることから、第二新卒向けの非公開求人を保有している可能性が十分にあります。

転職エージェントを選択するにあたり求人の多さは特に重要視するべき部分です。
リクルートやマイナビにも負けないような求人数を誇るパソナキャリアは第二新卒でも登録しておきたい転職エージェントです。

 

パソナキャリアの利用はこちらからどうぞ!

 

第二新卒エージェントneo

 

第二新卒や20代向けに提供されている転職エージェントとして第二新卒エージェントneoが最近は注目を集めています。
公式サイトでは転職サイトであるのか転職エージェントなのか判断しにくいようになっていますが、担当者が第二新卒向けの求人を紹介してくれるような仕組みのサービスです。

このことを踏まえると、転職エージェントよりのサービスが提供されているものです。
大手の転職サイトなどと比較すると知名度は劣ります。

しかし、最近になって第二新卒の転職支援などで急成長を遂げている企業である、ネオキャリアと会社が運営をしています。
あまり聞いたことがない企業かもしれませんが、若者向けの転職活動に力を入れている企業の一つです。

そのため、今回初めて名前を聞いたという人であっても第二新卒エージェントneoの心配をする必要はもちろんありません

第二新卒向けの転職エージェントは多数あるのですが、第二新卒エージェントneoには可能な限りブラック企業を排除するという他の転職エージェントではあまり見られない理念があります。

そもそも第二新卒エージェントneoは第二新卒などをブラック企業から守りたいという気持ちで作られたサービスです。
そのような背景があることから、第二新卒の転職を扱うエージェントの中でもブラック企業を排除することに力を入れています。

第二新卒が転職する理由は様々ではあると思われますが、その中でも現在の勤務先がブラック企業であるからというものは意外と多いものです。
つまり、転職先はブラック企業を避けたいと願ってる人は多数います。

そのような願いを第二新卒エージェントneoであれば叶えてもらうことが可能です。
 転職時にブラック企業であるかどうかの心配をしなくても済むというメリットがあります。 

気になるエージェントとしてのサポートですが、まだ知名度の高くはない転職エージェントということもあり、第二新卒向けのサポートは特に充実していると言われています。

大手の転職エージェントは利用者が増えることによって担当者の負担が増えてしまい、第二新卒の転職でも専門ではない担当者がついてしまうことがあります。

それに対して第二新卒エージェントneoでは利用者と担当者の数はバランスが取れていて、せっかく転職エージェント利用者にも関わらず十分なサポートを受けられなかったということはありません。

 

第二新卒エージェントneoへの登録はこちらからどうぞ!

 

【第二新卒で未経験業界への転職なら】ワークポート

古くから利用されている転職エージェントにワークポートと呼ばれるものがあります。
第二新卒から20代や30代の転職サポートを得意としているサービスです。

同様のサービスを提供している転職エージェントは他にも存在しているのですが、ワークポートは比較的対応が早い転職エージェントであると言われています。
第二新卒で転職を考えている人の中でも、時間に余裕がない第二新卒におすすめのサービスのひとつです。

対応が早い転職エージェントとなっていますので、どちらかといえば第二新卒のサポートも形式的なものが多くなっているという特徴もあるようです。

第二新卒の場合にはある程度の転職パターンが存在していますので、それらのパターンに沿って転職を進められるように転職エージェントとしてサポートをして、短期間での転職を目指すスタイルであると考えられます。

その反面で、転職エージェントでありながら紹介される求人は条件とずれていることもあります。
そのため、応募する側が実際に応募しても良い求人であるのかどうかを判断しなければならないこともあります。

転職エージェントといえば、本来これらのことを事前に確認して第二新卒の転職をサポートしてくれるものではあります。
ただ、ワークポートの場合には求人が紹介されてから中身を精査するワンクッションが必要です。

それを踏まえても、ワークポートも多くの求人を取り扱っている転職エージェントではあり、第二新卒でも応募できるものが多数紹介されてきます。
自分にあった求人と出会える可能性は十分にある転職エージェントです。

求人としてはワークポートがもともとIT業界に強い企業ということもあり、現在でもIT系の求人を中心に取り扱っている転職エージェントの1つです。
IT業界に関連する仕事であれば全般的に取り扱っていますので、第二新卒で新しい道を進みたいと考えて、未経験から挑戦したい人向けの求人が存在しています。

その他にも、転職エージェントでありながら登録作業が簡単であり利用をしやすいという特徴がありますので、手間をかけたくないと考える第二新卒でもすぐに利用できます。

やむを得ないことではありますが、転職エージェントを利用するまでには様々な情報の入力が必要となってしまいます。
そのことから時間に追われる第二新卒は途中で登録を挫折してしまうこともあります。

しかし、ワークポートであれば1分あれば登録できるような内容だけが問われていて、細かいことは担当者からのヒアリングで伝える仕組みです。
数ある転職サイトや転職エージェントの中でも、利用を開始するハードルが低いメリットが存在します。


ワークポートへの無料登録はこちらからどうぞ!

 

第二新卒でも正社員に!DYM就職



DYM就職は第二新卒やフリーターなどが正社員を中心に転職活動をすることに特化した転職エージェントです。
数ある転職エージェントの中では比較的新しいものとなっていて、まだ知名度は低めのものです。

第二新卒が利用できる転職エージェントはいくつも存在しているのですが、フリーターなどでも利用できるものは限られています。
その点でDYM就職は珍しいものとなっていて、第二新卒が利用する場合でも利用のハードルが低いことが特徴です。

転職エージェントにもよりますが、第二新卒でも現職の経験などがしっかりとしていなければ、登録してもほとんど求人を紹介してもらえないようなものも存在しています。
せっかく転職エージェントに登録したにも関わらず、第二新卒にはあまり求人を紹介していないようなサービスもあります。
しかし、DYM就職ではフリーターも含めて求人を紹介しているぐらいですので利用面でも安心です。

紹介されている求人の特徴として、第二新卒向けの求人の中でも書類選考を免除して面接にいきなり臨めるものが多数存在されていることが特徴です。
第二新卒の場合、書類の書き方などによってはなかなか書類審査に通過できないこともあります。

転職活動を進めたいと考えていても思うように進められていない人がいるのも事実です。
能力があっても自己分析が正しくできていないことで書類を上手く作成できず、結果として書類審査に落ちてしまっていることがあるわけです。

DYM就職で紹介されている求人であれば書類審査が不要なものもありチャンスが広がります。
もちろん、書類審査が不要になっているということは、それだけ面接などで問われることが増えるということを意味しています。
書類に対応する力ではなく面接で適切に対応する力が必要とされていることは言うまでもありません。

求人の種類は特定の分野に特化したものではなく、転職エージェントの中でも幅広い業種や職種を扱っているものに分類されます。

多くの求人が扱われていますのでこれから転職活動を始めたいと考える第二新卒全般におすすめです。
時代の流れもあり、ITやWebに関する求人が多くはなっているのですが、これは業界の成長度合いを踏まえると仕方がないことです。

 DYM就職も比較的登録のハードルは低い転職エージェントとなっていますので、転職活動を進めるにあたり転職エージェントを探している場合には登録をおすすめします。 

DYM就職への登録はこちらから!

 

既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート
書類通過率87%以上。面接対策無料【ウズキャリ第二新卒】



【ウズキャリ既卒】は転職エージェントの中でも第二新卒を中心に扱っているものです。
それに加えて既卒やフリーターの転職活動も支援しているなど、第二新卒や既卒の転職活動に特化したものです。

比較的新しいベンチャー企業の転職エージェントとはなっていますが、ブラック企業の求人を紹介しないように力を入れているなど、第二新卒が利用するにあたり嬉しい特徴もあります。

なお、利用するときには第二新卒向けのサービスと既卒やフリーター向けのサービスで入り口が異なっています。
ただ、実質的にはどちらもウズキャリで同じサービスですので登録先さえ間違えないようにすれば問題はありません。

全体的に担当者のサポートが充実している転職エージェントとなっています。
第二新卒で転職活動に不安を感じる場合には、ウズキャリの担当者に質問をすることによってすぐに解決できます。

転職エージェントの中には質問をしてもなかなか回答を得られないものもあり、転職活動に支障が出てしまうようなこともあります。
しかし、【ウズキャリ既卒】であれば担当者のサポートが充実していますので、他の転職エージェントと比較すると質問事項なども早期に解決しやすいというメリットがあります。

また、担当者のサポートが充実しているだけではなく、そもそも転職活動を始めるまでのサポートも充実していることがウズキャリを利用するメリットでもあります。

例えば転職エージェントで転職活動を始める前のキャリアカウンセリングに多くの時間を割いてもらえます。
他にも、模擬面接のサポートも時間が長く設定されているなどのことが挙げられます。

大手の転職エージェントを利用しても、これらのサポートの時間は限られているケースが多々あります。

第二新卒が転職する場合でもなかなか転職エージェントと希望の条件等が噛み合わないこともあります。

その点、【ウズキャリ既卒】を利用していれば転職活動を始めるまでのサポートが充実していますので、適切な情報を転職エージェントに保有してもらった状態で転職活動を進められます。

 

他にもUZUZBASEと呼ばれる就活時に利用できるスペースが提供されていますので、この場で他の第二新卒などと情報交換をしながら転職活動を進められます。

転職活動は一人で打ち勝っていかなければならないものではあります。
ただ、UZUZBASEのようなスペースを利用することで、転職エージェントではすぐに手に入らない生の情報を手に入れられることはあります。

【ウズキャリ既卒】への登録はこちらから!

 

ハイクラス転職を目指したい人におすすめの転職サイトやエージェント

転職サイトや転職エージェントの中には、ハイクラスの転職を実現するためのものが存在しています。
高い年収を得るような求人であったり、超人気企業の重要なポジションに関する求人への転職を実現するようなサービスのことです。

第二新卒の転職であっても、このようにハイクラス転職を実現することは可能ですので、そのような転職活動を目指したい人におすすめのサービスをご紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチは比較的最近設立された転職支援サービスで、転職サイトや転職エージェントとは少し異なるものです。
具体的にはヘッドハンティングを待つ形でスカウトを受ける求人サービスです。

 一般的に転職サイトや転職エージェントでは気になる求人や紹介された求人に自分から応募します。 

それに対してビズリーチの場合、基本的には企業側から依頼された担当者が登録者の情報などを閲覧します。
そして、ヘッドハンティングしたいと考えた場合に声をかけてくる仕組みとなっています。

つまり、場合によっては自分から何もしなかったとしても、ビズリーチに登録しておくだけで担当者の目に留まり、ヘッドハンティングのお声がけを頂けるかもしれないということです。

このようなヘッドハンディング型のサービスは、 日本に数多く存在している転職サイトや転職エージェントの中でも限られています。 


そのことで、第二新卒の転職では特に知られていないサービスとなっています。

ただ、第二新卒ではあまり知られていないのには理由もあり、第二新卒が利用する場合にはヘッドハンティングを受けられるほどのスキルが備わっていないということもあります。

企業側がハンティングをしていても手に入れたいと考えている人材は、基本的に高いスキルを持った人です。

なかなか第二新卒ではそのポジションに当てはまらないことも考えられます。

あくまでも考えられるだけであり、第二新卒であっても特定の分野に特化しているとヘッドハンティングを受けられることもあります。
例えば英語が堪能に話せるなど高いスキルがあればビズリーチでヘッドハンティングを受けられる可能性は十分にあります。

ビズリーチは担当者からのスカウトを待つサービスなっていますので、基本的には登録をしておけばそれ以降は細かく情報を更新する必要はありません

第二新卒の場合にはどんどんと転職活動を進める必要がありますので、長期間の待機は難しいこともありますが登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチへの登録はこちらから

 

STRATEGY:BOOTCAMP



第二新卒によく知られた転職サービスではありませんが、STRATEGY:BOOTCAMP
と呼ばれる
戦略コンサルタントへの転職を支援するサービスも存在しています。

戦略コンサルタントといえば入社の難しい会社として知られていて、転職先の中でもハイキャリアに分類されるものです。
第二新卒以外にも転職したいと考える人は多い職種であり、求人に対して応募すうが多い職種でもあります。

STRATEGY:BOOTCAMPはこの戦略コンサルタントへの転職を専門に取り扱っていて、幅広い利用者に対して、戦略コンサルタントへの転職を支援しています。

多くの転職サイトや転職エージェントは無料で利用できるのですが、STRATEGY:BOOTCAMP利用に費用が必要なサービスです。
第二新卒など学生以外の場合には入会金5万円と契約金95万円が必要です。

基本的にこれらのサービスは無料で利用できるものであると考えている人が多いかとは思います。
しかし、STRATEGY:BOOTCAMPのように利用料が必要であり、その分ハイレベルな転職サポートを受けられるものも存在しています。

しかも、STRATEGY:BOOTCAMPは契約金に関しては全額保証となっている特徴があります。
所定の戦略コンサルタントのどこからも内定を得られない場合には、STRATEGY:BOOTCAMPから返金されるという仕組みがあるのです。
高い金額を支払って戦略コンサルタントへの転職を実現できなければ、第二新卒にとって時間面でもお金の面でも大きなムダとなってしまいます。
しかし、返金保証がありますのでSTRATEGY:BOOTCAMPの利用は安心なものです。

提供されているサービスの内容は、第二新卒向けのサービスだけではなく戦略コンサルタントに転職したい人が全体的に利用できるものとなっていて講義や面談が中心です。

これらのサービスが提供されていることを耳にすると、なんとなく期間が定められているものであると思われるのです。
しかし期限は無期限となっていて、1ヶ月から3ヶ月を目安として必要なだけサービスを受けられます。

講義では戦略コンサルタントの転職で実施されるようなテストに対応できるような能力を鍛えることが可能です。
例えばコンサルに求められるスキルである、フェルミ推定や成長戦略に関しての考え方を学ぶことが可能です。

面談では毎回模擬ケース面談を実施されるようになっていて、面接の評価をもらえるようになっています。
第二新卒で面接が苦手な人でもフィードバックを踏まえて改善点を知ることが可能です。

 

STRATEGY:BOOTCAMPの無料説明会はこちらからどうぞ!

 

特定の業界に特化したサービスを受けたい人におすすめの転職サイトやエージェント

転職サイトやエージェントの中に特定の業界に特化したものが存在しています。

サービスを利用することによって、誰でも利用できる汎用的なサービスと比較すると、自分の条件に合った専門的な転職がしやすくなります。

以下では専門的な業界を取り扱った転職サイトや転職エージェントをご紹介します。

 

第二新卒向けの就職支援サービスGEEK JOB



第二新卒でもプログラミング学習を含めて利用できる転職サイトにGEEK JOBと呼ばれるものがあります。
IT業界未経験でも転職を実現してくれるようなサービスが提供されているサービスです。

IT業界といえば第二新卒の中でも経験者でなければ転職できないと思われていることが多々あります。
しかし、GEEK JOBのようなサービスを利用して、未経験者からITのスキルを高めて転職活動を進めることも可能です。

GEEK JOBの大きなメリットは、プログラミング未経験の第二新卒が利用する場合でも、無料でプログラミングの知識を得られることです。

基本的にプログラミングを学ぶためにはスクールに通う必要があり、スクールですのでそれなりの授業料を支払わなければなりません。

しかし、GEEK JOBの場合には求人サイトの1つとはなっていますので、利用者側から料金を徴収する仕組みとはなっておらず、求人を掲載する側から徴収しています。

 

GEEK JOBを利用することで、プログラミング初心者の第二新卒であっても、基礎からプログラミングを学ぶことが可能です。
現役のプログラマーなどが講師として在籍していますので、現場で求められていることが伝わりやすいような講義が実施されています

せっかく講義を受けたとしても、それが第二新卒の転職にとって役に立たないようなものでは意味がありません。
その点でGEEK JOBの講義は価値があるものであり利用する意味を感じられるものです。

また、第二新卒の転職ではある程度エンジニアとしての経験を求められることがありますので、GEEK JOBを利用して経験を積めることはメリットです。

全く経験がない状態で転職を進めるのは難しいことですが、GEEK JOBを利用して経験を積んでおくことで、実践並みの経験を積んでいると判断してもらえます。

もちろん、GEEK JOBが保有している求人数も充実したもので第二新卒が応募できるものも多数存在しています。

そもそも、IT業界は第二新卒であったとしてもスキルが有れば有利に転職活動を進められるものです。
GEEK JOBを利用してしっかりとスキルを身につけることで、第二新卒で未経験であったとしても、転職に必要な経験を認められるようになるのです

 

GEEK JOBへの登録はこちらからどうぞ!

 

 

Type転職エージェント

Type転職エージェントは比較的昔から存在している転職エージェントであり、第二新卒を含めて多くの人が利用できるような求人を取り揃えていることが特徴です。

そもそもは紙媒体の求人情報を提供している会社であり、そこからインターネットなどを利用した求人紹介事業を展開していました。

そのような時代を踏まえて、今となってはType転職エージェントのような第二新卒でも利用できるサービスを提供しています。

紙媒体で提供されていた時代から考えるとType転職エージェントは比較的昔から存在している会社ではあります。
ただ、従業員数は大手などと比較すると少なくなっていて、少数精鋭で第二新卒の転職などに対応している傾向があります。

基本的には様々な業界の求人を取り扱っていることが特徴です。

その中でもType転職エージェントはIT業界や営業に関する求人が特に多くなっていますので、これらの業界に転職をしたいと考えている人は登録しておくべきです。

完全に特化した転職エージェントはなっていませんので、これ以外の業界に転職したい人でも登録は可能なサービスではあります。

しかし、担当者がIT業界や営業に特化している人が多く、それ以外の業界では使いにくさを感じてしまうかもしれません。
特に販売やサービス業であったり建築系の仕事は扱われている数が少ないように見受けられます。

第二新卒でも利用できる転職エージェントと言いながらも第二新卒が応募できるものはほとんど存在しないと考えてよいでしょう。

全般的に求人の取り扱いがあるのは事実ですが、第二新卒でも申し込める求人であるという条件を加えると話は変わります。
業界や業種によって取り扱われてている求人の数は大きく異なる
と考えておきましょう。

転職エージェントであり非公開求人を取り扱っていることは基本ですが、会社の規模に対して取り扱っている非公開求人の種類が多いものです。

第二新卒でもしっかりと非公開求人に応募できるとされていますので魅力が大きいものです。
非公開求人に応募できることは転職エージェントを利用するメリットであり、第二新卒であれば積極的に非公開求人にも応募するべきです。

Type転職エージェントを利用することで第二新卒での選択肢が増えることは一つのメリットです。

求人はどちらかといえば首都圏のものが多くなっていますが、それ以外の求人も集められていますので、幅広い地域で転職活動をしたいと考えている人が登録できます。

比較的小規模な会社とはなっていますが、第二新卒でもしっかりと活用できるサービスが揃っています。
主に首都圏で転職活動をしたい人は登録をしておきましょう。

 

Type転職エージェントの登録はこちらからどうぞ

 

第二新卒の転職サイトやエージェントの活用法

転職サイトや転職エージェントは登録するだけでは意味がありませんので、第二新卒はそれぞれのサービスを適切に利用しなければなりません。

適切に利用すると言われてもどのようにすれば良いのか自分では判断ができないと思いますので、以下では具体的に第二新卒であればどのような使い方をするべきであるのかをご説明します。

 

第二新卒のスカウトメールや非公開求人を受け取る転職サイトやエージェントから受け取る

第二新卒のスカウトメールや非公開求人を受け取る転職サイトやエージェントから受け取る

転職サイトや転職エージェントを利用する大きなメリットは、スカウトメールを受け取れたり非公開求人と出会える可能性があることです。

スカウトメールとはその名の通り企業側から求人に応募してほしいとスカウトが来るものです。

自分がそれぞれのサービスに登録している情報と求人の内容がマッチしていることを知らせるものです。

転職サイトでも転職エージェントでも、自分の条件に合わせて求人が検索できるようにはなっています。
ただ、自力で数多くの求人から目的の求人を見つけ出すことは手間がかかることです。

スカウトメールでは企業側から条件に合致していることを教えてくれますので、時間が取りづらい第二新卒の転職活動でも効率よく進められるメリットがあります。

非公開求人とは上記でも説明した通り一部の転職サイトや転職エージェントにだけ公開されているものです。
一般的には公開されておらず特定の人にだけ内容を開示したい求人です。
このような求人が存在している裏側には、企業側が多くの応募さばききれないことや同業他社に求人を出していることを知られたくないなどのことがあります。

そのような背景がある求人ですので、 一般的に公開されているような求人と比較すると、第二新卒にとって処遇面などで優遇されているものが多々あります。
 

これらの求人は転職サイトや転職エージェントに登録をして、企業側が求める特定の条件を満たしていなければ閲覧できないものです。

これらのサービスを利用せずに転職活動を進めていたとしても自力では見つけられないものが大半です。
そのため、第二新卒が転職サイトや転職エージェントを利用して転職する場合、これらの非公開求人を積極的に紹介してもらうことが活用術です。

もちろん転職サイトやエージェント側もどのような人に公開をするのかは条件を持っています。

これらのサービスに登録をすれば必ずしも思ったような非公開求人を紹介してもらえるわけではありません。

 

転職サイトやエージェントから第二新卒への連絡はできるだけ早く対応する

転職サイトやエージェントからの連絡があった場合には可能な限り早いレスポンスを意識しなければなりません。
これは第二新卒の転職に限ったことではなく、一般的に人気のある求人は応募が殺到して、レスポンスが遅くなると応募すらできないようなことになる可能性があるからです。

第二新卒も最近では多くの人が転職活動していますので、人気のある求人は高い倍率であることが一般的です。

人気の高い求人ですのでレスポンスが遅くなってしまうと、応募すら受け付けてもらえない可能性が出てくるわけです。
言い換えるとレスポンスの速ささえしっかりしていれば人気の求人にも応募できる可能性が高まるということです。

そのため、最低でも一日一回はメールを確認し理想的には朝晩メールを確認したり電話連絡があればすぐに折り返すなどの対応が求められます。

分からないことがある第二新卒は転職サイトやエージェントへ積極的に確認する

第二新卒の転職活動は分からないことが多くて当たり前ですので、疑問点が発生した場合にはすぐに質問ができるようになるという点もメリットです。

第二新卒で転職活動をしていると自分の転職活動が正しいのかどうかわからず不安になってしまい、転職活動をやめてしまうような人が存在しています。

せっかく第二新卒で転職活動の道を歩み出したにも関わらず、何かしらの疑問点や不安があることによって挫折してしまうのは良いことではありません。

挫折してしまいそうなほどに何かしら分からないことがあるのであれば、転職サイトや転職エージェントの担当者に早々に確認をして、可能な限り早く解決しておくことが理想的です。

担当者が存在している場合、このような質問に対応することは慣れているはずですので、気兼ねなくこのような疑問に関する質問をして問題はありません

活用方法としては可能な限り早く質問をして、第二新卒の転職活動に関する様々な疑問を解決しておくことです。
疑問がある状態では転職活動もスムーズにいきません。
何かしら不安なことに疑問点困ったことがあるのであれば転職サイトや転職エージェントに相談するようにしましょう。

 

第二新卒でも自己分析に自信がないときは転職サイトやエージェントに相談する

新卒の就職活動と同様に、第二新卒の転職活動でも自己分析は重要視される部分ではあります。
ただ、実際問題として第二新卒自己分析ができていないのも事実です。

そもそも第二新卒の転職活動であっても、自己分析はどのように進めれば良いのかがよくわかっていない人が多いようです。
なんとなく適当な自己分析をしたまま転職活動を進めているケースも見受けられるぐらいです。

自信のない自己分析のまま転職活動を進めてしまうと、求人に応募する時も不安になってしまいます。
また、面接で何かしらの質問をされた時にボロが出てしまう可能性もあります。

そのような問題を引き起こさないようにするためにも、自己分析に自信がない時は転職エージェントのサポートを受けるようにしましょう。
利用する転職サイトや転職エージェントにも左右されますが、インターネットを利用して自分で細かい自己分析ができるようになっています。

また、予約をすることによってサービスの担当者と一緒に自己分析ができるようになっていますのでこれらを活用しましょう。

自分だけで勝手な自己分析をした場合と比較すると正確な情報が得られますので、その後の転職活動において正しい情報で応募や面接に臨めるようになります。

 

転職サイトやエージェントへ第二新卒の処遇面の交渉を依頼する

転職サイトやエージェントへ第二新卒の処遇面の交渉を依頼する

転職サイト転職エージェントの活用方法として、第二新卒では自分で交渉しにくい処遇面の交渉を代行してもらうものがあります。
第二新卒以降の転職活動とは異なり、第二新卒の転職活動では自分で処遇面の交渉ができるほどの少ないのが事実です。
本来は面接などで自分で交渉しなければならないことではあります。

しかし、転職サイトや転職エージェントを利用していれば、自分の希望を伝えることによって企業側と交渉してもらえることがあります。

もちろん側面はある程度の相場がありますので、転職サイトや転職エージェントを利用すると必ず思い通りになるとは限りません。

ただ、自分で様々な交渉をして噛み合わなかった時と比較すると、転職エージェントに交渉の作業を依頼しているぶんだけ自分の負担が減るというメリットがあります。

処遇面の交渉を転職サイトや転職エージェントに依頼するのは気が引けると考える人もいるかもしれません。
そのような第二新卒が自分で対応するには負担のかかることをこれらのサービスに代行してもらうということも活用術です。

 

スポンサードサーチ

第二新卒の転職は転職サイトやエージェントのサポートで成功させる

第二新卒の転職活動では具体的にどのようなことをすれば良いのか理解できていない人が多いのが事実です。
その結果、転職活動のスタートダッシュに失敗してしまうようなケースが見受けられます。

初めての転職活動で何をしたら良いのか分からないのは仕方がないことではあります。
しかし、スタートダッシュに出遅れてしまうと同じく転職活動をしている他のも第二新卒に負けてしまう可能性があります。

そのようなことを踏まえると第二新卒が最初にやらなければならないことは、上記でご紹介したような転職サイトや転職エージェントに登録することです。

 

サービスに登録をしておけば第二新卒が進めるべき転職活動のサポートを受けられます。
具体的にどのようなことからやり始めれば良いのかが判断できない人であっても転職活動のスタートダッシュを切れます。

しかも、しっかりとした転職のサポートが受けられるにも関わらず、これらのサービスの大半は無料で利用できるものです。
第二新卒で転職をする場合には可能な限り必要な費用を抑えたいと考えていることでしょう。

転職サイトや転職エージェントの利用はそのような気持ちにも応えられるサービスとなっています。

もちろん転職サイトも転職エージェントもあくまでも第二新卒の転職をサポートするだけですので、これらのサービスに登録をしていれば必ず転職活動がうまくいくとは言い切れません。

ただ、これらのサービスに登録をしておくことによって、第二新卒の転職活動が有利に進められる可能性が高まることは間違いありませんので、まずはこれらのサービスに登録をしてサポートを受けることから始めましょう。

 

第二新卒の転職を成功させたい方へ

※ なお、「できるだけ年収をあげたい」「第二新卒の転職で失敗したくない」なら、ハイクラス求人 ビズリーチ【最速転職】第二新卒エージェントneo や憧れの戦略コンサルキャリアへ転職したい方はSTRATEGY:BOOTCAMPなどのサービスに登録するのがオススメです。

スマホやパソコンからネットだけで2分でカンタンに登録が完了します。すぐに就職・転職の相談ができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして登録してください。

1番人気】ハイクラス求人 ビズリーチ年収600万円以上の案件のみを扱っています。

 

2【最速転職】第二新卒エージェントneoなら優秀なエージェントが最速で第二新卒の転職を成功させます。

 

3STRATEGY:BOOTCAMPなら戦略コンサルティングファームへの転職が可能です!

0 Shares

このカテゴリーの人気記事

第二新卒でアクセンチュアに転職するには?

【本音で語る】ベンチャー転職で、後悔する理由を、元ベンチャー企業人事が徹底解説!

第二新卒と呼ばれるのはいつまで?入社の難易度や注意点は?

Related Posts